高岡 瑞龍寺

瑞龍寺

高岡市にある曹洞宗の瑞龍寺。加賀藩三代前田利常が二代利長の菩提を弔うため建立した。
山門、仏殿、法堂が国宝に、総門、禅堂、大庫裏、回廊、大茶堂が重要文化財に指定されている。

瑞龍寺

総門から山門への通路。本来は道の左右に砂紋が引かれているそうだが、現在工事道具が置かれていて立入禁止になっている。

瑞龍寺

山門には仁王像。昼過ぎに行ったが逆光だったので撮影は午前中が良さそうだ。

瑞龍寺

山門前の石の上に建つと、山門越しに仏殿、法堂がすっぽり収まる。

瑞龍寺

左手の空き地には東司があった。

瑞龍寺

今は本尊の釈迦如来の他に、東司の守り神烏枢沙摩明王の御朱印をいただける。

瑞龍寺

回廊側には烏枢沙摩明王像。元々東司に祀られていた像は現在法堂に祀られている。

瑞龍寺

右手の空き地には浴室があった。
先の東司と浴室の復元を目指していて、揃えば禅宗の典型的な七堂伽藍になる。
禅宗の左右対称の建物配置は美しい。

瑞龍寺

浴室の守護神は跋陀婆羅菩薩。

瑞龍寺

山門から仏殿への通路沿いには燈籠が並ぶ。
左手には禅堂

瑞龍寺

重要文化財に指定されている禅堂は、京都東福寺、宇治万福寺と3つのみである。

瑞龍寺

右手には大庫裏。
前の向拝は神仏分離で砺波の千光寺に売却されたが、復元にあたり返却されたもの。

瑞龍寺

庫裏に祀られているのは韋駄尊天。

瑞龍寺

仏殿

瑞龍寺

中央に御本尊の釈迦如来、左右に文殊菩薩、普賢菩薩を祀る。

瑞龍寺

一番奥に法堂

瑞龍寺

中央内陣に前田利長の御位牌が安置されている。

瑞龍寺

内陣の天井には四季の百花草が描かれているようだが、かなり退色して分かりづらい。

瑞龍寺

法堂の左手、回廊の外に石廟が5つ並んでいる。
手前から前田利長、前田利家(利長の父)、織田信長(利長の舅)、信長の側室正覚院(利長の正室永の母)、織田信忠(信長の嫡子で永の兄)

瑞龍寺

石廟内にはそれぞれに越前式の宝篋印塔がある。

瑞龍寺

利長の石廟は他とは違い、壁面に二十五菩薩を刻んでいる。

瑞龍寺

今日も暑い日で、こういう日は日陰の回廊が救われる。
回廊は山門から法堂までの長さがあるのでとても長い。

瑞龍寺

入口から東に八丁道と呼ばれる道が870mまっすぐに延びる。

瑞龍寺

その先には利長の墓所があり、八丁道は墓参道だったのだ。

高岡山 瑞龍寺
富山県高岡市関本町35

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です