越中射水 櫛田神社④

櫛田神社

櫛田神社に今月もう一度参拝に行って来ました。
正月は御朱印に鳳凰が入っていたのですが、正月以後はツバキの花入りになっていました。

櫛田神社

今日は御神木の立つ中間の鳥居から入りました。

櫛田神社

新しくなった社殿前の神門です。

櫛田神社

拝殿に参る。

櫛田神社

正月は賑やかだった授与所も静けさを取り戻しました。

櫛田神社

正月にはじっくりと見られなかったおみくじがまだ残っていました。
矢羽根をよく見るとこれ交通安全のお守りなんですね。

御朱印をいただき、雨も大粒になってきたので急いで駐車場に戻ると本降りになった。

櫛田神社
富山県射水市串田字大沢6838

越中富山 日枝神社②

日枝神社

富山市に鎮座する日枝神社。御祭神は大山咋神、大己貴神を主祭神とし、天照皇大御神、豊受大御神を配祀する。
明治8年に天照皇大御神を祀る北神明社、豊受大御神を祀る中神明社を合祀した。

日枝神社

小雨の中参拝する。社務所北にある山王西駐車場は一般有料駐車場としても使用されているが、参拝者は無料で利用できる。

日枝神社

表参道を北から南へ進み、西に曲がると二の鳥居をくぐって社殿が建つ。
拝殿に参る。

日枝神社

拝殿の右に社務所が建っているが、以前来てから新しく建て替えたのですね。
御朱印をいただく。

日枝神社

1月中は子年のねずみの絵入りが頒布されている。
正月もあるので、シール形式の御朱印。初めてだったが御朱印帳には貼りやすかった。

日枝神社
富山県富山市山王町4−12

明治神宮案内帖

明治神宮案内帖
監修:明治神宮
発行所:パルコ エンタテインメント事業部
発行日:2018年12月7日
ページ数:175ページ
定価:1,800円+税
2020年創建100年を迎える明治神宮の公式ガイドブック。明治神宮の見どころや参拝手順、授与品の紹介と扱い方など、豊富な写真を掲載してわかりやすく説明されている。

続きを読む 明治神宮案内帖

明治天皇の聖蹟を歩く 西日本編

明治天皇の聖蹟を歩く 西日本編
著者:打越孝明
発行所:KADOKAWA
発行日:2018年11月1日
ページ数:286ページ
定価:1,800円+税
「聖蹟」とは歴代天皇の事蹟に関係する場所をいい、初代神武天皇聖蹟が有名である。本書は明治天皇が全国巡幸する際に休憩や宿泊した場所を聖蹟として、建物や記念碑を紹介している。2020年に御祭神として祀られている明治神宮が創建100年を迎えることを記念して、西日本編が出版された。今年東日本編の出版が予定されている。

続きを読む 明治天皇の聖蹟を歩く 西日本編

「神国」の残影 海外神社跡地写真記録

「神国」の残影 海外神社跡地写真記録
著者:稲宮康人、中島三千男
発行所:国書刊行会
発行日:2019年11月25日
ページ数:183ページ
定価:7,800円+税
神奈川大学のプロジェクトの一環として長年海外神社の跡地の取材を行ってきた稲宮康人氏の写真集。展示図録「帝国後 海外神社跡地の景観変容 ー稲宮康人写真展図録ー」掲載神社と重複するが、より大判に掲載されている。海外神社の過去・現在を知られる一冊。

続きを読む 「神国」の残影 海外神社跡地写真記録

神主と村の民俗誌

神主と村の民俗誌
著者:神崎宣武
発行所:講談社
発行日:2019年7月10日
ページ数:267ページ
定価:1070円+税
「いなか神主奮戦記-「むら」と「祭り」のフォークロア」(1991年刊)の文庫化。田舎の一神主の生活を祭祀との係わりから知ることができる。

世代をつなぐ竜王の祭り 苗村神社三十三年式年大祭 淡海文庫55

世代をつなぐ竜王の祭り 苗村神社三十三年式年大祭
編著者:武田俊輔
著者:滋賀県立大学式年大祭調査団
発行所:サンライズ出版
発行日:2016年2月29日
ページ数:229ページ
定価:1,200円+税
平成26年に行われた式年大祭に際し、準備から祭礼当日までを調査した結果をまとめている。

続きを読む 世代をつなぐ竜王の祭り 苗村神社三十三年式年大祭 淡海文庫55

多賀道と御代参街道 多賀信仰のひろがり

多賀道と御代参街道 多賀信仰のひろがり
企画:多賀町立文化財センター
編集:多賀町史編纂を考える委員会
発売:サンライズ出版
ページ数:70ページ
定価:1,500円+税
多賀大社への参詣道から多賀信仰のひろがりを考える。現在と過去の写真が比較で掲載される地点もあり、実際に歩いてみたくなる。

続きを読む 多賀道と御代参街道 多賀信仰のひろがり

出雲大社 中野晴生写真集

出雲大社 中野晴生写真集
写真:中野晴生
発行所:冨士房インターナショナル
発行日:2019年5月24日
ページ数:262ページ
定価:6,800円+税
出雲大社の平成の大遷宮や一般には公開されていない神事の写真が複数掲載される。迫力ある俯瞰や幻想な雰囲気に見ていて飽きることはない。

続きを読む 出雲大社 中野晴生写真集

加賀金沢 石浦神社⑥

石浦神社

石浦神社に初詣に行って来ました。
年が明けて「庚子」に変わったので通常の御朱印と

石浦神社

冬もうでという御朱印をいただきました。こちらは今回も神社名がありません。

石浦神社

鳥居前は狭いですね。三が日は大丈夫だったのでしょうか。

石浦神社

拝殿に参る。

石浦神社

御朱印は1と2をいただきました。

石浦神社

待つ間に境内を散策します。
手水は手前は造花ですが、白と桃の菊?は生花でした。

石浦神社

ふるまい酒は飲み放題ですね。

石浦神社

随分と経ちましたが、キマちゃんって何?っていう地元の人はまだいるようです。

石浦神社

キマちゃんは正月の縁起物にも、熊手や福枡にもついてます。

石浦神社
石川県金沢市本多町3丁目1−30

加賀金沢 金沢神社⑰

金沢神社

金沢市に鎮座する金沢神社に初詣に行って来ました。

金沢神社

年明け最初の平日ということで会社の参拝ピーク日なのですが、氏子のない当社は少ないのかと思いきや

金沢神社

結構人がいる。そう言えば受験シーズン真っ只中でしたね。学問の神としては金沢随一の人気ですから。

金沢神社

縁起物として昇運の凧がありました。県内では凧の縁起物は珍しいです。

金沢神社

今日の目的は拝殿天上画が描かれた干支の絵馬です。毎年初天神(1月25日)に求めようとすると品切れなので、今年は早々に入手しました。

金沢神社

萱ネズミでしょうか?

金沢神社
石川県金沢市兼六町1−3

加賀一の宮 白山比咩神社⑬

白山比咩神社

今日の締めくくりに白山比咩神社に初詣に行って来ました。
7日までの初詣期間に参拝に来たのは初めてです。

白山比咩神社

アプリで周辺道路が大渋滞していたので、少し離れた場所から歩いて行きます。
道路は駐車場に入るのに大渋滞でした。

白山比咩神社

表参道から入る。

白山比咩神社

神門も初詣仕様でいつもと雰囲気が違いますね。

白山比咩神社

神門をくぐり拝殿に参る。行列でしたが端が空いていたのでそちらで参りました。
やはり皆さん中央で参りたいのですね。

白山比咩神社

今年の大絵馬

白山比咩神社

奥宮にも参る。

白山比咩神社

そうこうしているうちに、拝殿前で市内消防団による加賀鳶はしご登りの奉納が始まりました。

白山比咩神社

はしご登りを横目に見ながら行列の御朱印に並びました。
40分待って御朱印いただきました。長かった。

白山比咩神社
石川県白山市三宮町ニ105−1

加賀小松 菟橋神社⑥

菟橋神社

小松市に鎮座する菟橋神社に初詣に行って来ました。

菟橋神社

4日にもなると祈祷者はいるものの駐車場はすんなり停められました。

菟橋神社

道路向かいの小松琴平神社にも参拝します。

菟橋神社

今年は本社以外に、小松琴平神社、日用神社の初詣御朱印も頒布されました。

菟橋神社

本社に参拝に行きます。

菟橋神社

拝殿に参る。
中には大勢の祈祷者がいたようで、少し経ってからゾロゾロと出てきました。

菟橋神社
石川県小松市浜田町イ-233

加賀小松 須天熊野神社②

須天熊野神社

小松市に鎮座する須天熊野神社。御祭神は伊弉諾尊、伊弉冉尊、櫛御気野命。

須天熊野神社

初めて初詣に来ました。初詣小松7社めぐりの1社です。

須天熊野神社

通常の駐車場は宮司宅のある南側のみなのですが、初詣期間は臨時駐車場が設けられている。

須天熊野神社

鳥居を入って参道の右側に新しい社務所ができ、その前に八咫烏の石像ができました。

須天熊野神社

社務所前に新しく奉納された扁額が置かれていました。
昨年一度参拝したときは宮司さんが留守で御朱印いただけなかったので今日はいただいてきました。

須天熊野神社

拝殿に参る。

須天熊野神社

拝殿横には宮司さんが自ら描いた大きな絵馬が飾られている。宮司さんは金沢美大で日本画を学び、絵馬を描くようになって今年の絵馬が21作目だそうです。

須天熊野神社

絵馬の一部は開運招福災難厄除札として頒布されている。1枚いただいてきました。

須天熊野神社

境内には恵方まいり・干支まいりが設置されていました。

須天熊野神社

今年の恵方は申方角(西南西)のようです。

須天熊野神社
石川県小松市須天町甲1-43

越前福井 和田八幡宮④

和田八幡宮

福井市に鎮座する和田八幡宮。御祭神は足仲彦命、誉田別命、息長帯比売命。
期間限定御朱印を求めて参拝しました。お正月限定御朱印です。

和田八幡宮

朱色の大鳥居から入る。

和田八幡宮

境内は参拝者の車でいっぱいになっていた。

和田八幡宮

境内は1月26日の大寒禊、2月3日の節分祭には大勢の参拝者で賑わう。

和田八幡宮

拝殿に参る。
車はあるが拝殿前にも授与所にも人がいなかった。4日でも中で祈祷を受けている人が大勢いるようだった。

和田八幡宮

授与所で御朱印をいただく。

和田八幡宮

御朱印は初夢札付きです。

和田八幡宮
福井県福井市和田3-1113

越前福井 湊八幡神社

湊八幡神社

福井市に鎮座する湊八幡神社。御祭神は大靹別尊(応神天皇)、玉依姫、神功皇后。

湊八幡神社

初詣に来ました。

湊八幡神社

拝殿に参る。
湊八幡神社はもとは朝倉氏により一乗谷に宇佐から勧請された。結城秀康公が一乗谷から北之庄へ遷座。何度かの移転で現在地に来た。

湊八幡神社

左隣りに稲荷神社。昭和39年11月に伏見稲荷から御分霊を迎え建立された。分霊の「證」が神社に残されている。

湊八幡神社

何度か週末に訪れていたがなかなか宮司さんにお会いできなかった。今日は正月ということもあって、宮司さんがいらしたので合間に御朱印をいただきました。

湊八幡神社
福井県福井市照手4丁目1−25

越前福井 佐佳枝廼社③

佐佳枝廼社

福井市に鎮座する佐佳枝廼社。今年も正月限定御朱印をいただきに来ました。

佐佳枝廼社

駐車場は15分無料なので少し急ぎます。

佐佳枝廼社

大絵馬。シッポが違えばクマのようです。

佐佳枝廼社

拝殿に参り、社務所に向かう。
昨年15日までだった紙のみの頒布は、今年は20日までに延びたようです。
干支の特別御朱印も、正月祭・節分祭限定なのですが、今年は一定数の頒布で終了するようなので節分まであるかどうかはわかりません。

佐佳枝廼社

境内の榮稲荷神社。

佐佳枝廼社

こちらの御朱印は特別御朱印の金色と対になるように、銀色の紙に紫の墨書きとなりました。
こちらは正月限定とはなっていませんが、期間限定なのか今年はずっと頒布されるのかわかりません。

佐佳枝廼社
福井県福井市大手3丁目12−3

能登輪島 重蔵神社㉒

重蔵神社

初詣6社目、輪島市に鎮座する重蔵神社。
1月の花御朱印は松です。他に2種。

重蔵神社

令和御朱印に変わり干支御朱印が始まりました。

重蔵神社

正月限定御朱印。100枚限定の最後の1枚でした。
今後は白紙、直書きに変更になります。

重蔵神社

正月限定の見開きサイズ。

重蔵神社

正月限定?で昨年末に復興が叶った大鳥居竣工記念御朱印。150枚限定

重蔵神社

表参道に能登沖地震で倒壊した大鳥居が再建されました。前の鳥居より小振りになり、灯篭と狛犬が移設された。
境内に近くなった分だけ、石橋との導線のずれが気になりますね。

重蔵神社

「今年しや いいことありそうだ」
いいことあるといいな

重蔵神社

拝殿前の授与所が正月ということもあり開いていました。

重蔵神社

門松が境内社や井戸にも飾られている。まずは要石に今年の大地の安定を祈ります。

重蔵神社

続いて拝殿に参る。

重蔵神社

御朱印はいつもどおり拝殿内で。社務所前にも門松が飾られている。

重蔵神社

手持ちも少なくなっていたので新しい御朱印を中心にいただきましたが、後で確認すると正月は通常御朱印も賀正入りの特別バージョンになっていたんですね。

重蔵神社
石川県輪島市河井町4-68

能登鹿島 住吉神社

住吉神社

旧田鶴浜町に鎮座する住吉神社。御祭神は表筒男命、中筒男命、底筒男命、迦具土神。
以前より宮司になかなか逢うことが叶わなかったが、正月ならということで来てみたところ逢うことができました。

住吉神社

旧田鶴浜町の中心部に鎮座している。

住吉神社

ちょうど神事の途中だったので少し待っていた。

住吉神社

その間に参拝する。

住吉神社

神事終了後に御朱印があるかをお尋ねしました。
御朱印は正月の書き置きをいただきました。当社と少し東に鎮座する市姫神社が書かれています。本務社は住吉神社になっていますが、宮司宅は市姫神社のお近くのようです。

住吉神社

ということで、参拝後市姫神社のほうに参拝しました。御祭神は市杵嶋姫命、迦具土神、建御名方神。
雨が強くなってきたので少し待って晴れ間に参拝しました。

住吉神社

高台に鎮座している。中心部にある住吉神社が旧田鶴浜町の氏神だと思っていたのですが、創祀は市姫神社のほうが古いようです。住吉神社と相殿となった時代を経て、それぞれ現在地に鎮座することになりました。

住吉神社

鳥居をくぐると左手に二重塔が奉納されていました。

住吉神社

拝殿に参る。

住吉神社

こちらには由緒碑があります。

住吉神社
石川県七尾市田鶴浜町ニ252

越中一の宮 射水神社⑧

射水神社

初詣4社目は高岡市の射水神社。
事前告知はありませんでしたが、初詣御朱印がありました。射水神社の背後の二上山から太陽が昇る縁起の良いデザインですが、実際には方角からしてこういう光景には出会えませんね。
後で調べたら正月3が日のみの限定御朱印だったみたい。

射水神社

さすがに城址公園ともなると3日でも人出はありますね。

射水神社

今日は参拝まで5分以上待ったのは当社のみです。
待っている間も拝殿内で祈祷の巫女舞が行われていたので退屈はしなかったですね。

射水神社

カラフルな子年大絵馬

射水神社

初詣期間中は御朱印は拝殿横ではなく、手前の会館中央あたりで授与しています。
横におみくじ置いてあるので、日によっては窓口辺りが人で埋もれているかもしれません。

射水神社
富山県高岡市古城1−1

越中富山 有磯正八幡宮④

有磯正八幡宮

初詣3社目は高岡市の有磯正八幡宮。
昨年正月限定御朱印があったので今年もあるかな?と来ましたがありました。
当社の古印を押したものになります。

有磯正八幡宮

正月も3日になると参拝者もまばらですね。

有磯正八幡宮

周囲の木々の葉も散って、かつての大欅も雰囲気が変わりますね。

有磯正八幡宮

拝殿に参る。

有磯正八幡宮
富山県高岡市横田町3丁目1−1

越中射水 櫛田神社③

櫛田神社

初詣2社目は射水市の櫛田神社に参拝しました。
初詣は鳳凰が描かれているが、1月限定御朱印と同じかどうかわからない。

櫛田神社

表参道から入ります。鳥居前にかがり火が焚かれ、鳥居をくぐり、さらに茅の輪をくぐっていく。

櫛田神社

初詣期間は生きた神馬が迎えてくれます。授与所に神馬用の人参もありましたよ。

櫛田神社

新しい神門を通る。

櫛田神社

普段静かな境内には大勢の人が参拝に来ていた。

櫛田神社

それ以上に縁起物の量と巫女さんの人数に驚きました。隣県のことなので知らないことも多いのですが、地域の中でも参拝者は多いほうかもしれません。

御朱印は書き置きもありましたが、直接書いて頂けるということで待っている間、縁起物を見ていました。

櫛田神社

お守りや熊手、ダルマ、おみくじに土鈴など定番の縁起物がある中で、瓦煎餅があったので記念に購入しました。

櫛田神社
富山県射水市串田字大沢6838

越中一の宮 高瀬神社④

高瀬神社

今年の初詣は高瀬神社から始めました。

高瀬神社

神社近くは交通規制が敷かれた道路もあり、奇しくも大鳥居から歩くて向かうことになりました。

高瀬神社

歩行者専用になった道路を歩いて境内に入ります。
多い時は五列に並ぶほど参拝者が来るようですが、今日は大丈夫でした。

高瀬神社

普段ならまっすぐ拝殿に向かうところですが、右に稲荷社の前を迂回して、

高瀬神社

拝殿に参る。

高瀬神社

楽しげな子年大絵馬

高瀬神社

臨時の縁起物頒布所も設置されていました。
御朱印はいつもの場所ですが、少し分かりにくいですね。地元新聞報道によると、初詣御朱印の書き置きは1000枚準備されたようです。1日から7日までの7日間限定。

高瀬神社
富山県南砺市高瀬291

武蔵江戸 神田神社③

神田神社

東京都千代田区に鎮座する神田神社。御祭神は大己貴命、少彦名命、平将門命。
正月に初詣に行った知人からいただいた。

神田神社

以前は朱印に神社名を墨書きするスタンダードな形式だったけど、いつの間にかスタンプに変更されたようです。
御朱印ブームの影響もあり、参拝者が半端ないのかもしれませんが、少々寂しいですね。

写真付きの御朱印が右、朱印・参拝日が左の見開きタイプになるようです。朱印のほうには通常神紋のスタンプが押されているようですが、ネズミが印刷されているので正月限定ということになるのだろうか。日付も月までしか印刷されていないので1月中は授与されそうです。

神田神社
東京都千代田区外神田2−16−2

39歳を目前にして御朱印デビュー! 日本全国の神社の御朱印や参拝記録