山梨縣護国神社

山梨縣護国神社

山梨縣護國神社は西南戦争以来の山梨県関係のご英霊25047柱を祀る。

山梨縣護国神社

社号標と二の鳥居

山梨縣護国神社

一の鳥居は境内の西、社前を通る道路に立っている。

山梨縣護国神社

父の像

山梨縣護国神社

階段を上ると三の鳥居が立つ。

山梨縣護国神社

四の鳥居の先に拝殿がある。雨が降っていたので、雨音だけがする静寂の空間。

山梨縣護国神社

拝殿に参る。

山梨縣護国神社

拝殿左方の社務所で御朱印をいただく。

山梨縣護国神社

拝殿右方に慰霊碑などが並んでいるので順に見ていく。
祓戸、社はないが祓戸社と同じものなのか

山梨縣護国神社

戦没戦友之霊碑

山梨縣護国神社

招魂斎庭、場所がよくわからないが、竹に囲まれた空間がある。

山梨縣護国神社

日本赤十字社山梨県支部 愛の燈

山梨縣護国神社

傷痍軍人之碑

山梨縣護国神社

摂社山梨宮、戦後の6年間護国神社は「山梨宮」と称したが、現在の御祭神は改名時に合祀していた一世の亀鑑、師表と仰がれた民間人八柱を別に祀る社として創建する。加賀美光章命(学者)、志村天目命(心学者)、関戸左近命(郡内の義民)、金子重右ヱ門命、三沢重右ヱ門命(太桝事件主唱者)、長田圓右ヱ門命(御嶽新道開削者)、徳島兵右ヱ門命(徳島堰開削者)、くり女命(節婦)の八柱に、平成十一年より山梨県出身の殉職自衛官十一柱を合祀する。

山梨縣護国神社

舞殿

山梨縣護国神社

豫科練の碑

山梨縣護国神社

衣第三〇四一部隊 慰霊の碑

山梨縣護国神社

満蒙開拓青少年義勇隊之碑

山梨縣護国神社

満蒙同胞援護会慰霊碑

山梨縣護国神社

故満鉄李家義勇隊之慰霊碑

山梨縣護国神社

二井義勇隊之碑

山梨縣護国神社

硫黄島戦没者慰霊碑

山梨縣護国神社

軍神若林東一顕彰碑。若林東一は山梨県出身の歩兵第228連隊第10中隊長だった人物。将校斥候として敵陣地を偵察した結果、警戒が不十分なのを知り独断で敵陣地を攻撃、九龍要塞の堅陣ジン・ドリンカーズ・ラインを一夜にして抜くという偉功を挙げる。

山梨縣護国神社

山梨県海軍戦没者慰霊碑

山梨縣護国神社

鳩三〇六三部隊戦没者鎮魂之碑

山梨縣護国神社
山梨県甲府市岩窪町608

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です