「15新潟県の神社」カテゴリーアーカイブ

越後三条 小布勢神社

小布勢神社

三条市に鎮座する小布勢神社。御祭神は大比古命、誉田別命。延喜式蒲原郡の論社のひとつ。

小布勢神社

集落は谷あいにあり、用水化された川沿いに車1台がやっと通れる道に面して神社がある。

小布勢神社

社殿は西向き。谷あいのため日の入り前とはいえ薄暗い。

小布勢神社

鳥居の注連縄が特徴がある。

小布勢神社

社殿には雪囲いがしてある。

小布勢神社

拝殿の彫刻が凝っている。拝殿に参る。

小布勢神社

拝殿左の御神木の杉が大きい。

小布勢神社

境内の前面にも道に沿って杉が植えられている。

小布勢神社

参道の右に境内社の琴平社

小布勢神社

参道左の高床の建物。社務所と屋根が掛かっていて、橋も架けられるようだ。祭日には三條神楽が奉納されるようなので、その舞台であろうか。

小布勢神社

車道が狭いので、境内右奥に停めたところ、角に神社の案内板が立っていた。周辺には社が多い。

小布勢神社

雪深かったので奥の壱萬度宮までは行けなかったが、手前の十二大山祇神社に参拝してきた。

小布勢神社

集落の北には田が広がり、ちょうど夕陽が沈む中、右手に弥彦山が見えた。

小布勢神社
新潟県三条市上保内丙1288

越後三条 伊久礼神社

伊久礼神社

三条市に鎮座する伊久礼神社。御祭神は埴安神、誉田別尊、闇御津羽神。延喜式蒲原郡の比定社。

伊久礼神社

社殿は東向き。夕陽に照らされて眩しい。

伊久礼神社

朱色の鳥居をくぐり参道を進む。拝殿は雪囲いされている。

伊久礼神社

拝殿に参る。今でも秋季例祭で俳句が奉納されているようだ。

伊久礼神社

参道左の藤棚の中に、万葉の歌碑がある。井栗村の大庄屋の松川重行が明和元年に建立したものいい、地名の「伊久里」が「井栗」だと伝えているが、大和と越中とする説もある。

伊久礼神社

参道の右には松川辨之助顕彰碑。井栗の大庄屋に生まれ、函館に渡り、北洋漁業の礎を築いた偉人とされる。万葉の歌碑の建立者は翁の曾祖父。

伊久礼神社

左に隣接する真言宗福楽寺には

伊久礼神社

入口脇に辨之助翁の墓がある。

伊久礼神社
新潟県三条市井栗1丁目24-2

越後三条 槻田神社

槻田神社

三条市に鎮座する槻田神社。御祭神は誉田別尊。延喜式蒲原郡の論社のひとつ。

槻田神社

境内地は非常に狭い。南に鳥居と社号標、社殿は東向き。

槻田神社

社殿の前に槻田碑という神社由緒の石碑が立つ。

槻田神社

社殿は足場が組まれていて真新しい。どうやら周辺地区の再開発のため境内地を削られた代わりに社殿を新築できたのだろう。

槻田神社

狛犬は小柄だが、位置が変わっているものの以前のままのようだ。

槻田神社

拝殿に参る。扁額は「延喜式内社」あまりに直接すぎて「槻田神社」のほうがいいかも

槻田神社

左に新しい参集殿

槻田神社
新潟県三条市荒町1丁目11

越後三条 八幡宮

三条八幡宮

三条市に鎮座する八幡宮。御祭神は誉田別尊、気長足姫命、比売大神。三条の総鎮守・産土神。

三条八幡宮

社殿は南向き。本殿の裏側に駐車場がある。

三条八幡宮

拝殿に参る。拝殿と本殿には雪囲いがしてある。今日は新潟市中心部は雪がなかったが、三条まで来ると雪が残っていた。

三条八幡宮

拝殿右手に舞殿。

三条八幡宮

神宝に大太刀と文明3年の鰐口がある。大太刀は銘 信国といい、室町初期の作。元は小丹生神社(新潟県見附市)に奉納されたものを、神官の養子縁組をしたときに三条市荒町に鎮座する槻田神社に譲られ、明治期の神社合祀のときに当社が所有することになったという。槻田神社は延喜式蒲原郡の論社で、後に氏子の要望により復社されている。

三条八幡宮

参道の左方の社務所で御朱印をいただく。まだ木の香りの残る新しい建物で、聞いたところ昨年12月に竣工したばかりだという。

三条八幡宮

拝殿左方社務所に近いほうから参る。合祭殿、左から、金刀比羅神社・熊野神社・秋葉神社の三社、古峯神社・菅原神社の二社、神明宮・春日神社の二社、水神社・伊夜比子神社・三條神社の三社、松尾神社・粟島神社の二社の5つの社。おそらく明治期の神社整理により、近郊の神社を合祀したものだろう。

三条八幡宮

その右に稲荷神社

三条八幡宮

池の島の中に厳島神社

三条八幡宮

社殿の右に良寛乞食の詩碑
「十字街頭 食を乞い了り 八幡宮辺 方に徘徊す 児童相見て共に相語る 去年の痴僧 今また来ると」
三条には良寛様を敬慕する町人が多く、亡くなられてまもなく詩碑が建てられたが、文久大火で破損し、大正十三年に再建された。

三条八幡宮

池の右(北)に「僧良寛歌集」の編者である村山半牧の頌徳碑

三条八幡宮

境内北に金山神社、御祭神は金山毘古命、石凝姥命、天目一之命。

三条八幡宮

境内の西側は八幡公園となっており、入口付近に「刀匠 栗原筑前守謙司信秀師之碑」が建っている。

三条八幡宮

金山神社の右に飼育小屋のような建物が二棟。何かいるのかと見に行くと右の建物に

三条八幡宮

孔雀のオスが二羽飼われていた。孔雀は寒くないのか?

八幡宮
新潟県三条市八幡町12−18

越後白根 大通神社

大通神社

新潟市に鎮座する大通神社。御祭神は猿田彦大神、天照皇大神、豊受大神。御朱印にはよく質問のある御祭神を印で押している。

大通神社

住宅地の中にあり、社殿は東向きで横に社務所が建っている。

大通神社

拝殿に参る。

大通神社

社殿は拝殿に本殿が重なるように建つ。
社務所前で授与品を見ていたところ、宮司がちょうど帰ってきて御朱印をいただいた。

大通神社
新潟県新潟市南区大通南1-49

越後新潟 新潟大神宮

新潟大神宮

新潟市に鎮座する新潟大神宮。御祭神は天照皇大神、豊受大神。

新潟大神宮

社殿は南向き。ゆるやかな上り坂の参道

新潟大神宮

近くには白壁通りがあり、藩政期の風情が残る。

新潟大神宮

参道途中に木製の二の鳥居、三の鳥居

新潟大神宮

二の鳥居の脇に坂口安吾生誕碑が建つ。

新潟大神宮

拝殿に参る。

新潟大神宮

拝殿にかかる「敬神崇祖」の扁額。神宮大宮司の揮毫。

新潟大神宮

本殿左に境内社

新潟大神宮

会津藩士殉節之碑。戊辰の役で越後の地で亡くなった会津藩士の慰霊碑。

新潟大神宮
新潟県新潟市中央区西大畑町5195

越後新潟 金刀比羅神社

金刀比羅神社

新潟市に鎮座する金刀比羅神社。御祭神は大物主大神、船玉大神。

金刀比羅神社

神社はこんぴら通りにある。もとは古町十一番町にあった大楽院という寺の中にあった鎮守で、明治二年に遷座した。

金刀比羅神社

神社は通りに面して東向きに建つ。

金刀比羅神社

参道右に収蔵庫

金刀比羅神社

収蔵庫には幕末から明治期に船主らが奉納した模型和船が収蔵されている。かつては帆をたたんで拝殿に吊されていたという。見学には予約が必要。

金刀比羅神社

収蔵庫の横に龍王殿という二階建ての建物

金刀比羅神社

参道左に注連縄のかかる石。境内には陰陽石があるというがこれのことか?

金刀比羅神社

拝殿に参る。

金刀比羅神社

拝殿には「金殿」の扁額がかかり、絵馬も多い。拝殿の右を回り込むと自宅があり、そちらで御朱印をいただく。

金刀比羅神社
新潟県新潟市中央区西厩島町2337

越後新潟 三社神社

三社神社

新潟市に鎮座する三社神社。御祭神は大日孁貴命、誉田別命、武甕槌命の三柱。神明宮、八幡宮、鹿島社の三社の神様を祀ることからの名称だろうか。

三社神社

神社は南向きに鎮座。延享四年(1747)、附寄嶋と呼ばれた信濃川の中洲にあった当地、後の流作場新田の鎮守として開拓者の安倍玄的が創建し、最初は「神明宮」と呼ばれたということで、三社のうち最初に大日孁貴命が祀られたようだ。

三社神社

鳥居は一の鳥居の前に二の鳥居

三社神社

左方に神輿庫

三社神社

少し進むと右方に神輿殿

三社神社

境内には蛙がたくさんいる。中洲だったこともあって洪水に何度も襲われ廃村を決めたところ、そんな惨状のなかでも青蛙が力強く生きている姿に村人が奮起して村を再建したと伝えられ、「玄的の青蛙」を村繁栄の象徴としたという。

三社神社

蛙おみくじもあり、奉納所がありたくさんの蛙が奉納されている。

三社神社

拝殿に参る。

三社神社

境内社の石宮神社、ツツガムシ除けの神を祀る。

三社神社

不明の境内社

三社神社

1878年の明治天皇北陸御巡幸の流作場御小休所跡碑や

三社神社

御着船聖跡碑がある。

三社神社

昭和初期まで旧新潟ホテル付近にあったと伝わる嘉永7年(1854)の道標と古そうな燈籠

三社神社

沼垂町長安倍九二造撰文による初代萬代橋の記念碑「創架萬代橋碑」

三社神社
新潟県新潟市中央区三和町1−1

越後新潟 白山神社

白山神社

新潟市に鎮座する白山神社。御祭神は菊理媛大神、天照皇大神。延喜式沼垂郡美久理神社の論社のひとつ。

白山神社

社殿は東向き。

白山神社

参道に鳥居が2つ。二の鳥居には「式内社」の扁額

白山神社

入ってすぐ左に太子社。名称からして聖徳太子を祀るものか。

白山神社

拝殿に参る。

白山神社

拝殿入口にかかる「白山」の扁額

白山神社

短い幣殿で本殿とつながる。拝殿左前に「神明社」の社号標

白山神社

拝殿左手に菅原大神、古峰大神、大山祇大神、秋葉大神、粟島大神の扁額がかかる合祀社。立て看板には大宮賣大神、伊夜日子大神の名もある。もとは四社の境内社が建っていたが、一社に合祀し新築されたようだ。左に庚申碑。

白山神社

太子社と境内社の間に新築の建物。

白山神社

中に神輿が収納されていた。御輿蔵兼倉庫だろうか。

白山神社

右手に立派な社務所が建つ。今日は宮司が不在だった。

白山神社
新潟県新潟市中央区沼垂東1-1-17

越後新潟 蒲原神社

蒲原神社

新潟市に鎮座する蒲原神社。御祭神は椎根津彦命を主祭神とし、迦具土之命(火の神)、水波廼女命(水の神)、久久廼知命 (木の神)、金山彦之命(金の神)、埴山姫命(土の神)の陰陽五行の神を祀る。延喜式蒲原郡青海神社の論社のひとつ。

蒲原神社

東に朱色の大鳥居が建つ。

蒲原神社

社号標と鳥居が建ち、まっすぐ参道が延びる。

蒲原神社

参道左に社務所、反対側は駐車場。社務所の前には500年を越える欅の老木がある。
一週間後に春祭を控え、準備に忙しいとかで御朱印はいただけなかった。

蒲原神社

拝殿の前には神楽殿。中央を渡り廊下が結ぶ。

蒲原神社

拝殿に参る。拝殿前に合祀された菅原神社の牛の像。

蒲原神社

拝殿には「青海社」の扁額。彫刻も凝っている。

蒲原神社

幣殿と結ばれた本殿

蒲原神社

境内の南西隅に旧社名の「五社神社」の社号標。五行の神に由来する。

蒲原神社

神社の西に隣接して奈佳美彌神社。境内社かと思ったが、独立した神社で、かつては諏訪神社と称し、愛宕神社を合祀して現社号に改名した。

蒲原神社

御祭神は健御名方命、火産霊命。

蒲原神社

表参道は北向き

蒲原神社

鳥居の前に狛犬もある。

蒲原神社
新潟県新潟市中央区長嶺町3−18

越後新潟 古町神明宮(船江大神宮)

古町神明宮(船江大神宮)

新潟市に鎮座する古町神明宮。御祭神は天照大神、豊受大神。安政5年(1858)の社殿再築時に合祀した船江神社の御祭神は猿田彦大神、大彦命。延喜式蒲原郡船江神社の論社のひとつ。

古町神明宮(船江大神宮)

商店街のアーケードから参道が延びる。入口に「古町神明宮」と「船江大神宮」の社号標が立つ。

古町神明宮(船江大神宮)

鳥居

古町神明宮(船江大神宮)

右に手水と境内社が並ぶ。

古町神明宮(船江大神宮)

手水の右に、松尾芭蕉の「泊船集 付録」におさめられた名句「海に降る 雨や恋しき うき身宿」を、安政4年(1857)に地元の俳句会柳々舎から献碑されたという。

古町神明宮(船江大神宮)

拝殿に参る。

古町神明宮(船江大神宮)

拝殿の扁額は「船江大神宮」

古町神明宮(船江大神宮)

本殿の真後ろの御神木が大きい。

古町神明宮(船江大神宮)

境内社は八幡宮(御祭神は応神天皇)と白鳥神社(御祭神は?)。白鳥神社はサッカーのアルビレックス新潟をはじめ、9つの「アルビレックス」の成功と躍進を祈願するお社として建立された、まだ新しい神社。

古町神明宮(船江大神宮)

拝殿の右に例大祭のときの舞台が建つ。

古町神明宮(船江大神宮)

社務所で御朱印をいただく。こちらで古町愛宕神社の御朱印もいただける。

古町神明宮(船江大神宮)
新潟市古町通1番町500番地

越後新潟 古町愛宕神社

古町愛宕神社

新潟市に鎮座する古町愛宕神社。御祭神は火之迦具土神、伊邪那美尊、天熊人。
御朱印は近くの古町神明宮の社務所でいただいた。

古町愛宕神社

商店街のアーケードから奥に参道が延びる。

古町愛宕神社

入口に鳥居

古町愛宕神社

拝殿に参る。

古町愛宕神社

拝殿の右前に稲荷神社、御祭神は保食神

古町愛宕神社

拝殿の左に口之神社、御祭神は千葉県の口ノ宮神社の御祭神木内惣五郎と、「明和の騒動」の首謀者である義人 涌井藤四郎、岩船屋佐次兵衛らを祀る。明和の義人の御霊を鎮めるために、同じ義人である千葉の木内惣五郎の御分霊を迎えたのが創始という。

古町愛宕神社

鳥居をくぐり、拝殿に参る。拝殿には木内惣五郎が木内宗吾とも呼ばれるので、「宗吾霊堂」の扁額が掛かる。

古町愛宕神社
新潟県新潟市中央区古町通2番町495

越後新潟 白山神社

新潟白山神社

新潟市に鎮座する白山神社。御祭神は菊理媛大神、伊邪那岐命、伊邪那美命を主祭神とし、天照皇大神、八幡大神を配祀する。延喜式蒲原郡船江神社の論社。パンフレットでは「越後国 沼垂郡 船江神社」と記しているが、船江神社は蒲原郡なので誤りか。

新潟白山神社

周辺は白山公園として整備されている。一の鳥居は東向き。参道の先に石製の二の鳥居

新潟白山神社

梅園ではちらほらと花が咲き始めていた。

新潟白山神社

参道左にひょうたん池

新潟白山神社

しばらく進むと右に蓮池、藤棚もある。

新潟白山神社

参道は右に折れて南向きに変わる。

新潟白山神社

三の鳥居をくぐると左に歯固め石

新潟白山神社

左方に遊伸亭

新潟白山神社

右手の駐車場に境内社の住吉神社への参道

新潟白山神社

駐車場の隅に宝暦天明の頃の狛犬

新潟白山神社

社殿の中には神輿が祀られている。

新潟白山神社

住吉神社、御祭神は住吉大神と息長足姫

新潟白山神社

住吉神社の左には日清・日露両戦役の戦没者を慰霊する昭忠碑があり、神武天皇像が安置されている。

新潟白山神社

随神門

新潟白山神社

随神門の左の廻廊の端に単独の建物。何に使用するものか

新潟白山神社

拝殿に参る。

新潟白山神社

扁額は「拝殿」

新潟白山神社

右に社務所があり、祈祷と御朱印の受付はこちら。

新潟白山神社

平成29年は白山開山1300年を迎え、神社では記念のお札、おまもり、御朱印、御朱印帳、御神酒(お祓いを受けた人限定)を頒布している。

新潟白山神社

加賀の二俣和紙に書かれた特別記念御朱印。復刻した牛王法印が押されている。記念御朱印帳にあらかじめ書かれるもの以外は書き置きになる。平成29年限定で一万枚。

新潟白山神社

ホームページにはなかったが、記念御朱印はピンク色に染めた二俣和紙に書かれた春バージョンも頒布されていた。

新潟白山神社

拝殿の左、白山会館前に樹齢約200年の御神木の「むすびの銀杏」

新潟白山神社

白山会館の下をくぐるように境内社への参道が通る。

新潟白山神社

夫婦円満の道祖神と餅搗き道祖神、縁結びの御神徳があるとされる。

新潟白山神社

本殿の左に蛇松明神社。金運上昇を願う人が多く、蛇の大好物の卵を賽銭の代わりにお供えする箱が社の前にある。

新潟白山神社

御祭神は蛇松明神。御朱印では蛇松神社と書かれる。

新潟白山神社

蛇松明神社の背後はちょうど本殿の背後にもなるが、御神木の蛇松がある。蛇のようにウネウネと御垣の外へ延びている。

新潟白山神社

その蛇松の下をくぐりさらに奥へ

新潟白山神社

本殿の右に松尾神社と黄龍神社が並んで鎮座する。

新潟白山神社

松尾神社、御祭神は大山咋神、中津島姫神

新潟白山神社

黄龍神社、御祭神は黄龍八一分身金鶏供養宝船大権現。八方除けの神様

新潟白山神社

本殿はや御垣は彩色されている。

新潟白山神社

拝殿前、左の廻廊に繁昌大黒、御祭神は大国主大神。

新潟白山神社

その廻廊の前に御稲御倉、御祭神は御稲御倉神、稲荷大神。社殿は第59回式年遷宮で内宮に建てられた御稲御倉であり、昭和39年の新潟地震で大きな被害を受け、第60回式年遷宮で当社に徹下された。神宮の唯一神明造そのままを見ることができる。

新潟白山神社

御稲御倉の前には御神石くくり石が祀られ、白山奥宮遙拝所となっている。開山1300年を記念し、白山から切り出した石を奉斎した。

新潟白山神社

蓮池の前に忠犬タマ公像。飼主の刈田さんらを二度の雪崩から救った話が当時の新聞やラジオを賑わせ、後世に伝えるため、像を建てる運動が起きたという。犬は子沢山なので、子宝・安産を願い戌の日に腹の部分をなでる人もいるという。

白山神社
新潟県新潟市中央区一番堀通町1-1

越後赤塚 神明社

神明社

新潟市に鎮座する神明社。御祭神は天照皇大神。延喜式蒲原郡船江神社の論社のひとつ。
境内は明治時代頃まで約7800坪の敷地で、本殿・幣殿・拝殿・神楽殿などの建物があったという。1092年の大地震による津波と地盤沈下で周辺住民が御神体とともに新潟町の方へ集団移住したといい、以降は神明社となったという。

神明社

社殿は南向き。少し小高くなっている丘の上に鎮座する。

神明社

鳥居と手水舎。燈籠は火袋部分がなくなっていて、少し不格好な感じ

神明社

参道を進むとまた火袋のない燈籠があり、上り階段がある。階段は崩れている部分があり、通行止めになっているが、ここ以外に道はないので気をつけて上る。

神明社

コンクリート製の社殿

神明社

中に神輿と本殿が収められている。本殿に参る。

神明社

本殿の右に境内社かと思ったら戸もなく物置のようになり崩れかかっている建物。どうやらコンクリート製の社殿を建てる前の本殿であったらしい。

神明社

本殿の左に神明荘とゲートボール場。神社に入ってくる角に案内板があったが、社殿裏の車道から入ってくることができたようだ。

神明社

社前を南へ100メートルほど行くと御手洗潟があり、その昔船江神社を参拝する前に手を洗い清めたことから名前が付けられたという。現在は用水か川が流れ込んでいるのか、少し臭いがするので手を清めることはできそうにない。

神明社

御手洗潟から神社を眺める。一帯は砂丘が広がり、畑になっている。

神明社

さらに南へ少し行くとより大きな佐潟が広がっている。

神明社
新潟県新潟市西区赤塚7034

越後頸城 奴奈川神社

奴奈川神社

糸魚川の奴奈川神社。主祭神は奴奈川比売命、配祀として大日霊尊、八千矛命。
延喜式内社の奴奈川神社の論社のひとつ。

奴奈川神社

社殿は南向き。

奴奈川神社

境内は広く、公園となっている部分もある。

奴奈川神社

拝殿に詣る。

奴奈川神社

弊殿を通って本殿が見える。

奴奈川神社

拝殿の西側に複数の石祠が並ぶ。

奴奈川神社

本殿裏にも石碑が並び、合祀殿風もある。本殿裏の東西に石が立っている。

奴奈川神社

本殿東側にも石祠がある。

奴奈川神社

注連縄を掛けられた神域に大きい石がある。かつての磐座なのか。

奴奈川神社

境内社として天満宮が鎮座する。

奴奈川神社
新潟県糸魚川市田伏569

越後頸城 大神社

大神社

糸魚川の大神社。御祭神は高皇産靈尊、大己貴命、少彦名命。延喜式内社の大神社の論社のひとつ。
室町時代作といわれる男神・女神坐像一対が伝わり、管相公(男神)と吉祥女(女神)の御神像といわれ、菅原道真公、吉祥女が配祀されている。

大神社

小山に神社は鎮座する。

大神社

階段を上る。

大神社

階段の途中に3つの石祠が祀られている。

大神社

階段を上がると社務所兼自宅があるが、留守だったので御朱印の有無は不明。

大神社

さらに進むと神社正面の鳥居をくぐって境内に入る。

大神社

拝殿に詣る。

大神社

社務所に近い鳥居は上部が直線ではなく、少し反り上がっている。

大神社
新潟県糸魚川市平1345

越中糸魚川 能生白山神社

能生白山神社

糸魚川能生の白山神社。御祭神は奴奈川姫命、伊佐奈岐命、大己貴命。
古代奴奈川族の首長、奴奈川姫を祀って産土神としたのが始まりといわれており、かつては権現岳にあったという。
延喜式内社の奴奈川神社の論社のひとつで、白山信仰の布教拠点として神仏習合した際に白山権現と改称された。

平安後期の木像聖観音立像が伝わり、越後三十三観音霊場を始めるにあたり、まずは白山神社に詣ることがしきたりだったということで、書き置きの御朱印は「聖観音菩薩」となっている。宮司が常駐しておらず、総代さんがこれだと言われていましたが、神社名の墨書きも本務社のほうではしているようです。

能生白山神社

鳥居をくぐり、階段を上ります。

能生白山神社

境内に入ると左手に社務所、奥に檜皮葺の拝殿が建つ。

能生白山神社

拝殿右手に御旅所がある。拝殿後方の山が尾山で、旧社殿は山中にあった。

能生白山神社

拝殿に詣る。

能生白山神社

後方の本殿は国重量文化財。

能生白山神社

本殿横には神仏習合時代の石祠が複数ある。

能生白山神社

境内には旧講堂だった建物が、境内社の秋葉神社となっている。

能生白山神社
新潟県糸魚川市大字能生7238

越後頸城 藤崎神社

藤崎神社

糸魚川の藤崎神社。御祭神は大己貴命、天照皇大神、豊受大神、品陀別命。合祀なのでもとの主祭神は不明。
江戸時代に「大社神社」と称し、頸城郡の延喜式内社の大神社の論社であるが大社という名称からと思われる。地元では式内社とは称していないようだ。

藤崎神社

田と畑の広がる丘陵の中に鎮座する。

藤崎神社

田んぼの先に日本海が広がる。

藤崎神社

短い階段を上り、畑の横の参道を進む。

藤崎神社

鳥居をくぐると、参道は急角度にUターンして拝殿に至る。
参道が付け替えられたのか、社殿の向きが変わったのか、ちょっと不可思議な位置関係です。

藤崎神社

杜に囲まれた社殿は昼間でも薄暗く、小さな虫も飛んでいるのでお詣りして早々に帰ります。

藤崎神社
新潟県糸魚川市藤崎2124

越後頸城 水嶋磯部神社

水嶋磯部神社

糸魚川の水嶋磯部神社。御祭神は健御名方命、天照皇大神、豊受大神、奇日方命、船玉神。
江戸時代は諏訪大明神と呼ばれていたそうで、健御名方命が主祭神というところか。

水嶋磯部神社

神社は高台に東向きに建っている。

水嶋磯部神社

頸城郡の延喜式内社の論社。

水嶋磯部神社

拝殿に入る。この辺りの記名奉納額は写真入りで、たくさん並んでいた。

水嶋磯部神社

本殿後ろには彫刻入り板塀が左右に3枚ずつ奉納されていた。

水嶋磯部神社

境内からは眼下に筒石漁港が見える。海岸沿いに国道8号線が通り、神社のある台地まで一気に標高が上がる。

水嶋磯部神社

海に向けて境内社が建っている。

水嶋磯部神社

中の石祠の横に恵比寿らしい像があるので、事代主命か蛭子命か。

水嶋磯部神社

神社の背後には南向きに観音堂が建っている。神仏習合の名残なんだろう。

水嶋磯部神社
新潟県糸魚川市筒石463

越後頸城 江野神社

江野神社

上越市名立の江野神社。旧県社で延喜式内社の論社。
御祭神は、建御名方命、事代主命、大己貴命、素佐能男命、稻田比賣命、屋主忍男武雄心命、影姫命、武内宿禰命と多いが、明治の神社整理による合祀の影響のようだ。
(御朱印はあったようだが、あらかじめ連絡が必要なようだ。)

江野神社

入口の社号石碑があり、後方の小山に鎮座する。

江野神社

一端西に上って、鳥居をくぐり東から南へ折れて社殿に至る。

江野神社

社務所前に手水舎、その横に境内社として稲荷社がある。

江野神社

拝殿は銅板葺きで新しく感じたのだが、後で調べてみると数年前までは茅葺きだったようだ。

江野神社

彫刻は珍しいもの。布袋と恵比寿だろうか。

江野神社

木鼻の彫刻は鯛と海老で、こちらも珍しいが日本海が近いので豊漁祈願の意味があるようだ。

江野神社

拝殿の中で詣る。

江野神社

入口鳥居の参道とは反対方角にも境内社が建っている。
鳥居前には「琴平神社」の石碑があるが、社殿に入ると「秋葉神社」の扁額がかかっていた。

江野神社

とすると、山の斜面にあるこの石祠が琴平神社なのか?

江野神社
新潟県上越市名立区名立大町字明神山1335

越後頸城 圓田神社

圓田神社

上越市名立の山中に鎮座する圓田神社。御祭神は道臣命、大己貴命、少彦名命。
頸城郡の延喜式内社の論社。

圓田神社

日本海沿いの8号線から南に5キロ、どんどん山の中に入っていくが、集落に入ってまた山を上る。
上りの途中に正面参道の階段があるが、車を停める場所もないので、もう少し上って背後に回る。

圓田神社

社殿は高い木々に囲まれていて麓からは全く見えない。

圓田神社

鳥居をくぐって境内に拝殿が建つ。平坦地はそれほど広くはない。

圓田神社

拝殿は開いたので、中で詣る。

圓田神社

壁には全国各地の絵馬がかかっていた。地元の方が奉納したものでしょうか。

圓田神社

境内には石祠が1社あったが詳細は不明。

圓田神社

大木は御神木の役割と同時に、社殿を守っているようだ。

圓田神社

南方には雪をかぶった、たぶん火打岳と新潟焼山が見える。

圓田神社
新潟県上越市名立区丸田字宮ノ下476

越後頸城 阿比多神社

阿比多神社

上越市の8号線沿いに鎮座する阿比多神社。御祭神は少彦名命、相殿に菅原道真公。
頸城郡延喜式内社の論社で、古くは高志山に鎮座していたという。順徳上皇が佐渡に流罪となったとき、越の長浜は名所であるとして参拝されたと伝わる。その時、北野天神の御神像を当社に納められて以来、菅公を合祀することになった。

長浜天神と称された祭神は少彦名命であったが、天満宮と混同されたという説もある。

阿比多神社

8号線沿いに鳥居が建つ。

阿比多神社

参道は線路をまたぐ。8号線は交通量が多いので車はこちら側に止めたほうが無難です。

阿比多神社

小さな川沿いの道を進んで橋を渡る。

阿比多神社

鳥居をくぐると階段を上って社殿に向かう。

阿比多神社

社殿に詣る。

阿比多神社

拝殿は細かい彫刻があり、正面の龍だけでなく、外壁に鶏、鶴、梅や波が彫られている。

阿比多神社

社殿北に境内が並んでいる。山中にあってもきれいにされていた。

阿比多神社
新潟県上越市長浜904

越後高田 直江八幡宮

直江八幡宮

高田市街に鎮座する直江八幡宮。御祭神は誉田別命、息長帶姫命、玉依姫命。
元は直江津福島に鎮座していたといい、延喜式内社の江野神社の論社となっている。

御朱印は授与していないということだった。

直江八幡宮

南向きの境内。

直江八幡宮

印象的な朱色の鳥居をくぐる。

直江八幡宮

鳥居をくぐってすぐ右手の杉?の木は途中で折れているが、横から見ると元は夫婦杉だったようだ。

直江八幡宮

拝殿に詣る。

直江八幡宮

拝殿内には複数の額が掲げられていた。八幡宮額の手前には和算額、奥の本殿手前には「江野神社」の揮毫額が掲げられている。

直江八幡宮

拝殿前には桶を重ねたものも。水の信仰もあるようだ。

直江八幡宮

境内には石祠が複数ある。詳細がよくわからないものも多いが、稲荷社が多いようだ。

直江八幡宮

反対側にも稲荷社。

直江八幡宮

入口鳥居脇からももうひとつ鳥居をくぐり、稲荷神社が建つ。

直江八幡宮

拝殿横に庚申堂が連なる。

直江八幡宮

その横に小ぶりの建物。社務所で尋ねると舞殿ということであった。

直江八幡宮
新潟県上越市東本町4-21

越後頸城 斐太神社

斐太神社

妙高市の斐太神社。御祭神は八千矛神が主祭神、積羽八重事代主神と建御名方命をが相殿に祀られる。八千矛神は大国主命、積羽八重事代主神は事代主命とされている。戦国時代は後方の山上に築かれた鮫ヶ尾城の鬼門鎮守として上杉氏の篤い庇護を受けたという。

斐太神社

旧社格は郷社で、頸城郡の延喜式内社とされる古社でもある。

斐太神社

鳥居をくぐり参道を進むと、杉が両脇に林立する階段を上る。

斐太神社

風格のある拝殿に詣る。

斐太神社

地域の大社だけあって、拝殿には新潟県知事の揮毫額が複数掲げられている。

斐太神社

境内社は階段を上ったところすぐに稲荷社。

斐太神社

拝殿左方に雁田神社と石祠が見える。

斐太神社

雁田神社の御祭神は奉納額からも伊弉諾尊、伊弉冉尊とわかる。

斐太神社

子宝・安産祈願の社のようで、奉納物もそれらしいものがある。

斐太神社

石祠は調べると八幡社のようだが、3つあるので後方の祠はまた違うものかもしれない。

斐太神社

参道脇の社務所兼自宅で御朱印のことを伺いましたが、書く人が不在ということで今日は縁がありませんでした。

斐太神社
新潟県妙高市宮内字屋敷連241

越後糸魚川 天津神社

糸魚川市に鎮座する天津神社。延喜式の頸城郡大神社の論社のひとつ。御祭神は瓊瓊杵尊、天児屋根命と太玉命を配祀する。

市民会館の駐車場隅に立つ社名標。参道は東に向かって延びる。

表参道の橋を渡る。境内に入ると参道は南に折れる。

橋の左に弁天社。

参道を進むと突き当たりに社務所がある。普段は無人のようだ。

社務所前で東に折れ、境内の南西部から入る。鳥居は南と東にもあるが、表参道はなぜこれほど曲がるのだろうか。

境内に入ると右手に衣紋所

左手に宝蔵

南鳥居から入って、楽屋、舞台、拝殿、本殿と並ぶ。社殿は南向き。

春大祭では舞台に朱色の高欄が付けられて舞楽が舞われる。

舞台は神様に奉納するため、拝殿方向を向いている。

拝殿に参る。賽銭箱の上の扁額は「天津社」

拝殿内。中央の扁額は「天津社」、左に「奴奈川神社」、これは背後の本殿の並びと同じ。右に合祀された「住吉」神社の扁額が架かる。

拝殿の左の部屋に白い神馬像と平成5年に枯れて伐採されたご神木が納められている。

本殿の左に奴奈川神社。延喜式頸城郡の論社のひとつで、御祭神は奴奈川姫命、八千矛神を配祀する。

拝殿の背後に天津神社の本殿

本殿右に子聖社。

子聖社と天津神社本殿の間に石祠や石像が集められている。石の仁王像もある。

境内の宮司宅で御朱印をいただく。御朱印をいただく間に神社のパンフレットを読む。パンフレットにはかつて境内にあった神宮寺について書いてあった。残っているものもあるということで、場所を聞いて行ってみることにした。

宮司宅前の藤棚、その奧の井戸が神宮寺の名残のひとつ。

社名標の前、宝伝寺の門前に並ぶ石仏群。これも神宮寺の名残という。

そして、北西へ線路を渡り、塩の道(松本街道)沿いにある寺院群のひとつ、経王寺。

経王寺の梵鐘は神宮寺の梵鐘を移したもので

梵鐘を見ると、確かに「奉建立天津社神宮寺鐘一口」とある。

天津神社
糸魚川市一の宮1-3-34

越後糸魚川 青海神社旧地

糸魚川市に鎮座する青海神社。その元の鎮座地が現在の青海地区公民館東町支館の場所。

文政4年に現在地に遷座された後も、旧社殿は古宮跡としてしばらくの間残っていたが、慶応3年大火で焼失。

石祠を建立して、公民館の建設、再建に伴って現在の敷地西隅に移動したという。

石祠に参る。石祠には御神体の鏡も祀られている。

南西方向、JR青海駅の向こうに見える丘に遷座した青海神社が鎮座する。

新潟県糸魚川市青海281
青海神社(旧地)

越後糸魚川 青海神社

糸魚川市に鎮座する青海神社。延喜式の頸城郡青海神社の論社のひとつ。御祭神は青海首の祖、椎根津彦命。

社名標は線路近くに立つ。神社への入口の阪は車を停めた辺りでかなり距離がある。

というのも、すぐ右に元神宮寺であった清源寺が建つからであろうか。

坂を上ると駐車できるスペースが有り、社殿に向かって階段を上る。

境内は広い。社殿は日本海に向かって北向きに建つ。

拝殿に参る。

本殿は拝殿の後ろ一段高い場所に鎮座する。

拝殿右に境内社が多数。

ひとつ前にある石祠には石像が残る。天神様であるらしい。

境内の落ち葉を掃除していた氏子の方に少しお話を聞く。青海の地は昔は漁業で大変賑わった土地であったという。確かに広い境内と大きな社殿はその面影を偲ばせる。何でも本殿裏に展望台があり、昔は景色が良かったという。案内されたからには行ってきた。道はなんとかわかるものの休憩所も立入禁止になっていて、周囲の高木に遮られ景色も臨めない。残念だがこれが地方の現状というところか。

青海神社
新潟県糸魚川市青海762

越後糸魚川 靑澤神社

糸魚川市に鎮座する靑澤神社。延喜式の頸城郡青海神社の論社のひとつで創建当時は当地にあったという。御祭神は沼河比売命。

海沿いの国道8号線を山の方へ南下、工場地帯を抜けると小さな集落に入る。

道路沿いに西鳥居が立つが境内脇から入るので、もう少し集落を進んで南より入る。

鳥居の扁額は「日連神社」。どういう由来でここに架かっているだろうか。

拝殿の後ろに本殿が建つ。拝殿は寺の本堂のような造り。

拝殿に参る。拝殿の扁額は「靑澤神社」

境内社は鳥居をくぐって境内右に一社。

靑澤神社
新潟県糸魚川市青海2696番地

越後上越 春日山神社

春日山神社

春日山城跡に建つ春日山神社の御祭神は上杉謙信公である。童話作家の小川未明の父、澄晴が昔のままに謙信公にお住まい願おうと建立した。併せて、菅原道真公と岩屋大黒天を祀っている。

春日山神社

参道は駐車場から長い階段を上って続く。もうひとつは謙信公銅像前からの平坦路。

春日山神社

階段前の「大義名分」「公明正大」の2本の碑は地元の陸軍大将から送られたようだ。軍神と慕われた謙信公らしい。

春日山神社

階段を上ると境内が広がる。休日の境内は賑わっている。

春日山神社

鳥居横に立つ社号標の揮毫は東郷平八郎氏によるもの。

春日山神社

拝殿は本殿とともに明治34年に建てられた。

春日山神社

境内の社務所は小川未明の実家を移築したものである。

春日山神社

末攝社として境内奥に稲荷神社が建てられている。

春日山神社

春日山城のシンボルとして観光用パンフレットにも載っている「上杉謙信公銅像」

春日山神社

謙信公が臨むのは、武田信玄と争った川中島の地か?

春日山神社

鳥居横の売店で御朱印を頂ける。といっても、あらかじめ書かれた御朱印に日付を入れてくれるだけだけど。

春日山神社

日曜日は定期的に上杉おもてなし武将隊が境内で演武を披露してくれる。

春日山神社

最後には記念撮影会も開かれて、子供たちは大はしゃぎでした。

上越市大豆1743
TEL.025-525-4614

越後高田 榊神社

榊神社

榊神社は明治4年廃藩置県が行われた高田藩の有志が藩祖榊原康政公をまつる神社設立をめざして領内から募金をつのり、明治9年建立された。神器として康政公の鎧、冑、刀剣類等を保存している。御祭神は、榊原康政公、三代忠次公、十一代政令公、十四代政敬公である。

榊神社

榊神社は高田城大手橋からほど近くでした。

榊神社

境内はそれほど広くはないものの鳥居は2つある。

榊神社

境内には「雙輪館」という建物が建っている。おそらく宝物館けど、いつなら中に入れるのか?

榊神社

拝殿正面の鳥居。

榊神社

拝殿はそこそこ立派ですね。

榊神社

拝殿にかかる扁額は「正二位伯爵○高行謹○」と書かれているが、誰なのかわかりません。

榊神社

拝殿に併設されて舞台が建てられ、「舞楽殿」という扁額が架かっている。石川出身だとこういう舞台は能舞台だと思ってしまうけど、確認したら神楽だということでした。5月13・14日の例祭で披露されるそうだ。

榊神社

御朱印があるかどうか確認のため社務所へ。残念ながら御朱印は用意されていませんでした。旧高田市では一番大きな神社のように思ったんだけど・・・

榊神社

社務所前の手水鉢の龍神様はいかにも勇ましい感じだった。

榊神社 財団法人旧高田藩和親会ホームページ

上越市大手町4-12
TEL.025-523-5276