越中砺波 栴谷神社

栴谷神社

砺波市に鎮座する栴谷神社(せんたにじんじゃ)。御祭神は天照皇大神、誉田別尊、神功皇后 。

栴谷神社

境内は南向き。

栴谷神社

入口に鳥居と社号標。鳥居の前の石はのぼりポールを立てるものか。

栴谷神社

社号標の横に万葉歌碑が建っている。
「いもが家に いくりの杜の藤の花 今こむ春も 常かくし見む」
伊久里の杜の候補地になっている3箇所のひとつで、地名も井栗谷となっている。

栴谷神社

境内には本願寺五世綽如上人のお手植えと伝わる大杉が御神木になっている。鎮座地は栴檀山の一角らしく最近センダンが植えられたという。

栴谷神社

拝殿に参る。

栴谷神社

扁額は「神明宮 八幡宮」となっており、2社を合祀して現社名に改称した元の社名を書いている。

栴谷神社

本殿の覆い、前には風除けにサッシ戸が付けられている。

栴谷神社

開けて本殿に参る。
境内をくまなく探してみたが、肝心の藤が見つからない。境内の保存樹林は杉とウラジロガシであり、綽如杉の案内板にも「この神社の境内は、古くから藤の花の名称所としても親しまれている。」とあり、境内に藤があるような記載はない。、元は境内地がもっと広かったことも考えられ、周辺には藤があるのかもしれない。

栴谷神社
富山県砺波市井栗谷6585

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です