濃飛護国神社

濃飛護国神社

濃飛護国神社は岐阜県下のご英霊18910余柱を祀る。戊辰戦争で亡くなった大垣藩士54名を大垣藩で弔ったのが初めで、美濃・飛騨の英霊を祀るというが、現在の県庁所在地岐阜市岐阜護国神社、高山市に飛騨護国神社が建立され、県下の英霊が祀り分けされているのか、分霊されているのかはわからない。

濃飛護国神社

戦災で全焼し、戦後復興された。

濃飛護国神社

拝殿に英霊の冥福を祈る。

濃飛護国神社

拝殿右側に社務所があるが、窓に60メートル後方の大垣城滝の前というので行ってみる。

濃飛護国神社

社務所(管理事務所?)に訪ねる。
こちらでは濃飛護国神社の御朱印以外に、兼務社の常葉神社、大垣大神宮(ともに大垣公園に隣接)の御朱印もいただける。

濃飛護国神社

こちらからの入口には旧「官祭招魂社」の社標が立っている。

濃飛護国神社

大垣公園の南側入口に社標が立っている。
今日は昨日リリースされたポケモンGOをする人が公園にたくさんいた。

濃飛護国神社

大垣公園の案内板。南の大垣城ホールと北の大垣城の間の空白が濃飛護国神社の社地となる。

濃飛護国神社
岐阜県大垣市郭町2丁目5

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です