能登 地福院

瑞鳳山地福院

穴水町にある高野山真言宗の地福院。本尊は弥勒菩薩。
今日は能登ふるさと博の秘宝めぐりで、特別拝観をお願いして参詣に来ました。

瑞鳳山地福院

入口は明王院の標柱が建っている。
隣の空き地に駐車し、階段を上っていく。

瑞鳳山地福院

今は寺に至る道はあじさいロードになっている。

瑞鳳山地福院

右手に山門が建つ。

瑞鳳山地福院

山門右に六地蔵。

瑞鳳山地福院

山門正面で道は西へ折れ、明王院の石垣とあじさいが続いている。

瑞鳳山地福院

山門をくぐると庭には羅漢槇。樹齢750年の巨木で、県内随一の高さ。
根元に羅漢像がある。

瑞鳳山地福院

山門を入るとすぐ右手には宝篋印塔

瑞鳳山地福院

左手に本堂が建つ。

瑞鳳山地福院

地福院は崖地の脇に建つので、境内からは穴水湾を眼下に見ることができる。
本堂に入り、本尊右の部屋で両頭愛染明王像を見せていただいた。愛染明王と不動明王の2つの顔を持つ珍しい仏像でした。本尊の弥勒菩薩像と両頭愛染明王像はともに鎌倉期作と言われている。

今回の御朱印は特別拝観の両頭愛染明王になります。

瑞鳳山地福院

実は当寺に来たのは2度目です。1回目は平成28年6月4日
2年前は集落の鎮守、神杉伊豆牟比咩神社に参拝に来て、集落内の寺院を回りました。中居集落には神社が2社あり、寺院が6社あるという密集率が珍しい。神杉伊豆牟比咩神社は六所大権現とかつて言われ、地福院は別当寺でした。往時の繁栄ぶりがうかがえます。しかし、現在はほとんどの寺院が一般職業との兼業らしく、留守が多くなっているという。

当日は偶然にも10年に1日の御本尊の開帳日で、神社で教えてもらって行ったときにはすでに閉じていた(檀家への接待が始まっていた)のですが、わざわざ開けてお詣りさせていただきました。貴重な体験だったのですが、2年も経つと御本尊様の記憶がないのです。写真を見ると角塔婆が建てられたばかりで新しい。

瑞鳳山地福院

あまり天候の良い日ではなく、強風も吹いていたようです。特別な日だったという記憶だけが強く残っています。

瑞鳳山地福院
石川県鳳珠郡穴水町中居ワ112-1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です