越前今立 大瀧神社 権現山登拝

大瀧神社

越前市に鎮座する大瀧神社。御祭神は國常立尊、伊弉諾尊、伊弉那美尊。
今年鎮座1300年を迎え、GWに千三百年大祭が行われた。

大瀧神社

二の鳥居と「縣社 大瀧神社」の社号標が建つ。

大瀧神社

鳥居には「岡太神社 大瀧神社」の扁額が掛かる。
というのも、ここ下宮の社殿は遥拝所で、神様はGWの例祭で上宮から下りてくる間だけ鎮まる。

大瀧神社

十一面観音坐像を祀る観音堂。かつては下宮の拝殿であったが、現在の社殿に建て替えるときに移動されたもの。

大瀧神社

中で千三百年大祭記念事業として、「よみがえる別山堂」を開催している。
奥の院割拝殿の改築により屋根から見つかった部材に、新材を組み合わせて建てられた別山堂。いずれ元の場所に再建されるようだ。

大瀧神社

拝殿に参る。

大瀧神社

社殿には凝った彫刻が四方に飾られている。

大瀧神社

社殿右方の神輿殿がちょうど開かれた。

大瀧神社

例祭で神様が上宮と下宮を行き来する神輿が四基。六角形の煌びやかな神輿。

大瀧神社

今年の千三百年大祭は「日本の祭り」の撮影があったようだ。地元は早々に放送されるが、BSで放送されるまで気長に待とう。

大瀧神社

今日は午後のイベントまで時間があるので、上宮に登ってみた。
大徳山とも呼ばれる権現山。上宮は山頂とは少し方角が違うので、今日は山頂には向かわない。

大瀧神社

奥の院まで神仏習合の遺跡が残る。
「山伏岩の跡」
女人禁制の奥の院への密入者を取り締まるため、大岩のあるこの場所に毎日数人の山伏が見張り検問にあたっていたという。

大瀧神社

「神馬・神くらの化石」
神馬に乗った神がいつもこの場所に立ち里山を守っていたので、いつの間にか神馬が化石になったと伝えられている。数年前までその面影が残っていたが、現在は石が砕け落ち、一部しか残っていないのでその姿は確認できない。

大瀧神社

「神馬の足跡」
神代の昔、この山をめぐって神争いがあった時に、日野山上より神が馬にまたがり飛来されたその馬の足跡という。
落ち葉を除けるとそれらしい窪みがあった。

大瀧神社

途中鳥居をくぐって先に進む。

大瀧神社

「み火たき所の跡」
石に囲まれた場所が残る。

大瀧神社

「十善寺の跡」
大瀧児権現の別当であった大徳山大瀧寺の奥の院の中心寺が建っていた場所という。

大瀧神社

「ひじり堂の跡」

大瀧神社

奥の院の手水。ほとりに不動石像が立っている。

大瀧神社

改築された奥の院割拝殿

大瀧神社

背後に3社の本殿が並ぶ。

大瀧神社

中央が大瀧神社本殿。

大瀧神社

右に岡太神社。御祭神は川上御前。延喜式今立郡の比定社。
「式内 岡太神社」の扁額がかかる。

大瀧神社

左に八幡社。

大瀧神社

八幡社の左にわかりにくいが上に登る道が続く。権現山山頂への登山道を兼ねる。

大瀧神社

5分ほど歩くと鳥居が見えてきた。

大瀧神社

「おんなじの跡」
「越南知」とも「大己貴」とも書かれ、大国主命のこと。
白山を開山した泰澄大師が開山したと伝わる権現山は、白山の御前峰、大汝峰、別山に対応するように、白山伏拝、おんなじ跡、別山堂の3つの峰がある。

大瀧神社

権現山一の大杉が目印。御神木

大瀧神社

「大瀧城本丸跡」
おんなじの跡にあたり、大瀧児権現を守護する城であったという。おんなじの跡、白山伏拝を含めた4つの主郭とその間に5つの堀切がある。

大瀧神社

城跡を散策しながら別山へ向かう。主郭を断ち切るように掘られた大きな堀切。

大瀧神社

3つめの主郭には弐の杉と呼ばれる大杉が、やはり御神木としてある。

大瀧神社

「法花堂の跡」

大瀧神社

4つの主郭を通り、最後にもう一度登ると

大瀧神社

「別山堂の跡」
加工された石や瓦が散乱している。観音堂に復元された別山堂が、いつかここに再検される日が楽しみだ。

大瀧神社

別山堂の奥に「ざぜん石」と呼ばれる大岩がある。ここに座ると白山が正面に見えたというが、今日は雲と前を遮る木々でわからなかった。

大瀧神社

ざぜん石の背後にも巨石がむき出しになっていて、特別な空間だと感じた。
奥の院から大瀧城跡をめぐり、別山から奥の院へ戻るのに40分ほどかかった。

大瀧神社

下山し、紙の文化博物館に行く。

大瀧神社の至宝

月末まで、千三百年大祭を記念し「大瀧神社の至宝」が開催されている。

大瀧神社

その特別展を記念して、大瀧神社宮司の講演会がパピルス館で開かれ参加してきた。とても興味深い話であった。

千三百年大祭を記念した特別御朱印が年末まで頒布されていて、神社近くの氏子宅とここパピルス館で入手できる。
地元産の越前和紙を使い、社号も特別なものになっている。

大瀧神社

一の鳥居と社号標

大瀧神社

横山大観による揮毫の社号標の文字。特別御朱印はこの社号標の文字を元にしている。

大瀧神社

宮司の話を聞き、あらためて下宮を訪ねる。
大型バスで大勢の観光客が来ていた。境内で大勢の人に会ったことはなかったので少し驚いた。

拝殿を正面から見る。複雑な屋根の構造だが、正面から見ても屋根の妻の頂点が一直線に並ばないのだそうだ。完全な形にしない、いわゆる「未完の美」なんだそうで、わざと少しずれている。

大瀧神社

拝殿の基台の石積みは、上が青石、下が赤石とツートンカラーになっている。

大瀧神社

また地震により石がずれないように、角石は一つの石になっている。

大瀧神社 千三百年大祭

大瀧神社 千三百年大祭
岡太神社・大瀧神社 千三百年大祭

大瀧神社
福井県越前市大滝町13-1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です