神社佛閣を中心とした西鞍手古蹟

神社佛閣を中心とした西鞍手古蹟
著作兼発行者:上村寅雄
発行所:福丸高等実業女学校校友会
発行日:1937年3月5日
ページ数:119ページ
定価:35銭
著者は鞍手郡誌の内容に少しがっかりして、神社・仏閣・古蹟・人物について別にまとめたのが本書。福岡県の西鞍手と呼ばれた宮田町、若宮町、吉川村、笠松村、山口村、中村の六町村について、実に些細な事項まで収録されている。

[目次]
第一編 宮田町
 第一章 宮田
 第二章 長田鶴
 第三章 上大隈
 第四章 磯光
 第五章 龍徳
 第六章 本城
 第七章 鶴田
第二編 若宮町
 第一章 福丸
 第二章 金生
 第三章 原田
 第四章 金丸
 第五章 水原
第三編 吉川村
 第一章 小伏
 第二章 乙野
 第三章 脇田
 第四章 犬鳴谷
 第五章 下
 第六章 湯原
 第七章 縁山畑
第四編 笠松村
 第一章 芹田
 第二章 下有木
 第三章 四郎丸
 第四章 倉久
 第五章 上有木
第五編 山口村
 第一章 山口
 第二章 沼口
第六編 中村
 第一章 竹原
 第二章 高野
 第三章 稲光
 第四章 平
 第五章 宮永
 第六章 黒丸

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です