キリシタン伝来地の神社と信仰 肥前国大村領の場合

キリシタン伝来地の神社と信仰
著者:久田松和則
発行:富松神社再興四百年事業委員会
発行日:2002年10月5日
ページ数:370ページ
頒布:3,000円
大村市に鎮座する富松神社宮司による当地の神社の歴史をまとめている。戦国期にキリシタンが多くいた土地の信仰の歴史を知ることができる。


[目次]
第一章 古代・中世の大村と神仏信仰
第二章 キリシタンの伝来と在来宗教
第三章 キリシタン禁教後の神社と信仰
第四章 再興後の富松社

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です