admin のすべての投稿

加賀小松 菟橋神社⑧

菟橋神社

小松市に鎮座する菟橋神社。3月の御朱印をいただいてきました。

菟橋神社

拝殿に参る。

菟橋神社

上巳の節句の扇が飾られていました。質素で良いです。

菟橋神社

あと2カ月余りでお旅まつりですが、今年は無事に開催できるでしょうか。
一所懸命練習している子らのためにも無事に開催できると良いですね。

菟橋神社
石川県小松市浜田町イ-233

出雲大社 福井分院③

出雲大社 福井分院

福井市に鎮座する出雲大社福井分院に行って来ました。
目的は特別御朱印です。10日、20日と土日祝日のみ頒布されています。

出雲大社 福井分院

土日祝日だと結婚式をしている日も多いのですが、静かです。これもコロナウイルスの影響でしょうか。

出雲大社 福井分院

手水もコロナウイルスの影響で使用中止になっていました。
水自体は問題ないと思いますが、柄杓を共通することを問題としたのでしょうか。

出雲大社 福井分院

拝殿に参る。

出雲大社 福井分院

今月の特別御朱印は金色で拝殿と、白い瑞雲が描かれている。先月までは切り絵だったんですが、切り絵ではなくなりました。

出雲大社 福井分院

薪の代わりにロウソクに火が付けられ、少し違和感がありますね。

出雲大社 福井分院
福井県福井市渕2丁目2001

越前福井 福井神社⑤

福井神社

福井市に鎮座する福井神社。先月に続き月替わり御朱印をいただきに来ました。
3月はチューリップと

福井神社

パンジーの2種類

福井神社

今月はひな祭りの特別御朱印もありました。

福井神社

三連休初日は曇天のなかの参拝となりました。

福井神社

拝殿に参る。

福井神社

今日は留守番の方のみだったので書き置きをいただきました。

福井神社

令和元年度の御朱印一覧
4月 梅
5月 つつじ
6月 バラ、あじさい
7月 はす、朝顔
8月 向日葵、百合
9月 桔梗 コスモス
10月 りんどう、キンモクセイ
11月 小菊、菊
12月 水仙、ポインセチア
1月 千両、椿
2月 梅、福寿草
3月 チューリップ、パンジー

福井神社

令和元年度限定御朱印
10月22日 即位礼
11月14日 大嘗祭
1月1日 正月初詣
2月3日 節分
3月3日 桃の節句

先月も節分の特別御朱印あったようだが参拝したときには終了していた。今月もそう変わらない月後半だったにもかかわらず残っていたということは、やはりコロナウイルスの影響が大きいようです。

福井神社

福井城本丸堀に隣接して鎮座する福井神社、鳥居の方角からすると本丸堀西側が表参道ということになるのでしょうが、この灯籠は本丸堀北側の遊歩道入口に建てられたもので、裏参道ということになるのだろうか。

福井神社
福井県福井市大手3丁目16−1

加賀前田家と北野天満宮

加賀前田家と北野天満宮
編集・発行:石川県立歴史博物館
発行日:2019年9月14日
ページ数:226ページ
頒価:2,100円
石川県立歴史博物館の令和元年度秋季特別展の図録。菅原道真公の子孫を称する加賀前田家が五十年忌毎に北野天満宮に奉納した太刀を縁として、北野天満宮の宝物と、その北野天満宮を模して創建された小松天満宮の宝物の中心にした展示内容。
続きを読む 加賀前田家と北野天満宮

いしかわの神々 信仰と美の世界

いしかわの神々 信仰と美の世界
編集・発行:石川県立歴史博物館
発行日:2019年4月27日
ページ数:171ページ
頒価:1,600円 絶版
石川県立歴史博物館の令和元年度春季特別展の図録。注目は門外不出の御神像だが、それ以外にも多数の文化財が収録される。特別展開催期間が終わるかどうかに品切れになった人気の図録。
続きを読む いしかわの神々 信仰と美の世界

第66回企画展 かめおかの狛犬

第66
編集・発行:亀岡市文化資料館
発行日:2019年10月18日
ページ数:32ページ
頒価:600円
亀岡市文化資料館の令和元年度秋季企画展の図録。亀岡市内の神社の狛犬を集める。本殿や拝殿内に収められている狛犬は普段見ることができないので貴重な姿を見られる。姿形も様々な狛犬が収録されていて面白い。
続きを読む 第66回企画展 かめおかの狛犬

万ヶ洞天神神社

万ヶ洞天神神社

岐阜市に鎮座する万ヶ洞天神神社。明知城(白鷹城)の登城道の途中に鎮座し、御祭神は菅原道真公。

万ヶ洞天神神社

今年はNHK大河ドラマ「麒麟がくる」が放映されていて明智光秀公が注目される中、ここ恵那市明智町にもぎふ恵那大河ドラマ館がオープンしました。私も目的はそちらだったんですが、時間配分を間違えて明智町はじっくりとゆかりの地をめぐる時間がなくなりました。といっても御朱印をひとつ見つけたので天神神社だけ参拝することにしました。

大河ドラマ館のある大正浪漫館の前を通り過ぎ、裏手の明知城への登城道を進みます。

万ヶ洞天神神社

途中手水がありました。

万ヶ洞天神神社

天神神社に参拝する。

万ヶ洞天神神社

本殿には神牛が祀られていました。

万ヶ洞天神神社

本殿隣の建物は現在参集所として使用されているものだろうか。

万ヶ洞天神神社

「光秀学問所趾」の看板が吊られている。明智光秀公の生誕地には複数の説があり、ここ明智町もそのひとつになっている。近くの千畳敷砦には産湯の井戸が伝えられ、光秀幼少のとき、京都嵯峨天龍寺の学僧を招いてここ天神社で学んだと伝えられている。

万ヶ洞天神神社

山中の神社は当然のように無人であるが、日本大正村のお店で御城印とともに御朱印が販売されていた。

万ヶ洞天神神社

明智家家紋の桔梗紋と天神社、光秀公が描かれた御朱印は御城印と同じく公式のものではないらしい。
左下の朱印も正式に使用されている印ではないとのこと。シール式で御朱印帳にも貼りやすい。

万ヶ洞天神神社
岐阜県恵那市明智町1318-2

天智天皇の御聖績

天智天皇の御聖績
発行所:近江神宮奉賛会
発行日:1938年5月25日
ページ数:152ページ
近江神宮は1940年に創建される。本書は奉賛会によって編纂された近江神宮の御祭神天智天皇の事蹟をまとめ、近江神宮創建の気運を高めるための書と思われる。頒価の表示のないため、寄付金を募るために奉賛対象者に配布されたものだろうか。旧仮名遣いで少し読みづらいが、神社創建に向けてどういう動きがあったのかが知れる一冊。
続きを読む 天智天皇の御聖績

近江神宮奉賛会会報

近江神宮奉賛会会報
第一巻第一号
発行所:近江神宮奉賛会
発行日:1939年2月11日
ページ数:60ページ

近江神宮奉賛会会報
第一巻第二号
発行所:近江神宮奉賛会
発行日:1939年7月20日
ページ数:44ページ

近江神宮は1940年に創建される。本書2冊は奉賛会が発行した創建前の会報になる。近江神宮の工事前の境内地や工事中の神事の貴重な写真が載っている。
続きを読む 近江神宮奉賛会会報

越中射水 櫛田神社⑥

櫛田神社

射水市に鎮座する櫛田神社に参拝してきました。
3月のワンポイントは河津桜でした。

櫛田神社

着いたときは青空も少しのぞいていたのですが、

櫛田神社

まずは拝殿に参ります。

櫛田神社

御朱印をお願いしている間に、みるみるうちに西から黒い雲が押し寄せて雨が降ってきました。
急いで駐車場まで戻りました。

櫛田神社
富山県射水市串田字大沢6838

能登輪島 重蔵神社㉕

重蔵神社

輪島市に鎮座する重蔵神社に行って来ました。
2月の花御朱印は雪見草です。他に2種。

重蔵神社

庚子の見開きサイズは花御朱印の定番になりました。雪見草バージョンもカワイイです。

重蔵神社

昨日から1週間、如月祭ということで3月の限定御朱印になります。

重蔵神社

如月祭の見開きサイズ

重蔵神社

あっそういえば今日2日ですね。と言って出てきたのは2月の限定御朱印だった「たま様の足跡御朱印」
今月から2の日限定で直書きされるそうです。今月は足跡が黄色です。
掲示はされていませんが、2日とおそらく22日に授与できます。

重蔵神社

午前中は天気良かったですね。

重蔵神社

拝殿に参る。如月祭の期間中ということで何か神事をしているかもと思っていましたが境内は静かなもので、御朱印を待つ間氏子の方が何人か訪問してきました。

重蔵神社

手水はひな祭りになっていました。

重蔵神社

今月授与される御朱印です。
掲示されてませんが、3日からひなまつりが直書きで授与されるそうです。
2月も節分をもらい損ねましたが、今後猫御朱印といずれを選択するか悩ましいところです。

重蔵神社

後で気づくと、はさみ紙にもスタンプが押されていて記念になります。

重蔵神社
石川県輪島市河井町4-68

加賀金沢 安江住吉神社②

安江住吉神社

金沢市に鎮座する安江住吉神社。御祭神は表筒男命、中筒男命、底筒男命、武甕槌命。
延喜式の石川郡味知神社の論社となっている。

安江住吉神社

今日の人形感謝まつりから新たに御朱印が授与されるようになりました。
最近の参拝者増加と御朱印要望に応えて、氏子の方が月1回(不定期)御朱印帳への記帳のため社務所に詰めることになったと先日地元新聞に載りました。

安江住吉神社

ということで、仕事が終わってから神社に出かけました。良い天気です。

安江住吉神社

今日は人形感謝まつりということで、氏子の方も大勢集まっていました。
参道の左の建物で御朱印が授与されました。

安江住吉神社

まずは拝殿に参る。

安江住吉神社

授与所で御朱印をいただきました。
社名印の大きさが2種類あり、今日は直書きが大きな社名印、書き置きが小さな社名印でした。
この違いは社名の墨書きの文字の細さに対応するということらしいのですが、直書きが300円で、書き置きが500円だったので、直書きは行列になると書く方が大変なんで逆の場合が多いですね。
社紋の三羽雀の印と今日は人形感謝まつりの限定御朱印となっていますが、通常は人形感謝まつりの場所に「人形祓之神社」と墨書きされるようです。

安江住吉神社

人形のお祓いに来た方は、拝殿前でお祓い料をお支払いして手続きし、拝殿内でお祓いを受けていました。

安江住吉神社

お祓い料も安くはないですが、2002年から始まった人形供養は年々希望者が多くなっているようです。

安江住吉神社

境内には参道沿いに2対4基の燈籠があるが、大坂の船主から航海の安全を祈って奉納されたもの(拝殿に近い方が天明2年(1782)、鳥居に近いほうが文化2年(1805))で文化2年のほうには船主の屋号のマークがずらりと並んでいる。なかなか珍しい刻印。ちなみに天明2年のほうには「大廻講中」と書かれている。

安江住吉神社
石川県金沢市北安江2丁目15−37

島嶼と海の世界 九州の中世Ⅰ

島嶼と海の世界 九州の中世Ⅰ
編者:大庭康時、佐伯弘次、坪根伸也
発行所:高志書院
ページ数:180ページ
定価:2,200円+税
中世の神社の歴史を調べようとしても史料が残っておらず不明な場合も多い。そういうときは地域の歴史から神社を考察するということも必要になってくる。本書は「九州の中世」全4冊の1冊目。

続きを読む 島嶼と海の世界 九州の中世Ⅰ

斐太歴史の里の文化史 鎮守の森の文化財と斐太神社を訪ねて

斐太歴史の里の文化史 鎮守の森の文化財と斐太神社を訪ねて
編集・発行:妙高市教育委員会
発行日:2014年3月28日
ページ数:289ページ
頒価:2,000円
妙高市にある斐太歴史の里を中心とした旧斐太村の歴史をまとめる。中心は同地に鎮座する斐太神社の歴史だが、公園内の国指定史跡、斐太遺跡、観音平古墳群、天神堂古墳群、鮫ヶ尾城跡の4つの遺跡を紹介している。特論は斐太神社と兼務社に触れていて神社史と言っても良い内容になっている。カラー写真が使用され、最近の市町村史の時流に沿った編纂で読みやすい。
続きを読む 斐太歴史の里の文化史 鎮守の森の文化財と斐太神社を訪ねて

木曽おんたけと御嶽神社

木曽おんたけと御嶽神社
編輯兼発行者:御嶽神社社務所
発行日:1961年4月25日初版、1975年7月20日第2刷
ページ数:303ページ
王滝村の御嶽神社が、ちょうど王滝村史が編纂された好機に御嶽山信仰部分を抜き出して収録したのが本書だという。確かに物語とか歴史書というより神社史料というものに近いかもしれない。
続きを読む 木曽おんたけと御嶽神社

加賀小松 菟橋神社⑦

菟橋神社

小松市に鎮座する菟橋神社で2月の限定御朱印をいただいてきました。

菟橋神社

天気も悪かったので人はまばらでしたが、三連休初日ということもあってか県外からも来ていました。

菟橋神社

去年の月替わり御朱印は歳時記名所名跡御朱印としていつでも授与されるようになりました。
1御旅祭 令和元年5月御朱印
2茅の輪 令和元年6月御朱印
3芭蕉の句 令和元年7月御朱印
4夏詣・小松城守護社 令和元年8月御朱印
5水火祭 令和元年8月大祭
6義経弁慶祈願の松 令和元年9月御朱印
7御神木昇龍の松 令和元年10月御朱印
8即位の礼 令和元年10月22日
9大嘗祭 令和元年11月御朱印
10年越大祓 令和元年12月御朱印

菟橋神社
石川県小松市浜田町イ-233

越前福井 福井神社④

福井神社

福井市に鎮座する福井神社。令和改元の頃から月替わりの花が御朱印に描かれるようになりました。
二月の花は福寿草と

福井神社

梅です。1つもらうときは梅の方が人気あるようでした。

福井神社

今日は朝から雨が降って風も強かった。

福井神社

近代的な石造りの拝殿に参る。

福井神社

社務所前には御朱印の列が・・・想像以上に大人気のようです。
こんな荒天の日に前後10人ばかりの人が御朱印を求めにきました。

福井神社

以前は週末でも社務所が無人のことが多かったのですが、2年前の夏に福井市内の神社で社紋スタンプラリーが始まってから参拝する人も増えたんでしょうね。御朱印書いているのは手伝いの方ですが、御朱印をいただける可能性が増えたのは有難いです。

福井神社

去年授与された御朱印がありました。最初の頃は1種類だったんですね。

福井神社

社務所の前の沈丁花が早くも咲き始めていました。

福井神社
福井県福井市大手3丁目16−1

全国 天皇家ゆかりの神社・お寺めぐり

全国 天皇家ゆかりの神社・お寺めぐり
著者:渋谷申博
発行所:G.B.
発行日:2020年2月10日
ページ数:159ページ
天皇の聖蹟に建つ神社、勅願により建てられたお寺、天皇を祀る神社など、天皇家「ゆかり」という視点で収録する。ただ、「ゆかり」の基準に統一感がなく、かつすべての天皇が扱われているわけではないので中途半端な印象が拭えない。入門編としては紹介している数も多いのでおすすめ。

続きを読む 全国 天皇家ゆかりの神社・お寺めぐり

熱田神宮 神と人 心を結ぶ ご造営 創祀千九百年記念誌

熱田神宮 神と人 心を結ぶ ご造営 創祀千九百年記念誌
発行所:熱田神宮宮庁
発行日:2011年6月30日 非売品
ページ数:79ページ
創祀千九百年を記念した平成の本殿ご造営(改修)の記念行事をまとめた記念誌。奉賛者に配布されたものと想われる。普段近づいて見られない本殿の写真が載っている。
続きを読む 熱田神宮 神と人 心を結ぶ ご造営 創祀千九百年記念誌

天皇及偉人を祀れる神社

天皇及偉人を祀れる神社
著者:土方久元
発行所:帝国書院
発行日:1912年12月2日
ページ数:240ページ
定価:3円
天皇、公家、藩主、他郷土の偉人を祀る240社を掲載する。大正元年時点なので、海外神社は台湾神社のみ、各県の護国神社創立以前なので招魂社が複数社選ばれている。明治期までの顕彰の実態を知りうるとともに、収録される写真も貴重なものと言える。

続きを読む 天皇及偉人を祀れる神社