飛騨護国神社

飛騨護国神社

飛騨護国神社は西南の役以降の飛騨出身のご英霊6525柱を祀る。

飛騨護国神社

社殿は北向きに鎮座し、社前の堀に橋が架かる。旧高山城三の丸なので、堀は城跡に関係するものかもしれない。

飛騨護国神社

社号標と鳥居

飛騨護国神社

警友慰霊碑、殉職警察官の慰霊碑

飛騨護国神社

戦馬忠魂碑、軍用馬の慰霊碑

飛騨護国神社

階段の先に神門。階段脇に「飛騨招魂社」と書かれた旧社号標が立つ。

飛騨護国神社

神門をくぐるとまっすぐ拝殿への参道が延びる。拝殿に参る。

飛騨護国神社

護国神社の左隣に黄金神社

飛騨護国神社

一社に見えたが、実際は大神宮、祖霊殿社、黄金神社の三社が入る忠孝苑合祭殿と呼ばれる建物。
大神宮は伊勢大神を祀る。
祖霊殿社は大國主大神を主祭神とし、明治以降の飛騨地域の公の為に尽力した方々を祀る。
黄金神社は金山毘古神、金山毘賣神を主祭神とし、茂住宗貞主、宮島平左衛門主を配祀する。
同じ敷地に六社鎮座するが、すべて護国神社と摂末社関係はない単独神社という。

飛騨護国神社

忠孝苑合祭殿と護国神社は並んで建つ。

飛騨護国神社

忠孝苑合祭殿の左に久和司神社、御祭神は菓祖神の田道間守命、饅頭祖神の林浄因命で、菓子職人や菓子業者の崇敬を集める。

飛騨護国神社

左隅に飛騨匠神社、御祭神は木匠祖神の猪名部眞根大人、飛騨匠累代神璽、手置帆負神、彦挟知神を祀る。戦後高山大工組合により再建された。

飛騨護国神社

神蔵か

飛騨護国神社

護国神社の右の方の社務所で御朱印をいただこうと伺ったが留守のようだった。自宅の方へ行こうとしたところで帰ってこられたので今日運良く御朱印をいただけた。

飛騨護国神社
岐阜県高山市堀端町

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です