神社の本殿 建築にみる神の空間 歴史文化ライブラリー362

神社の本殿 建築にみる神の空間
著者:三浦正幸
発行所:吉川弘文館
発行日:2013年2月1日
ページ数:239ページ
価格:1,800円+税


神社の本殿にクローズアップした希有な一冊。著者は城郭建築の権威でもある広島大学の三浦先生。神社の基本書でも本殿の種類としてさらりと説明される部分を、寺院との違いやその歴史を追いながら「本殿の建築とは」に迫る。

[目次]
神社本殿の見方
 神社本殿の基本構造
 神社本殿の各部意匠
 流造本殿の構造と意匠
神社本殿と寺院本堂
 神社本殿と寺院本堂の相違
 日本の建築様式
さまざまな本殿形式
 本殿形式の概要
 最古の本殿形式
 流造と春日造の登場
 大型本殿の登場
 入母屋造の本殿の登場
 特殊な入母屋造の本殿
 連棟式の本殿
神社本殿の起源
 本殿の始まり
 土台・心御柱と本殿の起源
 創始期の本殿の特質
神社本殿の発展
 参入空間の拡大
 中世における本殿の発展
 近世における古代への復古
 近代の復古主義本殿の普及

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です