波佐谷城

所在地 石川県小松市波佐谷町
立地 丘陵頂部、標高102m
遺構 曲輪、土塁、堀、虎口
規模 400m X 160m
城主 宇津呂丹波、村上勝左衛門(村上頼勝家臣)
時期 戦国
駐車場 波佐谷公民館に数台停められる
訪城(登城口)のアクセス ★★★★
城内の散策路 ★★★★
遺構・縄張の残り具合 ★★★★
遺構の地表状態 ★★★
城館からの眺望 ★★
城館の見学時間(登城口から) ★★★
見学の服装 ★★★

波佐谷城案内(PDF)

配布カード

  • 波佐谷城 いしかわ城郭カード 波佐谷城 Ver.1.0

攻城月:2020年4月
踏査時間:約60分

波佐谷城
集落の中程にある波佐谷公民館に駐車する。

波佐谷城
裏手通りに北の方に矢印のある案内板があるが、行ってみても次の案内板が見当たらず引き返すことにした。

波佐谷城
もう一度公民館から、すぐ裏手の放棄地みたいなところに倒れている標柱を見つける。

波佐谷城
「埋蔵文化財包蔵地」の標柱。見ると奥に何かありそうだ。

波佐谷城
行ってみると、丘陵に上がる坂が見えてきた。

波佐谷城
濡れていると滑りそうな上り坂を行くと、ここは虎口かと思ったが、腰曲輪と上段を結ぶ道らしい。

波佐谷城
出丸に入ると木々のおかげか下草は思いのほか低く歩きやすそうだ。

波佐谷城
木々の合間から大杉谷川流域がチラッと見える。

波佐谷城
出丸は北側以外に土塁を伴っている。

波佐谷城
南側に少し低い曲輪があり、ここに井戸跡があるみたいだが藪でよくわからない。

波佐谷城
北には谷間(ムジナ谷と呼ばれる)が入り込み、向こうの丘陵に本丸と呼ばれる主郭がある。

波佐谷城
谷間に下りて本丸に向かう。最初の案内板はここに入ってくる案内だったと分かった。

波佐谷城
谷から本丸と出丸に分岐していて、どちらにとっても大手道になるようだ。

波佐谷城
出丸の尾根続きを遮断する堀切の中を行く。

波佐谷城
案内を確認しながら山道を進む。

波佐谷城
T字路になっている凹みを渡ると

波佐谷城
その凹みは竪堀である。

波佐谷城
竪堀に沿って上って行く。本丸手前で藪の方に入ってみる。

波佐谷城
横移動を妨げるように土塁と竪堀がある。さらに奥にも竪堀があるようだが藪が深いので諦めた。

波佐谷城
その辺りから上って本丸に入る。

波佐谷城
本丸は土塁に囲まれている。奥に井戸跡が見えた。

波佐谷城
南方隅に井戸跡があり、その形状をよく残している。

波佐谷城
井戸の背後の櫓台には石垣が残っている。

波佐谷城
櫓台に上ってみるが、現在は眺望がない。見えれば、真下に竪堀と虎口に続く細い道があるはずなのだが。

波佐谷城
櫓台から本丸を望む。

波佐谷城
出入口は右に傾斜がある。というのも遊歩道は虎口ではなく、土塁を越えているから。虎口は櫓台に隣接して設けられているが、現在は藪に覆われている。

波佐谷城
入口に標柱が建っている。

波佐谷城
入口の土塁上から本丸全体を望む。

波佐谷城
松岡寺跡への標柱まで戻ってくる。

波佐谷城
そこからの道のりの周囲は植林された自然地形が広がっているが、大勢が駐屯できそうだ。端のほうまで行けば土塁が見られるそうだが、藪をかなり歩かないといけない。

波佐谷城
丘陵を谷筋が走る。天然の竪堀のようになっている。この大きな谷筋が本丸・出丸のある城郭施設とほぼ城郭施設の残っていない平坦地を大きく分断している。

波佐谷城
谷筋に沿ってアップダウンしながら下っていく。

波佐谷城
途中に松岡寺跡への標柱が建っている。

波佐谷城
谷筋沿いに道が続く。

波佐谷城
松岡寺跡に向かう。ここから先は耕作されていた時期もあり、松岡寺と波佐谷城の遺構が判然としていない。

ふるさとを学ぶ歴史旅を提供する ふるさと探訪・再発見