能登 長楽寺

長楽寺

中能登町能登部の真言宗長楽寺。北陸三十三観音霊場である古刹であるが、2月13日に出火して本堂が焼けたと地元では一騒ぎだった。

近くまで来たので夕方であったが、状況を確認するために寄ってみた。

長楽寺

北陸三十三観音霊場で一昨年お参りさせていただいたのだが、山門をくぐって愕然としました。

長楽寺

本堂は基台しか残っていません。

火事では本堂、庫裏は全焼、トイレと倉庫の一部を焼いて約6時間後に消火されたという。

長楽寺

本堂に保管されていた町文化財「長楽寺石動山下山資料等一括」が焼失したといい、本尊で平安後期作の胎蔵大日如来、鎌倉時代作の弘法大師坐像など仏像、仏具、仏画計十五点のうち、山門を除くすべてが失われました。非常に残念なことですが、これからの復興に向けて地元の負担は幾ばかりかと思いやらずにはいられません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です