福井縣護国神社

福井縣護国神社

福井縣護国神社には、明治維新前後から大東亜戦争に至る福井県出身者の英霊31993柱を祀る。

福井縣護国神社

一の鳥居の右に社名標。

福井縣護国神社

長い参道を抜けると道路を跨いで二の鳥居が立つ。駐車場は社務所前にあるのでこの鳥居から入る人が大半だろう。

福井縣護国神社

鳥居や社殿はコンクリート製で、昭和23年の福井地震で倒壊した後の再建ということもあろうか。

福井縣護国神社

拝殿に英霊を参る。

福井縣護国神社

拝殿前には鉄板が敷かれ工事中だったが、幕末の志士橋本左内公の後ろの建物を修理しているようだった。

福井縣護国神社

拝殿右に昭和天皇お手植えの杉

福井縣護国神社

境内には英霊の慰霊碑は少ない。

福井縣護国神社

福井縣護国神社
福井県福井市大宮2丁目13−8

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です