能登立国1300年

能登国は養老二年(718)に越前国から分離独立した。平成30年は能登国の立国から1300年の節目の年であり、様々な企画が予定されている。


    ●能登国の歴史

・養老二年(718)越前国から分離独立(羽咋、能登、鳳至、珠洲の四郡)
・天平一三年(741)越中国に合併消失
・天平勝宝九年(757)越中国から分離独立、再立国される。

・国府の場所はいまだ不明
・国分寺は承和一〇年(843)、能登臣氏の氏寺とみられる定額大興寺を転用して創建される。


    ●能登国の社寺

    羽咋郡
    能登郡
    鳳至郡
    珠洲郡

    ●記念イベント

    平成29年11月
    11・12日
    プレイベント 能登立国1300年記念「こしのくに国府サミットin七尾-こしのくにの特産品-」

  • こしのくに国府サミット
    平成30年1月
    1日から12月31日
    前田家ゆかり二古刹共同企画 能登立国千三百年記念御朱印

  • 妙成寺
    妙成寺
  • 総持寺祖院
    總持寺祖院
  • 8日から3月18日
    能登ふるさと博・冬(「ほっと石川」観光キャンペーン実行委員会)
     ~毎年春と秋に開催される「能登ふるさと博」を能登立国1300年を記念して今年は通年開催

  • 能登ふるさと博・冬
    平成30年3月
    11日
    能登和倉万葉の里マラソン2018

    ●関連書籍・図録

39歳を目前にして御朱印デビュー! 日本全国の寺院の御朱印と参詣・巡拝の旅