古代諸国神社神階制の研究

古代諸国神社神階制の研究
編者:岡田荘司
発行所:岩田書院
発行日:2002年8月
ページ数:414ページ
価格:8,800+税
國學院大學大学院文学研究科の岡田ゼミ院生の共同研究の成果である。中心は「続日本紀」から「三代実録」までの国史掲載の神階を国毎・神社毎に一覧にまとめることであり、そういう意味でも史料として必要な部分を拾い読みするのに役に立つ。



[目次]
総論
 1 古代の神社と神階
 2 神階奉授に関する一考察 奈良時代を中心にして
 3 平安時代初期における神階奉授の展開
 4 「文徳実録」・「三代実録」に見られる神階奉授の意義
諸国神社神階の概要

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です