近現代神道の法制的研究

近現代神道の法制的研究
著者:河村忠伸
発行所:弘文堂
発行日:2017年3月30日
ページ数:351ページ
定価:5,000円+税
国家の宗祀、神社整理、神社林、神社公園、個人的に気になる事項の法制度について、著者の過去の論文を加筆修正した意欲作。


[目次]
序説 近現代神道史における法制度の重要性
第一編 国家の宗祀と公認神社
 第一章 神社行政における「国家ノ宗祀」
 第二章 御祭神に関する神社制度
 第三章 神社整理と無格社の法的性質及び実態
 第四章 私祭神祠の法的性質
 第五章 補論 邸内社の法的性質
第二編 鎮守の森の近代化
 第六章 近代神社境内地の形成
 第七章 上地事実における境内外区別
 第八章 神社境内の公園的性格
 第九章 東京府におえる太政官公園と神社公園の成立
 第十章 近代神社林制度の変遷
 第十一章 神体山の制度的沿革
終章 近現代神道史研究の課題と展望

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です