祈りの原風景 熊野の無社殿神社と自然信仰

祈りの原風景 熊野の無社殿神社と自然信仰
著者:桐村英一郎
発行所:森話社
発行日:2016年8月23日
ページ数:254ページ
定価:2,300円+税
筆者が熊野の自然信仰を自らめぐり、地域の信仰を考察する。


[目次]
第1章 なぜ「矢倉」と付けたか
第2章 洞尾の地名と樹木信仰
第3章 古の拝所はどこに
第4章 「島の神」と呼ばれた聖所
第5章 残る「夫婦神」の言い伝え
第6章 「いつ」「だれが」勧請したのか
第7章 祭神として散らばった高倉下
第8章 五つの謎に迫る
第9章 最後はロープが頼り
第10章 悠久の自然への畏怖

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です