加賀金沢 金沢神社⑲

金沢神社

金沢市に鎮座する金沢神社に初詣。

金沢神社

今日は猛吹雪のなか参拝者も少なく男性の禰宜(権禰宜?)さんが御朱印を書いてくれた。

金沢神社

金城麗澤に続く道はない。誰も近づいていないようだ。いや近づけないと言ったほうがいいか。

金沢神社

放生池は凍っている。

金沢神社

それにしても今日の積雪は想像を超える。日中もどんどん積もっている。

金沢神社

拝殿に参り、授与所に向かう。

金沢神社

今日のもうひとつの目的は毎年購入している天井絵の干支絵馬、丑で5年目。
さらに神社仏閣カード。当社の宮司が積極的に導入を率先したらしい。

金沢神社
石川県金沢市兼六町1−3

加賀金沢 尾山神社⑰

尾山神社

久しぶりに金沢市に鎮座する尾山神社に神社仏閣カードを入手する目的で参拝してきた。
御朱印は書き置きでした。

尾山神社

大雪のなか参拝者はまばらです。まあ吹雪じゃ誰も来ない。

尾山神社

真っ白の境内を進み拝殿に参る。

尾山神社

ちょうど三味線の音が響く中、舞を奉納している団体が祈祷中だった。

尾山神社

今朝は零下を記録、神苑の池も半分凍っていた。

尾山神社
石川県金沢市尾山町11-1

越前福井 福井神社⑮

福井神社

福井市に鎮座する福井神社に月参り、初詣に行って来ました。
1月の花は越前水仙と

福井神社

1月の誕生花のスイートピーです。今年は誕生花でいくようです。

福井神社

初詣見開き御朱印

福井神社

明後日から大雪予報なので小雨の中でも参拝しました。

福井神社

拝殿に参る。

福井神社

今年から少し御朱印料上がりました。色紙とかミニサイズとか無理な注文をする客がいて大変なみたいです。
今年から通常御朱印で摂社恒道神社が見開き2種類いただけることになりました。

福井神社

ということで今月は御祭神の三柱のほうをいただきました。

福井神社

参道左手に鎮座する摂社恒道神社です。御祭神は幕末の福井藩士の鈴木主税命(純渕)、中根靱負命(雪江)、橋本左内(景岳)。

福井神社

書いていただいている間ふと受付を見ると、越前水仙が置かれていました。

福井神社
福井県福井市大手3丁目16−1

越前福井 佐佳枝廼社⑥

佐佳枝廼社

福井市に鎮座する佐佳枝廼社。徳川家康公を祀る福井の東照宮。
今年の初詣限定御朱印は20日までなくなるまで授与される。

佐佳枝廼社

福井市街にはまだ雪が残る。学生が佐佳枝廼社に集まってくる。なぜか?

佐佳枝廼社

拝殿見て思いました。映えかと
今年は初詣の分散参拝が呼びかけられたこともあって、はなから初詣には行かないという人もいて神社としても人集めに苦労しています。

佐佳枝廼社

拝殿に参り、御朱印をいただく。

佐佳枝廼社

今年の絵馬。御朱印に書かれた絵と同じかと思いきや、花の色も違うし丑も微妙に違います。

佐佳枝廼社
福井県福井市大手3丁目12−3

能登輪島 重蔵神社㊱

重蔵神社

輪島市に鎮座する重蔵神社に初詣に行って来ました。
1月の花は松になります。他に1種。

重蔵神社

正月限定御朱印の社頭限定版。郵送対応版が他に2種。

重蔵神社

重蔵の杜再生奉賛見開き

重蔵神社

写真御朱印のクリスマス

重蔵神社

写真御朱印の正月

重蔵神社

今のところ県内は加賀平野よりも奥能登が積雪が多いです。
今日は拝殿横の授与所に巫女さんもいていつもと違います。

重蔵神社

拝殿前には落雪防止用の枠が設置されました。
拝殿に参る。

重蔵神社

拝殿入口を彩る手鉢花

重蔵神社

境内のすべての社には新しい注連縄

重蔵神社

すべての社と井戸には松飾りがされていました。

重蔵神社

手水も正月バージョン

重蔵神社

社務所前にも松飾り

重蔵神社

重蔵神社の正月飾りです。

重蔵神社

ちょうど昼過ぎでしたが企業参拝もなく静かなものでした。
年が明け丑バージョンに一新された御朱印一覧

重蔵神社

干支色紙なんてのもありました。
いろいろと考えていますね。

重蔵神社

御朱印を書いていただく間、社務所前のハトを見ていました。
先月よりも数が増えている。時々雀も混ざっている。先月見た足の悪いハトの姿は見えなかった。どうなっただろう。
そうこう思いを巡らせていると、首を絡ませて喧嘩が始まる。どうも1匹が誰彼構わず喧嘩を仕掛けているようだった。初めて見る光景にビックリ!

重蔵神社
石川県輪島市河井町4-68

越中富山 有磯正八幡宮⑤

有磯正八幡宮

富山市に鎮座する有磯正八幡宮に初詣に行きました。
今年も古印の押された御朱印をいただいてきました。

有磯正八幡宮

年末年始の大雪もあって3が日の初詣を自粛しての本日です。

有磯正八幡宮

昨日までは境内が一方通行に制限されていました。

有磯正八幡宮

拝殿に参る。今日は予約された企業参拝団体が固まっているぐらいで参拝者はさすがにまばらでした。

有磯正八幡宮

有磯正八幡宮の正月飾りです。

有磯正八幡宮
富山県高岡市横田町3丁目1−1

加賀金沢 淺野神社④

淺野神社

金沢市に鎮座する淺野神社。

淺野神社

今日は当社で4社目の参拝となります。

淺野神社

初詣を兼ねて拝殿に参る。

淺野神社

社務所で御朱印をいただき、今日から配布の神社仏閣カードをもらいました。
当社は女性の宮司さんなんですがいつもながら独特の筆致です。前回いただいたときから神猿のスタンプが増えました。

淺野神社
石川県金沢市浅野本町1丁目6−1

加賀金沢 上野八幡神社③

上野八幡神社

金沢市に鎮座する上野八幡神社。

上野八幡神社

初詣を兼ねて参拝しました。

上野八幡神社

拝殿横の授与所で今日から配布の神社仏閣カードをもらいました。
まだ配布の準備がされておらず1番目でした。帰って開けたらレアカードでした。来年は良いことがありそうです。

上野八幡神社
金沢市小立野2丁目4-1

加賀金沢 椿原天満宮②

椿原天満宮

金沢市に鎮座する椿原天満宮。御祭神は菅原道真公。
なかなか宮司にお会いできず、今年の年末は、と参拝したがいただけた。

椿原天満宮

小雨の中、階段を上る。

椿原天満宮

初詣を兼ねて拝殿に参る。
今日のもうひとつの目的は今日から配布の始まった神社仏閣カード。
社務所にはまだ準備されていなかったので自分が1番目でした。

椿原天満宮
石川県金沢市天神町1丁目1−13

加賀金沢 波自加彌神社⑩

波自加彌神社

金沢市に鎮座する波自加彌神社里宮に行って来ました。
12月のワンポイントは鳥居と雪です。

波自加彌神社

今日から大雪予報です。雪は夜半からで、昼前に小雨になる予報だったので参拝に来ました。
初詣を兼ねて拝殿に参る。

波自加彌神社

今月から犀川神社と2社で金沢二社めぐりという企画をしているのですが、インスタしていません。

波自加彌神社

地元に残る白狐伝承をもとに御朱印帳が1種類増えました。

波自加彌神社

今日来たもうひとつの目的は今日から配布始まった神社仏閣カードです。
岡山県に続く2県目で県内22社に各3種類ずつ絵柄があり、開けるまでどの絵柄かわからない。トレーディングカードというよりはおみくじカードです。

波自加彌神社
石川県金沢市花園八幡町ハ165

丹波國一之宮 出雲大神宮史

丹波國一之宮 出雲大神宮史
編集:出雲大神宮史編纂委員会
発行:出雲大神宮社殿創建千三百年大祭記念事業奉賛会
発行日:2009年10月21日
ページ数:147ページ
頒価:3,000円
亀岡市に鎮座する丹波一宮出雲大神宮の神社誌。社殿創建千三百年大祭記念事業記念として発行される。出雲大神宮のまとまった資料は少ないので現在入手できるものとして貴重な資料。歴史や宝物、祭礼以外にも自然で章立てされていて特徴がある。出雲大神宮授与所で頒布されている。
続きを読む 丹波國一之宮 出雲大神宮史

近江一の宮 建部大社②

建部大社

大津市に鎮座する近江国一宮建部大社。御祭神は大和武尊を主祭神とし、大己貴命を配祀する。

建部大社

今日は一の鳥居の参拝道をそのまま進み、

建部大社

二の鳥居前の第三駐車場に停めて参道を歩く。

建部大社

神門の先が森に囲まれた社殿域となる。

建部大社

日本遺産滋賀カードの配布を目的の参拝でもあった。
少し早い初詣に訪れる人がちらほらいたが、全く密にはならない参拝者数だった。

建部大社

拝殿に参る。

建部大社

拝殿前の狛犬にはマスク

建部大社

逆立ちした獅子もマスクしていました。
今日は宮司さんか禰宜さんが書いてくれたんですがとても達筆です。

建部大社
滋賀県大津市神領1丁目16−1

丹波一の宮 出雲大神宮⑤

出雲大神宮

亀岡市に鎮座する丹波一宮出雲大神宮。
現在御朱印は書き置き頒布となっているが、帰ってきて確認したら25日になっていた。一番目だったので昨日のが出てきたのだろうか。

出雲大神宮

8時過ぎに到着。表参道北方に御神体山が聳える。

出雲大神宮

今年はコロナ禍で初詣の準備が例年より早いのだが、正月は時計回りに一方通行になるようだ。

出雲大神宮

境内に人はほとんどいない。

出雲大神宮

授与所が閉まっている。つい先日も来たばかりだったが、授与所が9時からだということを完全に失念していた。

出雲大神宮

まずは参拝に行く。

出雲大神宮

本殿に参る。

出雲大神宮

時間が30分以上あるので、再度境内の摂末社をまわることにした。

出雲大神宮

真名井の泉

出雲大神宮

夫婦岩

出雲大神宮

大黒・恵比寿舎

出雲大神宮

少し上ると社殿を俯瞰して眺めることができる。

出雲大神宮

本殿

出雲大神宮

末社春日社
御祭神は武甕槌命、天児屋根命。

出雲大神宮

禁足地となっている出雲古墳群

出雲大神宮

本殿の背後にある磐座。とても大きい。

出雲大神宮

末社稲荷社
御祭神は宇迦之御魂神。

出雲大神宮

御蔭の滝

出雲大神宮

摂社上の社
御祭神は素戔嗚尊、櫛稲田姫尊。

出雲大神宮

末社笑殿社
御祭神は事代主命、少那毘古名命。

出雲大神宮

末社崇神天皇社
御祭神は第10代崇神天皇。

出雲大神宮

境内入口にまだ紅葉が残っていた。

出雲大神宮

神饌田の背後に御神体山

出雲大神宮

末社辨財天社
御祭神は市杵島姫命。

出雲大神宮

ようやく授与所が開いたので、御朱印と出雲大神宮史をいただき、御神体山への入山料を支払う。

出雲大神宮

ここからが入山料の必要な領域となる。

出雲大神宮

石で舗装された道だが最初は傾斜があって歩きにくい。

出雲大神宮

3分ほどで鳥居をくぐる。その先に燈籠が見える。

出雲大神宮

奥宮
御祭神は国常立尊。特に社は設けられていない。

出雲大神宮

まだまだ御神体山の中腹で、もっと頂上に近い場所かと思っていました。
さらに磐座もひとつの大岩ではなく、磐座群というもの。大岩に神が降臨するというイメージとは少し違いました。

出雲大神宮

帰りにちょうど巫女さんたちが授与所に出仕してきました。

出雲大神宮
京都府亀岡市千歳町出雲無番地

丹波船井 宗神社

宗神社

南丹市に鎮座する宗神社。御祭神は天兒屋根命。
延喜式の桑田郡三縣神社の論社とされ、丹波國総社とされる。

宗神社

園部亀岡線の大通りから見ると、左手の森が境内地。路地が細かったので歩いていくことにした。

宗神社

境内は北向き。というのも平安中期から鎌倉にかけての丹波国国府推定地になっている段丘の南端に建っているため、国府館に向かって建てられているようだ。

宗神社

鳥居の先は少し下がって石敷の参道が続く。

宗神社

今朝は氏子の方が境内の掃除をしていた。お邪魔にならないように参拝する。
拝殿の前に狛犬一対。本殿との間に燈籠一対が建つ。拝殿右手前の岩と右奥の岩が対になっていると考えられる。

宗神社

岩はもとは手前の両側にあったのだろうが、右手の社務所に隣接して舗装した駐車場が整備された関係で後ろに下げられたのだろう。

宗神社

本殿に参る。

宗神社

寛政7年の銘が刻まれた燈籠には「宗社大明神」とある。「宗社」とあるのが「総社」ということらしい。通常は「宗大明神」となるところなので「社」に違和感が残る。

宗神社

本殿右に小さな祠が建つが詳細は不明。

宗神社
京都府南丹市八木町屋賀南永寿

丹波船井 住吉神社

住吉神社

南丹市に鎮座する住吉神社。御祭神は表筒男命、中筒男命、底筒男命、神功皇后。
延喜式の桑田郡神野神社の論社のひとつ。
大日本地名辞書に「延喜式桑田郡神野神社は大字観音寺に在り、神野を転じて観音寺となし、もって神仏の混淆したるものにして、賀茂建角見命の妃神神野の伊加古夜姫命を祀る下鴨宮という」とあり、観音寺の氏神である当社があげられたようだ。
かつて熊野権現であって、明治の神社整理で刑部村から住吉神社を遷座したという。

住吉神社

細い路地を入っていくと鳥居が建っている。鳥居前に駐車場があったので停めさせてもらう。

住吉神社

鳥居を入っていくと参道は竹藪に囲われている。今は右が畑で藪がないが、両側が藪だと日中でも暗い。

住吉神社

階段の先にお堂が建っている。階段の下に大石が両側にある。

住吉神社

階段を上って右方に社殿が建つ。

住吉神社

階段の途中に左にも道があったが先には墓地があった。

住吉神社

階段正面のお堂。中が見えず詳細は不明だが、熊野権現だったのであれば阿弥陀堂だろうか。

住吉神社

堂の前、木の陰に隠れて大きな岩が据えられていた。

住吉神社

正徳6年の銘がある手水

住吉神社

拝殿と奥に本殿

住吉神社

拝殿に2枚の写真が掲げられていた。どちらも昭和十一年とある。
その1枚に先程の大岩が写っている。その頃は植木はなく、岩に注連縄が掛けられている。

住吉神社

もう一枚は拝殿の前、後ろの本殿に覆屋はない。

住吉神社

平成18年に1300年祭が行われたようだ。社伝では慶雲3年(706)に義渕僧正が熊野権現を勧請したとされる。

住吉神社

階段を上り一段高いところに本殿

住吉神社

本殿に参る。

住吉神社

本殿左の妻部分に奉納額が残っている。枡とすりこ木だろうか、1枚の額になっている。昭和35年と昭和50年の奉納で5年毎の奉納だったことを想定させる。海の神住吉さんなのだが、枡とすりこ木は五穀豊穣を祈るものなのだろう。

住吉神社

本殿の右に本殿と同じ向きに建つのは春日神社。

住吉神社

その奥に本殿に向かって建つのは八幡神社。

住吉神社

本殿の左に本殿に向かって建つのは熊野神社。これがもとの熊野権現。
神社整理で母屋を乗っ取られたみたいになっている。

住吉神社

その奥にやはり本殿に向かって建つ稲荷神社。

住吉神社
京都府南丹市八木町観音寺裏山6-2

丹波船井 荒井神社

荒井神社

南丹市に鎮座する荒井神社。御祭神は荒井神を主祭神とし、健御雷命、経津主命、天兒屋根命、比売神を配祀する。
延喜式の船井郡嶋物部神社に比定されている。

荒井神社

路地も狭かったので手前に停めて歩く。

荒井神社

別の場所から移転したようで、現在は寺と隣接するように鎮座する。

荒井神社

高倉天皇勅願所だった西光寺。長い参道の奥に門が見えた。

荒井神社

境内入口に鳥居が建つ。社号標はないようだ。

荒井神社

鳥居の扁額は「正一位 荒井大明神」

荒井神社

鳥居横に大きな杉があり、社叢一帯が保全地区になっている。

荒井神社

拝殿前に狛犬一対。

荒井神社

拝殿を通り、本殿に参る。

荒井神社

本殿に貼り紙が・・・「アライグマ対策のため格子戸を閉めています」
以前は開くことができたのか

荒井神社

格子戸の隙間から本殿をのぞく。
朱色の拝殿。江戸時代のものらしい。

荒井神社

本殿の右にまわると、かつては庭園だったような石組みがあった。

荒井神社

帰りに拝殿で上を見ると、古い額が並んでいた。

荒井神社

三十六歌仙のようだ。1枚の額に2人ずつ描かれ、28人分あった。

荒井神社
京都府南丹市八木町美里字荒井1

埼玉の狛犬

埼玉の狛犬
編集:埼玉の狛犬製作委員会
監修:埼玉県教育委員会
発行所:さわらび舎
発行日:2020年6月30日
ページ数:159ページ
定価:1,800円+税
2019年7月から9月にかけて埼玉県教育委員会の主催でインスタグラム上で開催された「#101匹の埼玉狛犬」という人気投票の結果から127対の狛犬を選んで収録した本。狛犬と題付けしているものの、狐、莵、狼など神使も含まれる。写真も大きく見ているだけでも楽しい。もちろん狛犬資料としても活用できる。

越前福井 福井神社⑭

福井神社

福井市に鎮座する福井神社の月参りに行って来ました。
今月の花はクリスマスホーリーと

福井神社

りんごです。

福井神社

見開き御朱印は冬至とカボチャでした。

福井神社

大雪が一段落した今週に参拝しました。
関越道のほうが大変な状況になっていますが、こちらは今回は混乱するほどの積雪はありませんでした。

福井神社

拝殿に参る。

福井神社

今日は書く人が留守だったので書き置きをいただきました。

福井神社
福井県福井市大手3丁目16−1

恵那神社誌

恵那神社誌
編輯兼発行者:恵那神社社司 梅村馨
発行日:1912年7月15日
ページ数:140ページ
頒価:1円
中津川市に鎮座する式内社恵那神社の神社誌。折れ、破れはあるものの古い本なのでページが欠損していないので良かった。現在の恵那神社は本社が麓にある里宮、恵那山山頂社は奥宮という呼び方だが、本書が編纂された当時は山頂社が本社、そのまわりにある摂社、麓の里宮は前社という構成だったことがわかる。神仏分離令により氏子範囲が大きく狭くなり3村のみとなる。氏子の3村の歴史を附録町村誌として追加してある。
続きを読む 恵那神社誌

全国厄除け郷土玩具

全国厄除け郷土玩具
著者:日本郷土玩具の会 中村浩訳
発行所:誠文堂新光社
発行日:2020年11月30日
ページ数:191ページ
定価:1,800円+税
郷土玩具は地域の習俗と深く関係し、神社の頒布品として現在に引き継がれているものも多い。本書はコロナ禍のなか、厄除けにちなむ郷土玩具を集め、そのご利益や入手先を紹介する。

続きを読む 全国厄除け郷土玩具

日本百富士 ふるさと100名山

日本百富士 ふるさと100名山
著者:敷島悦朗
発行所:三一書房
発行日:2013年8月17日
ページ数:319ページ
定価:1,900円+税
「○○富士」と呼ばれる山は日本各地にある。いわゆるふるさと富士である。その秀麗な山容から神奈備となっている山も多いが、はたしてどこにいくつあるのか疑問だった。本書はふるさと富士をまとめた唯一の本と言える。

美濃恵那 八王子神社

八王子神社

恵那市明智町に鎮座する八王子神社。御祭神は天照大神の8人の王子(王子5神と姫3神)である天忍穗耳命、天穗日命、天津彦根命、熊野樟日命、活津彦根命、田心姫命、湍津姫命、市杵嶋姫命を祀る。

八王子神社

御朱印は書き置きで見開きより少し広い幅になっている。宝船と稲縄の鶴亀の2種類。
社紋は江戸時代に当地を治めた遠山氏の家紋と同じ。

八王子神社

境内入口。大神宮と大権現と書かれた2基の灯籠が建つ。

八王子神社

明智西宮恵比寿神社が鎮座する。

八王子神社

鳥居横に「金幣社 八王子神社」の社号標が建つ。金幣社は岐阜県神社庁独自の幣帛の格付け。
階段を上がったところの一際大きな木は御神木の榎。

八王子神社

階段を上がったところに建つ唐門は白鷹城(明知城)の城門を移築したものとされる。

八王子神社

唐門をくぐった広い境内地

八王子神社

左手に社務所

八王子神社

右手の杉の老木の前に鳥居が建つ。

八王子神社

左手奥にも御神木の大杉があったようだが、今は切株に木之大神が祀られている。

八王子神社

拝殿に参る。

八王子神社

賽銭箱に御朱印が貼り付けてあるのを見つける。拝殿入口に置かれた箱に書き置きが置いてあるのを見つける。

八王子神社

幣殿により拝殿とつながる本殿。

八王子神社

本殿右側に祭礼用倉庫。手前に屋台、

八王子神社

奥に明智太鼓の太鼓が並んでいた。

八王子神社

社殿左側には末社が並ぶ。

八王子神社

もっとも手前に建つのは桔梗紋のついた柿本人麻呂神社。明智光秀が建立した社と伝えられ、前に手植えの楓がある。

八王子神社

その後ろに熊野三所大権現、春日大明神、八幡大神、神明社の4社。

八王子神社

左奥に武甕神社、天神神社、若宮八幡神社、稲荷神社、諏訪神社、軍神神社の6社。

八王子神社

最奥に石祠が並ぶ。さすがに当地の産土神だけあって多くの末社が建ち並んでいる。

八王子神社
岐阜県恵那市明智町1400-1

美濃土岐 妻木八幡神社

妻木八幡神社

土岐市に鎮座する八幡神社。御祭神は応神天皇。
御朱印は「濃刕(州)妻木郷」と墨書きされる。

妻木八幡神社

境内は北向き。鳥居のそばに社務所が建つ。

妻木八幡神社

鳥居をくぐると社殿まで緩やかな上り坂が続く。

妻木八幡神社

坂の途中の右側に神楽殿

妻木八幡神社

向かいの左側には外拝殿?

妻木八幡神社

坂を上ってもさらに階段が続く。

妻木八幡神社

この緩やかな坂では例祭の流鏑馬神事で花馬が駆け上がってくるそうだ。

妻木八幡神社

拝殿に参る。

妻木八幡神社

拝殿前には蝋燭立て。神仏習合の名残だが、岐阜県内ではよく見かける。

妻木八幡神社

市指定文化財の本殿。本殿は御垣に囲まれている。

妻木八幡神社

本殿右に末社が1社。

妻木八幡神社

庭津日社。御祭神は庭津日神。

妻木八幡神社

本殿左に末社2社。手前は高山社。御祭神はわからない。この高山社と庭津日社の社殿には桔梗紋がついていたのだが、御祭神とは関係なく土岐氏ゆかりということなのだろう。

妻木八幡神社

奥は神明社。御祭神は天照大神、豊受大神。

妻木八幡神社

社務所では妻木城の御城印も販売されている。御朱印は1種類だけど御城印のほうが種類が多い。

妻木八幡神社
岐阜県土岐市妻木町3051-1

越中射水 櫛田神社⑮

櫛田神社

射水市に鎮座する櫛田神社に月参りに行って来ました。
今月のワンポイントは狛犬の塔。

櫛田神社

平地の紅葉はほぼ終わりですが、まだまだ残っているモミジがとてもきれいでした。

櫛田神社

拝殿に参る。

櫛田神社

久しぶりの好天だったからか、社叢には多くのカラスが啼きながら飛び回っていた。
これが夕方だったら不気味だったかも

櫛田神社

神社の隣の丘陵に整備されている串田遺跡。現在3基の円墳を見ることができるが、元はもう2基あったとか。射水郡の平野を見渡すことができる。

櫛田神社

立山連峰は見えるのか確認しに上ってきたが、すぐ東に呉羽丘陵があって頭だけが並ぶ感じでした。
真ん中に剣岳、右に雄山が雪を被って神々しい。

櫛田神社
富山県射水市串田字大沢6838

39歳を目前にして御朱印デビュー! 日本全国の神社の御朱印や参拝記録