島嶼と海の世界 九州の中世Ⅰ

島嶼と海の世界 九州の中世Ⅰ
編者:大庭康時、佐伯弘次、坪根伸也
発行所:高志書院
ページ数:180ページ
定価:2,200円+税
中世の神社の歴史を調べようとしても史料が残っておらず不明な場合も多い。そういうときは地域の歴史から神社を考察するということも必要になってくる。本書は「九州の中世」全4冊の1冊目。


[目次]
日明外交を支えた被虜人 -魏天と龍室道淵-
倭寇と朝鮮
「日本一鑑」の湊
港湾都市 博多
有明海の世界 -中世前期を中心として-
壱岐・対馬
九州西北岸と五島列島 -国内外の文物が行き交う海域-
佐志の湊
南九州の海の世界
南九州と島嶼の世界 -日本図を素材として-
南の島 奄美群島

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です