神社合祀とムラ社会

神社合祀とムラ社会
著者:喜多村理子
発行所:岩田書院
発行日:1999年10月
ページ数:252ページ
定価:5,200円+税
明治の神社合祀の実態を研究した書は少ない。本書では三村の状況を対象としている。



[目次]
Ⅰ 神社合祀と宮騒動
 第一章 地方改良運動と神社合祀政策
 第二章 鳥取県東伯郡安田村大字八幡における宮騒動
 第三章 宮騒動当時の地域社会の状況
 第四章 ムラ社会の構造
 終章 身体感覚化されたムラの秩序と国民統合政策
Ⅱ 地方改良運動期における神社・寺の統廃合とムラの再構成
  滋賀県野洲郡三上村の二つの村を比較して
 第一章 北桜における神社・寺の統廃合とムラの再構成
 第二章 南桜における神社合祀

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です