越前勝山 平泉寺白山神社

平泉寺白山神社

勝山市に鎮座する平泉寺白山神社。

平泉寺白山神社

社殿は南向き。今年はこれでも雪が少ないらしいが、一面の深い雪に覆われている。

平泉寺白山神社

踏み固められた一本道を通り。一の鳥居へ

平泉寺白山神社

鳥居をくぐって左に社務所が建っている。旧玄成院で帰りにここで御朱印をいただいた。

平泉寺白山神社

一面の雪の中を二の鳥居へ

平泉寺白山神社

二の鳥居は中央に屋根のつく神仏習合の名残を残すものであり、「白山三所大権現」の大額が掛かる。

平泉寺白山神社

拝殿には「中宮平泉寺」の扁額が掛かる。平泉寺は白山信仰越前馬場の中心地であった。

平泉寺白山神社

拝殿裏の本社への階段も雪に覆われている。急な階段なので滑りやすい。

平泉寺白山神社

本社には「白山妙理大権現」の扁額が掛かる。白山の御前峰の神。

平泉寺白山神社

左の大汝社には「越南知大権現」の扁額が掛かる。白山の大汝山の神。

平泉寺白山神社

右の別山社には「別山大権現」の扁額が掛かる。白山の別山の神。

平泉寺白山神社

別山社の右、さらに奥へ三宮への道が続く。こちらは踏み跡もない。

平泉寺白山神社

一番乗り気分で三宮へ。三宮の手前左に楠木正成供養塔がある。

平泉寺白山神社

三宮の御祭神は栲幡千々姫尊。後ろから越前禅定道の登山口となっている。

平泉寺白山神社

境内社

平泉寺白山神社

平泉寺の名称の由来となっている御手洗池、別名平泉。

平泉寺白山神社

駐車場からは経ヶ岳が真っ白になっているのが見えた。

平泉寺白山神社
福井県勝山市平泉寺町平泉寺

越前丸岡 国神神社

国神神社

坂井市に鎮座する国神神社。御雄祭神は椀子皇子、振姫命と應神天皇を合祀する。椀子皇子は第26代継体天皇の第二皇子。延喜式坂井郡の比定社。

国神神社

丸岡城の南麓に鎮座する。社殿は西向き。

国神神社

社前に道路にはみ出して御神木のタブの木が大きく茂っている。タブは神社が当地に遷座する以前よりあったという。

国神神社

年越の祓で設置されたであろう茅の輪をくぐって、拝殿に参る。境内は一面の雪に覆われ、今も降り続いている。

国神神社

狛犬の白い雪帽子を被っている。

国神神社

境内社は拝殿右に稲荷社。帰りに社務所で御朱印をいただく。

国神神社
福井県坂井市丸岡町石城戸町1丁目2

加賀金沢 田井菅原神社 献上鏡餅

田井菅原神社

正月に田井菅原神社にやってきた。

田井菅原神社

境内社にも正月らしい供物が供えられている。

田井菅原神社

今日の目的は拝殿の中に

田井菅原神社

第12代藩主前田斉広公の初めてのお国入りを祝って献上された鏡餅が飾られている。鏡餅は三点セットで、中央が床飾り餅、右が蓬莱飾り、左が櫓餅といい、米俵約5個半使用される。現在は蠟製の模倣品で、年末に氏子の協力で設置される。全国的には白のみの鏡餅であるが、金沢近郊では紅白2色が一般的で、上が紅、下が白である。献上された鏡餅はその逆なので、藩主に遠慮して民は逆に飾ったともいう。通常小正月の15日までに徹下される鏡餅であるが、当神社では縁起物に広く触れてほしいという意図から1月末頃まで飾られている。

田井菅原神社
石川県金沢市天神町1丁目3−20

大和橿原 橿原神宮

橿原神宮

橿原市に鎮座する橿原神宮。御祭神は初代神武天皇と皇后の媛蹈韛五十鈴媛命。畝傍山の麓に鎮座する。

橿原神宮

北参道より入る。冬の夕暮れは早い。すでに薄暗くなっている。

橿原神宮

北神門が見えてきた。

橿原神宮

外拝殿は大きい。大きさにやや圧倒される。

橿原神宮

外拝殿に参る。その先には内拝殿と本殿がある。社殿は東向き。

橿原神宮

すでに来年の干支の絵馬が飾られている。

橿原神宮

南神門授与所で御朱印をいただく。

橿原神宮

南神門を出て南の深田池沿いに進む。

橿原神宮

末社長山稲荷社

橿原神宮

帰りは表参道より出る。

橿原神宮

北にある神武天皇御陵に行く。

橿原神宮

御陵前の拝所にて参る。いつかは皇陵巡礼もしたい。

橿原神宮
奈良県橿原市久米町934

大和橿原 鷺栖神社

鷺栖神社

橿原市に鎮座する鷺栖神社。御祭神は右殿に天児屋根命、中殿に誉田別命、左殿に天照皇太神の三柱。延喜式高市郡の鷺栖神社靫の比定社。

鷺栖神社

藤原宮跡の西に西向きに鎮座。

鷺栖神社

社前には飛鳥川が流れる。

鷺栖神社

境内に入ると左手に社務所らしき建物があるが無人であった。

鷺栖神社

柿本人麻呂の歌碑

鷺栖神社

鳥居をくぐって参道を進むと拝殿。その前に二の鳥居が立つ。

鷺栖神社

拝殿の先に本殿が見える。

鷺栖神社

本殿は塀垣に囲まれる。前の拝所に参る。

鷺栖神社
奈良県橿原市四分町305

大和飛鳥 飛鳥坐神社

飛鳥坐神社

明日香村に鎮座する飛鳥坐神社。御祭神は八重事代主神、飛鳥神奈備三日女神、大物主神、高皇産霊神。延喜式高市郡の比定社で明神大社。

飛鳥坐神社

元伊勢笠縫邑の伝承地のひとつでもある。

飛鳥坐神社

変わった形状の手水

飛鳥坐神社

鳥居をくぐって左に社務所

飛鳥坐神社

祓戸社

飛鳥坐神社

階段を上ると右に折れ、そこに境内社が並ぶ。

飛鳥坐神社

さらに階段を上って進むと授与所のような建物があり、次は左に曲がる。

飛鳥坐神社

突き当たりに西良殿と神楽殿。

飛鳥坐神社

西良殿の束に仮面のような彫物がしてある。笑い顔のようで面白い。

飛鳥坐神社

西良殿の前に拝殿が南向きにある。

飛鳥坐神社

拝殿に参る。御簾が途中まで上げられ、本殿が見えるようで見えない。

飛鳥坐神社

拝殿の近くに寒桜が咲いていた。

飛鳥坐神社

拝殿から東へ進むと境内には多くの境内社が鎮座する。

飛鳥坐神社

境内社は合祭社もあれば一社単独のものもある。

飛鳥坐神社

末社白鬚神社

飛鳥坐神社

末社八阪神社と金比羅神社。間に男根と女陰の陰陽石が祀られている。境内には他にも陰陽石が祀られ、社務所にはちんちん鈴という授与品も頒布されている。

飛鳥坐神社

奥の社、御祭神は天照皇大神と豊受大神で、この社が元伊勢の根拠となっているようだ。

飛鳥坐神社

末社飛鳥山口坐神社、御祭神は大山津見乃神、久久乃知之神、猿田彦乃神。延喜式高市郡の比定社。

飛鳥坐神社
奈良県高市郡明日香村飛鳥707

大和御所 葛城一言主神社

葛城一言主神社

御所市に鎮座する葛城一言主神社。御祭神は葛城一言主大神で、幼武尊を配祀する。延喜式葛上郡の比定社で明神大社。葛城山の西麓に鎮座する。

葛城一言主神社

北から神社へ向かう道路

葛城一言主神社

途中鳥居がある。

葛城一言主神社

社殿は東向き。階段を上って境内に入る。

葛城一言主神社

階段下に手水と祓戸社がある。

葛城一言主神社

階段を上ると左に樹齢1200年を越えるという御神木の大イチョウ。

葛城一言主神社

拝殿に参る。

葛城一言主神社

境内に立つ旗や看板でさかんに見る「一陽来復守り」

葛城一言主神社

自分にはなじみがないが、冬至の2日前から節分までに限り授与されるお守りで、魔を滅し福に転ずるという無事息災のお守り。今年の冬至は昨日だったので、今日も参拝者は多い。

葛城一言主神社

拝殿右に蜘蛛塚。謡曲土蜘蛛の題材ともなった供養塔

葛城一言主神社

本殿右に境内社が並ぶ。一言稲荷神社

葛城一言主神社

その右に四社並ぶ。市杵島社、天満社、住吉社、一番奥が八幡社と神功皇后社の合祭社となっている。

葛城一言主神社

帰りに社務所で御朱印をいただき、東の国道24号線へ向かう途中に鳥居が立っている。
御朱印には参拝日が書かれていない、という意味では神札のような体裁だ。

葛城一言主神社
奈良県御所市森脇432

近江犬上 胡宮神社

胡宮神社

多賀町に鎮座する胡宮神社。御祭神は伊邪那岐大神、伊邪那美大神の二柱。延喜式犬上郡の多何神社の論社。

胡宮神社

裏参道入口の駐車場に停め、境内に入る。左に歴史民俗資料館は平成12年に閉館している。

胡宮神社

胡宮神社と名神高速多賀SAの一帯は中世の大寺院敏満寺のあったところで、胡宮神社は胡宮大明神と呼ばれ、敏満寺の守護神として祀られていた。織田信長により焼き討ちにあった後、神社境内として整備されたときに井戸に散乱していた焼石や五輪塔を投げ込んだといい、この古井戸と井戸を掘り返して出てきた石塚が旧敏満寺を偲ばせる。

胡宮神社

境内のすぐ南を名神高速が走り、平野が琵琶湖まで広がる。

胡宮神社

絵馬殿

胡宮神社

まさしく絵馬が架かる。

胡宮神社

福祉会館と重源上人のレリーフが建つ。

胡宮神社

拝殿へと続く道があるが、ひとまず表参道へ向かう。

胡宮神社

高速高架下から表参道が延びる。高架下あたりにかつて仁王門があったという。

胡宮神社

表参道の階段は広い。

胡宮神社

階段を上ったところに神輿倉。

胡宮神社

拝殿下の平地にはかつて敏満寺の金堂が建っていたという。

胡宮神社

胡宮神社のかつての別当福寿院へ続く参道。階段の脇には石垣が積まれ、砦機能を持った敏満寺の姿を想像させる。

胡宮神社

旧福寿院、現在は社務所となっている。

胡宮神社

社務所の東に名勝となった庭園があり、書院から鑑賞するように池と奥の築山につつじなどが植えられた鑑賞式林泉園の庭園である。

胡宮神社

庭園から一段上がったところに観音堂、本尊は石像楊枝観世音菩薩

胡宮神社

隣に無数の石仏群が祈りの世界を広げる。

胡宮神社

大日堂

胡宮神社

大日堂と本殿の出入口門の両側に塀が建つが、老朽化でかなり痛んでいる。

胡宮神社

門をくぐると奥にむかって参道が続く。胡宮神社の奥宮の磐座への参道。胡宮神社の神体山の青龍山の頂上には大きな磐座があり、その遙拝所として奥宮があるという。

胡宮神社

本殿右に境内社が二社。

胡宮神社

拝殿に参る。といっても本殿は現在屋根を修復中で、境内の熊野神社へ遷座中という。

胡宮神社

寿命石・枕石。重源上人は東大寺再興を願い延寿を胡宮神社で祈ったという。

胡宮神社

拝殿左に斎館。授与所らしき窓口もあるがこちらも無人。

胡宮神社

遷座中の熊野神社

胡宮神社
滋賀県犬上郡多賀町敏満寺49

近江犬上 多賀大社

多賀大社

多賀町に鎮座する多賀大社。御祭神は伊邪那岐大神、伊邪那美大神の二柱。延喜式犬上郡の多何神社の論社。

多賀大社

社前にはみやげ店が並ぶ。

多賀大社

社殿は西向き。社前には堀が巡る。

多賀大社

御神門の前に石橋の太閤橋が架かる。本来は形状から太鼓橋であるが、太閤秀吉の崇敬が篤かったことから太閤橋と呼ばれるようになったという。

多賀大社

太閤橋を渡ると右に境内社の愛宕神社と秋葉神社。

多賀大社

左に境内社の天満神社。

多賀大社

御神門からまっすぐ参道が延び、拝殿が見える。

多賀大社

御神門をくぐると右に神馬舎。

多賀大社

拝殿に参る。

多賀大社

拝殿の左に授与所があり、御朱印をいただいた。

多賀大社

社務所前に絵馬殿

多賀大社

絵馬殿にたがゆいちゃんの看板がある。多賀町のゆるキャラだ。

多賀大社

拝殿右に能舞台がある。

多賀大社

能舞台後ろに寿命石。重源上人が二十年の延命を感得する霊験をいただいた際のゆかりの石という。

多賀大社

境内社年神神社と竈神社。

多賀大社

右が三宮神社と聖神社。左が天神神社、熊野神社、熊野新宮。

多賀大社

一番奥に金咲稲荷神社が鎮座する。

多賀大社

次に社務所より北を行く。文庫は幕末の大祢冝車戸宗攻の邸内にあって、長州や土佐の志士らと密議を行った場所という。

多賀大社

大釜。徳川幕府から寛永11年と元禄11年の正遷宮を記念して奉納された御湯神事の調度という。

多賀大社

神輿庫と鐘楼

多賀大社

太閤蔵。太閤秀吉公が生母大政所の病気平癒を祈願し、全快のお礼として米一万石を奉納したといい、その寄進により築造された一つという。

多賀大社

参集殿

多賀大社

夷神社、御祭神は事代主神。この辺りは境内にあった不動院、般若院、成就院、観音院の四つの神宮寺のうちの、般若院があったところという。

多賀大社

西参道の入口には神明両宮、子安神社、日向神社。

多賀大社

摂社日向神社、御祭神は瓊瓊杵尊。延喜式犬上郡日向神社の比定社。

多賀大社
滋賀県犬上郡多賀町多賀604

多賀大社

大釜。徳川幕府から寛永11年と元禄11年の正遷宮を記念して奉納された御湯神事の調度という。

多賀大社

神輿庫と鐘楼

多賀大社

太閤蔵。太閤秀吉公が生母大政所の病気平癒を祈願し、全快のお礼として米一万石を奉納したといい、その寄進により築造された一つという。

多賀大社

参集殿

多賀大社

夷神社、御祭神は事代主神。この辺りは境内にあった不動院、般若院、成就院、観音院の四つの神宮寺のうちの、般若院があったところという。

多賀大社

西参道の入口には神明両宮、子安神社、日向神社。

多賀大社

摂社日向神社、御祭神は瓊瓊杵尊。延喜式犬上郡日向神社の比定社。

多賀大社
滋賀県犬上郡多賀町多賀604

大和桜井 狭井神社

狭井神社

桜井市に鎮座する狭井神社。御祭神は大物主大神の荒魂を主祭神とする。延喜式城上郡の狭井坐大神荒魂神社の比定社。

狭井神社

大神神社摂社で、拝殿北のくすり道から向かう。

狭井神社

摂社だが社号標がある。

狭井神社

階段を上り、大神神社と同じような木々の間に注連縄を掛けた鳥居をくぐって境内に入る。

狭井神社

拝殿に参る。拝殿の屋根は苔生している。

狭井神社

拝殿左にご神水があり、多くの人が水を汲んでいる。狭井神社には本殿がある。

狭井神社

ご神水は三輪山から湧き出た霊水である。

狭井神社

拝殿右から大神神社の神体山の三輪山への登山口がある。許可が必要でこの先は撮影禁止である。

狭井神社
奈良県桜井市三輪

大和桜井 久延彦神社

久延彦神社

桜井市に鎮座する久延彦神社。御祭神は久延毘古命。

久延彦神社

大神神社末社で、拝殿の北、くすり道から向かう。

久延彦神社

途中西に分岐する。

久延彦神社

大美和の杜展望台からの眺望、奥に金剛山と葛城山、その手前に畝傍山と耳成山、大鳥居も見える。右端に二上山、左端に香久山が見える。

久延彦神社

社殿に着いた。社殿は南向き。

久延彦神社

本殿に参る。左の授与所で御朱印をいただく。

久延彦神社

表参道は三輪山の麓から長い階段を上る。

久延彦神社
奈良県桜井市三輪

大和一の宮 大神神社

大神神社

桜井市に鎮座する大神神社。御祭神は大物主大神を主祭神とし、大己貴神と少彦名神を配祀する。延喜式城上郡大神大物主神社の比定社で明神大社、大和国一宮。

大神神社

日本三大鳥居に数えられる大鳥居。背後に神体山の三輪山がそびえる。

大神神社

社叢の入口に社号標と二の鳥居が立つ。

大神神社

参道の左、初めに鎮座するのは末社祓戸神社。

大神神社

次に夫婦岩、この磐座は大物主大神と活玉依姫の恋の物語である三輪山説話を伝える古蹟とされる。

大神神社

階段の先に拝殿が見えてきた。

大神神社

衣掛杉、謡曲三輪で知られる玄賓僧都の衣を掛けたという御神木。

大神神社

最後に木々の間に注連縄を掛けた鳥居をくぐって拝殿に参る。

大神神社

大神神社は本殿がなく、三輪山を詣るための拝殿のみがある。御朱印は拝殿左の参集殿の中でいただく。

大神神社

狭井神社へ向かう途中に三社の摂末社がある。
摂社活日神社、御祭神は高橋活日命。杜氏の祖神として酒造関係者に崇敬される。

大神神社

摂社磐座神社、御祭神は少彦名神。

大神神社

末社市杵嶋姫神社、御祭神は市杵嶋姫命。

大神神社
奈良県桜井市三輪1422

大和天理 石上神宮

石上神宮

天理市に鎮座する石上神宮。物部氏の総氏神として創建される。御祭神は布都御魂大神、布留御魂大神、布都斯魂大神を主祭神とし、宇摩志麻治命、五十瓊敷命、白河天皇、市川臣命を配祀する。延喜式山辺郡石上坐布都御魂神社の比定社。

石上神宮

社号標と大鳥居。

石上神宮

参道を進むと神鶏が参道で遊んでいる。

石上神宮

廻廊と楼門が見えてきた。社殿は参道を90度曲がって南向きになる。

石上神宮

拝殿に参る。まだ9時前だったので朝の祈りが捧げられている最中だった。

石上神宮

楼門前の一段高い場所に摂末社が祀られている。

石上神宮

摂社出雲建雄神社の拝殿。もとは神仏分離令で廃絶した内山永久寺の住吉社の拝殿だった。

石上神宮

左に二社。

石上神宮

摂社天神社、御祭神は高皇産霊神、神皇産霊神。

石上神宮

摂社七座社、御祭神は生産霊神、足産霊神、魂留産霊神、大宮能売神、御膳都神、辞代主神の七座を祀る。

石上神宮

右に二社。左が摂社出雲建雄神社、御祭神は布都斯魂大神の御子神、延喜式山辺郡の論社。右が末社猿田彦神社、御祭神は猿田彦神を主祭神とし、底筒男神、中筒男神、上筒男神、息長帯比売命、高靇神を配祀する。

石上神宮

境内に戻ってくると祭壇ができていた。8日はお火焚祭が行われる日のようだ。

石上神宮

神鶏は休憩所に集まっている。

石上神宮

授与所で御朱印をいただく。神鶏のおみくじが愛らしい。

石上神宮
奈良県天理市布留町384

武蔵江戸 芝東照宮

芝東照宮

東京都港区に鎮座する芝東照宮。御祭神は徳川家康公。

芝東照宮

社殿は東向き。もとは増上寺安国殿であり、御祭神は徳川家康公の御神像、生きている間に作った寿像である。現在も増上寺の南に鎮座する。

芝東照宮

参道を進み鳥居をくぐって一段上がると、鳥居の礎石らしきものだけが残る。

芝東照宮

拝殿に参る。

芝東照宮

芝東照宮は戦災によりほとんどが焼失し、この家光公お手植えの公孫樹(大イチョウ)と、家康公の寿像のみが残った。

芝東照宮

境内に井戸がある。

芝東照宮
東京都港区芝公園4丁目8−10

武蔵江戸 神田神社

神田神社

東京都千代田区に鎮座する神田神社。御祭神は大己貴命、少彦名命、平将門命。江戸総鎮守と称して東京の守護神として崇敬される。

神田神社

社殿は東向き

神田神社

随神門

神田神社

神馬のポニーは人気者

神田神社

鳳凰殿は参拝受付と授与所、参拝者休憩所を兼ねた建物になる。

神田神社

拝殿に参って、社務所で御朱印をいただく。

神田神社

拝殿右に獅子の子落としを彫刻した獅子石

神田神社

拝殿の横から本殿裏にかけて境内社が並ぶ。魚河岸水神社

神田神社

小舟町八雲神社

神田神社

大伝馬町八雲神社

神田神社

江戸神社

神田神社

浦安稲荷神社

神田神社

鳳れん・神輿奉安殿

神田神社

三宿稲荷・金刀比羅神社

神田神社

末廣稲荷神社

神田神社

籠祖神社

神田神社

祖霊社・顕忠碑

神田神社

明神男坂は急な階段だ。

神田神社
東京都千代田区外神田2−16−2

信濃一の宮 諏訪大社下社秋宮

諏訪大社下社秋宮

下諏訪町に鎮座する諏訪大社の下社秋宮。御祭神は建御名方神と八坂刀売神。

諏訪大社下社秋宮

春宮より駐車場が広い。参道は西向きだが、境内は南西に向いている。

諏訪大社下社秋宮

鳥居を入ると大きな御神木、根入りの杉と呼ばれ、樹齢600年を越え丑三つ時には寝入りいびきが聞こえるという。

諏訪大社下社秋宮

杉を過ぎると神楽殿が見えてくる。

諏訪大社下社秋宮

神楽殿の左、神宮遙拝所がある。諏訪大社の四社では初めて見た。

諏訪大社下社秋宮

拝殿左に境内社四社。末社鹿島社、御祭神は武甕槌命。

諏訪大社下社秋宮

中央が末社賀茂上下社、御祭神は上賀茂大神と下鴨大神。右が末社八坂社、御祭神は素戔嗚尊、八柱御子神、奇稲田姫命。左は末社子安社、御祭神は高志奴奈河姫命。

諏訪大社下社秋宮

右片拝殿の隅に二之御柱。

諏訪大社下社秋宮

奥に三之御柱。

諏訪大社下社秋宮

幣拝殿に参る。前にそびえるのは三葉の松で、昭和天皇・皇后が参拝した展覧の白松とも言われる。

諏訪大社下社秋宮

左片拝殿の隅に一之御柱。

諏訪大社下社秋宮

奥に四之御柱。

諏訪大社下社秋宮

拝殿の右に境内社三社。中央が摂社若宮社、御祭神は建御名方彦神別命、他12神。右が末社稲荷社、御祭神は倉稲魂神、佐田彦命、大宮売命。左が末社皇大神宮社、御祭神は天照大神、豊受大神。

諏訪大社下社秋宮

社務所の前に龍の口から出る御神湯。

諏訪大社下社秋宮

入口の鳥居の左に千尋池と末社千尋社。

諏訪大社下社秋宮

社前の八幡山に末社八幡社と

諏訪大社下社秋宮

末社恵比寿社、御祭神は諏訪大神の父神大国主神と兄神事代主神を祀る。

諏訪大社下社秋宮

斎館前の駐車場に入る長生橋

諏訪大社下社秋宮

入口の案内板には「霞ヶ城跡(手塚城)」が説明されている。当地は下社の神官金刺氏の居城跡で、金刺光盛は木曽義仲に従って倶利伽羅峠の戦い、篠原の戦いと奮戦したという。

諏訪大社下社秋宮

この辺りから東に諏訪湖が見える。

諏訪大社下社秋宮

駐車場には金刺光盛の兄、大祝金刺盛澄の像がある。弓馬の達人だったということで流鏑馬の像となっている。

諏訪大社下社秋宮

当社で諏訪大社四社の御朱印をいただいたことになるが、四社すべて御朱印を集めた参拝者は家紋入りの干菓子をいただける。

諏訪大社下社秋宮
長野県諏訪郡下諏訪町5828

信濃一の宮 諏訪大社下社春宮

諏訪大社下社春宮

下諏訪町に鎮座する諏訪大社の下社春宮。御祭神は建御名方神、八坂刀売神。

諏訪大社下社春宮

社前の駐車場に車を停め、神社へ向かう。

諏訪大社下社春宮

入口は工事中だった。

諏訪大社下社春宮

少し回り込んで入ると、鳥居の修復中だろうか。

諏訪大社下社春宮

少し坂を上って社殿に向かう。

諏訪大社下社春宮

正面は神楽殿。

諏訪大社下社春宮

右に結びの杉という大杉がそびえる。

諏訪大社下社春宮

杉と拝殿の間に二社並んでいる。末社上諏訪社、御祭神は建御名方神。

諏訪大社下社春宮

摂社若宮社、御祭神は建御名方彦神別命、他12神。

諏訪大社下社春宮

左片拝殿片拝殿の隅に一之御柱。

諏訪大社下社春宮

奥に四之御柱が見える。

諏訪大社下社春宮

幣拝殿に参る。

諏訪大社下社春宮

右片拝殿片拝殿の隅に二之御柱。

諏訪大社下社春宮

奥に三之御柱。

諏訪大社下社春宮

左に二社並んでいる。末社児安社、御祭神は高志奴河姫命。

諏訪大社下社春宮

筒粥殿、特殊神事のひとつ筒粥神事が行われる建物

諏訪大社下社春宮

境内の西を流れる砥川の中州に末社浮島社が建つ。大祓、夏越の祓が行われる。

諏訪大社下社春宮

さらに西岸に渡ると、万治の石仏がある。

諏訪大社下社春宮

春宮の鳥居を造るためにノミを入れたところ、傷口から血が流れ出したという伝説のある石仏。とても穏やかな顔と風貌だ。

諏訪大社下社春宮

社前から南へ800m延びる道路は馬場だったという。中間から神社寄りに下馬橋がある。

諏訪大社下社春宮

国道20号線、旧中山道との交差点に大鳥居が立つ。

諏訪大社下社春宮

下社春宮を参拝した後、もう一度回ったところがある。大鳥居の少し南に立つ大灯籠。

諏訪大社下社春宮

春宮から秋宮の間に矢除石と龍の口がある。矢除石は慈雲寺の天桂和尚が矢除けの霊力がある石として、武田信玄に念力のこもった矢除札を授けたという伝説がある。

諏訪大社下社春宮

龍の口は慈雲寺の門前にあり、中山道を往来した旅人ののどを潤したという。

諏訪大社下社春宮
長野県諏訪郡下諏訪町193

信濃一の宮 諏訪大社上社前宮

諏訪大社上社前宮

茅野市に鎮座する諏訪大社の上社前宮。御祭神は建御名方神、八坂刀売神。

諏訪大社上社前宮

社殿の駐車場に車を停める。

諏訪大社上社前宮

鳥居の先に階段が見える。社殿は北向き。

諏訪大社上社前宮

鳥居をくぐって右手の森の中に溝上社、御祭神は高志奴奈河比売命。御射山へ出発する際に最初に参詣された社という。

諏訪大社上社前宮

二の鳥居の左右に建物が見える。

諏訪大社上社前宮

前宮の周辺には史跡が点在するらしい。

諏訪大社上社前宮

階段の右手に若御子社、建御名方神の御子神を祀る。

諏訪大社上社前宮

鳥居をくぐると左に十間廊、中世まで祭政を行った政庁。

諏訪大社上社前宮

右には内御玉殿、諏訪大神の祖霊が宿る御神宝を安置していた御殿。

諏訪大社上社前宮

御室社。中世まで半地下式の土室が作られ、神官らが蛇形の御体と称する大小のミシャグジ神とともに冬ごもりした遺跡という。

諏訪大社上社前宮

ようやく拝殿が見えてきた。

諏訪大社上社前宮

振り返ると南方は開けて、とても景色がいい。

諏訪大社上社前宮

拝殿に参る。

諏訪大社上社前宮

拝殿左に水眼(すいが)と呼ばれる清流が流れる。その先に二之御柱が立っている。ここから時計回りに回ってみる。

諏訪大社上社前宮

拝殿の左後方に三之御柱が立っている。

諏訪大社上社前宮

前宮には本殿がある。その後方をまわる。

諏訪大社上社前宮

拝殿右後方の四之御柱

諏訪大社上社前宮

拝殿右前方の一之御柱

諏訪大社上社前宮

下りてきて社務所で御朱印をいただく。本宮と比べると参拝者は圧倒的に少ないが、神域の雰囲気はよい。

諏訪大社上社前宮

社務所から西に少し回り込む。諏訪照雲頼重の供養塔

諏訪大社上社前宮

前宮は中世まで大祝の居館があり、神殿(ごうどの)と呼ばれていた。その居館に附属する社殿が元になっている。

諏訪大社上社前宮

弓立石、別名矢立石と呼ばれる烏帽子状の立石で、周辺に的場や馬場があったと言われる。

諏訪大社上社前宮

駐車場に戻る。駐車場の一画には摂社荒玉社が鎮座する。稲の御霊を祀るという。

諏訪大社上社前宮
長野県茅野市宮川2030

信濃一の宮 諏訪大社上社本宮

諏訪大社上社本宮

諏訪市に鎮座する諏訪大社の上社本宮。御祭神は建御名方神、八坂刀売神。上社の本宮・前宮、下社の秋宮・春宮の四社で延喜式諏訪郡南方刀美神社の比定社で明神大社、信濃国一宮。

諏訪大社上社本宮

上川に架かる橋の北側に鳥居が立つ。

諏訪大社上社本宮

北参道沿いにはみやげ店が並ぶ。

諏訪大社上社本宮

北参道の鳥居より境内に入る。

諏訪大社上社本宮

右手に社務所がある。通常は参拝後に御朱印をいただくのだが、大勢の参拝者が来る神社では先に預けることもある。諏訪大社は一社500円。

諏訪大社上社本宮

末社高島神社、御祭神は諏訪頼忠公、諏訪頼水公、諏訪忠恒公。上社神職大祝家の祖先で諏訪藩、高島藩の藩主。

諏訪大社上社本宮

交通安全祈祷殿

諏訪大社上社本宮

北参道鳥居の正面に堀重門が階段の先に見える。右には御柱。

諏訪大社上社本宮

一之御柱。拝殿を囲むように四方に四本の御柱が立つ。

諏訪大社上社本宮

神楽殿

諏訪大社上社本宮

天流水舎、雨乞いの水としてお天水と称される。

諏訪大社上社本宮

神楽殿の横には土俵がある。

諏訪大社上社本宮

駒形屋と呼ばれる神馬舎。明治以降は銅製と木製の二頭の神馬が安置される。

諏訪大社上社本宮

東参道の入口門、右に二之御柱が立つ。

諏訪大社上社本宮

入口門の左に摂社出早社、御祭神は出早雄命。諏訪大神の御子神で門番神として崇敬される。

諏訪大社上社本宮

布橋を通る。左に絵馬堂

諏訪大社上社本宮

次に摂末社遙拝所、かつては39社を遙拝する処であったが、現在は摂末社が約百社ある。

諏訪大社上社本宮

摂社大国主社、御祭神は大国主命。諏訪大神の父神。

諏訪大社上社本宮

振り返れば布橋の右に東御宝殿、左に五間廊、勅使殿がある。

諏訪大社上社本宮

四脚門。かつては大祝だけが通れた門だった。

諏訪大社上社本宮

入口門をくぐって拝殿前に入る。勅願殿は私事の祈祷を行うところ。

諏訪大社上社本宮

拝殿は西向き。上社本宮には本殿はなく、左右に片拝殿がつく。拝殿に参る。

諏訪大社上社本宮

社務所で御朱印帳を受け取る。社務所裏の西参道には境内唯一の木造鳥居である浪除鳥居。

諏訪大社上社本宮

次に参拝する途中、旧大祝邸跡の案内板が立っていたので行ってみる。

諏訪大社上社本宮

門塀に囲まれた屋敷

諏訪大社上社本宮

門も屋敷も朱色の屋根で印象的だ。

諏訪大社上社本宮
長野県諏訪市中洲宮山1

信濃諏訪 足長神社

足長神社

諏訪市に鎮座する足長神社。御祭神は脚摩乳命。

足長神社

ナビで案内された足長丘公園から歩く。

足長神社

神社へは裏参道となり、2つの石に注連縄が掛けられている。

足長神社

舞屋と呼ばれる神楽殿

足長神社

足長大明神の扁額と多くの彫刻がある。彫刻は鳥避けの金網がしてある。

足長神社

舞屋のあたりからは視界が開けていて景色がとても良い。

足長神社

一段上の拝殿に向かう。階段途中の二本の杉に注連縄が掛けてあり、鳥居替わりとなっている。

足長神社

拝殿に参る。拝殿も多くの彫刻がしてある。

足長神社

拝殿の右に複数の石祠が並んでいる。

足長神社

帰りは甲州街道に面する表参道に下りる。杉の並木の間に石鳥居が立っている。
御朱印は兼務社の手長神社でいただく。

足長神社
長野県諏訪市四賀足長山5386

信濃諏訪 手長神社

手長神社

諏訪市に鎮座する手長神社。御祭神は手摩乳命。

手長神社

階段が山の方へ上っている。

手長神社

上り終えると上諏訪中学校の校舎とグラウンドの間を道路が通り、鳥居が見える。

手長神社

階段を上ると能舞台がある。

手長神社

旧県社だけあって境内社が多い。

手長神社

中央の塩竃神社の左右に数社、御柱も立つ。他にも小祠や石祠が複数社ある。

手長神社

弥栄神社は旧本殿

手長神社

拝殿に向かう。

手長神社

拝殿横に廻廊がつく。

手長神社

拝殿に参る。

手長神社

拝殿正面に獅子の彫刻

手長神社

横にも龍の彫刻がしてある。

手長神社

社務所で御朱印をいただく。御朱印は兼務社の足長神社八剱神社もいただける。

手長神社
長野県諏訪市大字上諏訪茶臼山9556

信濃諏訪 八剱神社

八剱神社

諏訪市に鎮座する八剱神社。御祭神は八千矛神、日本武尊、誉田別尊。

八剱神社

早朝の諏訪湖。本朝二十四孝狐火の段の八重垣姫像がまさに諏訪湖の湖面を滑るように立っている。

八剱神社

諏訪湖の御渡り神事は当神社の特殊神事である。

八剱神社

神社は住宅地の中に鎮座する。

八剱神社

神社の旗が揚がっている。

八剱神社

ちょうど秋季大祭の日であった。

八剱神社

境内には法被姿の氏子が集まってきていた。

八剱神社

本殿の周りには御柱が四方に立てられている。

八剱神社

拝殿に参る。拝殿も幕と提灯で飾り付けられている。

八剱神社

長野県では珍しい番塀

八剱神社

境内社も多く、

八剱神社

境内社にも四方に御柱が立てられているのがすごい。
八剱神社は旧県社であるが、現在は手長神社の兼務社となっているので御朱印は手長神社でいだたいた。

八剱神社
長野県諏訪市小和田13-18

尾張名古屋 熱田神宮

熱田神宮

名古屋市に鎮座する熱田神宮。御祭神は熱田大神(三種の神器の草薙神剣の御霊代)を主祭神とし、天照大神、素戔嗚尊、日本武尊、宮簀媛命、建稲種命。延喜式愛智郡熱田神社の比定社で明神大社。大社だけあって摂末社にも延喜式内社が多い。

熱田神宮

正門である南門の第一鳥居から入る。

熱田神宮

鳥居を入って左手にまた鳥居がある。

熱田神宮

正面は摂社上知我麻神社、御祭神は乎止与命。延喜式愛智郡の論社のひとつ。右に大国主社、左に事代主社がある。

熱田神宮

近くの授与所で別宮八剣宮と上知我麻神社の御朱印をいただく。

熱田神宮

別宮八剣宮、御祭神は本宮と同じ熱田大神。延喜式愛智郡八剣神社の比定社。

熱田神宮

八剣宮前に樹齢300年を越える太郎庵椿

熱田神宮

摂社日割御子神社、御祭神は天忍穗耳尊。延喜式愛智郡の比定社。

熱田神宮

摂社孫若御子神社、御祭神は天火明命。延喜式愛智郡の論社のひとつ。

熱田神宮

清雪門、もと本宮の北門。

熱田神宮

南新宮社、御祭神は素戔嗚尊。境内では唯一の朱色の社殿。

熱田神宮

末社楠御前社、御祭神は伊弉諾尊、伊弉冉尊の二柱。

熱田神宮

八剣宮の境内社徹社、御祭神は天照大神の和魂。

熱田神宮

二十五丁橋、板石が25枚あり、市内最古の石橋。

熱田神宮

第二鳥居

熱田神宮

樹齢1000年を越える大楠

熱田神宮

第三鳥居前の左の信長塀横に末社西八百万神社、御祭神は西国坐八百万神。

熱田神宮

右の信長塀横に末社東八百万神社、御祭神は東国坐八百万神。ちょうど結婚式を終えた行列が通る。

熱田神宮

第三鳥居、東門、西門の参道も合流するので人が多い。

熱田神宮

拝所となる外玉垣御門で参る。

熱田神宮

本宮は明治時代に尾張造りから神明造りに造り替えられた。

熱田神宮

授与所の前にならずの梅、花は咲くが実は付けないという。

熱田神宮

西楽所は徳川綱吉公の再建で、明治以前の残る数少ない建物。

熱田神宮

末社大幸田神社、御祭神は迦之御魂神。

熱田神宮

末社内天神社、御祭神は少彦名命。

熱田神宮

六末社は乙子社(御祭神は弟彦連)、姉子神社(御祭神は宮簀媛命)、今彦神社(護佐神は建稲種命)、水向神社(御祭神は弟橘媛命)、素戔嗚神社(御祭神は素戔嗚尊)、日長神社(御祭神は日長命)の六社。

熱田神宮

宝物館の近くで神鶏が遊んでいた。

熱田神宮

第二鳥居から西門の間に末社菅原社、御祭神は菅原道真公。

熱田神宮

西門を出て北に行くと、西向きに摂社下知我麻神社、御祭神は真敷刀俾命。延喜式愛智郡の論社のひとつ。

他にも摂社御田神社(御祭神は大年神)

熱田神宮
愛知県名古屋市熱田区神宮1丁目1−1

尾張一の宮 大神神社

大神神社

一宮市に鎮座する大神神社。御祭神は大物主神。延喜式中島郡の比定社で明神大社、尾張国一宮。

大神神社

社殿裏に駐車場があり、本殿裏を境内を正面にまわる。

大神神社

社殿は南向き。一宮にしては境内が狭い。

大神神社

鳥居をくぐるとクスノキの御神木が一際大きい。

大神神社

拝殿に参る。

大神神社

拝殿に張り紙がしてある。神社は大神社の兼務社で社務所は少し離れている。御朱印には事前連絡が必要ということで、初めてのパターンではあるが今日は諦める。兼務社ということもあってかやはり廃れている感が否めない。

大神神社

本殿左に境内社二社

大神神社

本殿右に境内社二社

大神神社

拝殿右に一社。境内社は白山社、三島社、招魂社、素盞嗚社、神明社、六所社の六社あるというが、社は五社しか見当たらず、いずれも特定できない。

大神神社
愛知県一宮市花池2-15-28

尾張一の宮 真清田神社

真清田神社

一宮市に鎮座する真清田神社。御祭神は天火明命。延喜式中島郡真墨田神社の比定社で明神大社、尾張国一宮。

真清田神社

社殿は南向き。鳥居の先に楼門が建つ。

真清田神社

楼門の前には神橋がある。

真清田神社

木造の楼門

真清田神社

拝殿に参る。本殿の後ろには摂社三明神社が鎮座し、別宮となっている。今日は七五三の親子連れが大勢参拝に訪れていた。

真清田神社

御朱印をいただき末社を回る。拝殿左手に三八稲荷社。

真清田神社

拝殿の右手に服部神社、御祭神は萬幡豊秋津師比賣命。主祭神の母神である。

真清田神社

服部神社の右に、左から愛鷹社、犬飼社、天神社の三末社。

真清田神社

神池の浮島には厳島社(右)と八龍神社(左)

真清田神社

東門入ってすぐの小山に須佐之男社、秋葉社、愛宕社があり、市内から遷座した社である。

真清田神社

神社は昭和20年の戦災でほぼ焼失してしまったが、楼門横で社務所の向かいにある宝蔵庫は焼失を免れた建物である。

真清田神社
愛知県一宮市真清田1丁目2−1

越前武生 大瀧神社

大瀧神社

越前市に鎮座する大瀧神社。御祭神は國常立尊、伊弉諾尊。

大瀧神社

町の入口に社名標と鳥居が立つ。

大瀧神社

朱色の大きな四脚鳥居

大瀧神社

奥へ進むと境内が見えてきた。イチョウの葉が一面に落ちて黄色の絨毯のように広がる。

大瀧神社

境内右に社務所兼自宅がある。帰りに寄ると宮司は外出中だったが、御朱印はおばあさんが親切に対応してくれた。

大瀧神社

大瀧神社の御朱印が欠けてしまったと別紙に押してくれた。

大瀧神社

社殿は南向き。境内にはイチョウだけではなく杉も多い。

大瀧神社

拝殿と本殿は雪囲いされているが彫刻が凄い。夏に一度見に来たいと思う。

大瀧神社

拝殿に参る。扁額は大瀧神社とともに岡太神社が合祀されている。

大瀧神社

岡太神社の御祭神は紙祖神川上御前。延喜式今立郡岡本神社の論社のひとつ。

大瀧神社

拝殿の右に神輿殿

大瀧神社

拝殿下の境内に観音堂、神仏分離前の大瀧寺だった時の十一面観音坐像が祀られている。

大瀧神社

周辺は今でも紙の里として手漉き紙が作られているので川上御前は大切に祀られている。

大瀧神社

境内の東から奥の院に行く参道が延びる。

大瀧神社
福井県越前市大滝町13-1

越前一の宮 氣比神宮

氣比神宮

敦賀市に鎮座する氣比神宮。御祭神は伊奢沙別命(氣比大神)、仲哀天皇、神功皇后、応神天皇、日本武尊、玉姫命、武内宿禰命の七柱。延喜式敦賀郡氣比神社の比定社で明神大社、越前国の一宮。

氣比神宮

表参道の大鳥居は旧国宝。表参道は東へと延びる。

氣比神宮

参道左に末社猿田彦神社、御祭神は猿田彦大神

氣比神宮

社務所前を通り、旗揚松で左に折れる。宮司家が南朝方で挙兵するにあたり、氣比神の神旗を揚げたという。

氣比神宮

鳥居と廻廊の先に拝殿が見える。社殿は南向き

氣比神宮

外拝殿に参る。

氣比神宮

拝殿の左に九社の宮が並ぶ。入口から摂社伊佐々別神社(御祭神は御食津大神荒魂)、末社擬領神社(御祭神は建功狭日命)、摂社天伊弉奈彦神社(御祭神は天伊弉奈彦大神、延喜式敦賀郡伊佐奈彦神社の論社)、摂社天伊弉奈姫神社(御祭神は天比女若御子大神、延喜式敦賀郡天比女若御子神社の論社)、摂社天利劔神社(御祭神は天利劔大神、延喜式敦賀郡天利剣神社の論社)、末社鏡神社(御祭神は神功皇后奉献の宝鏡の神霊)、末社林神社(御祭神は林山姫神)、末社金神社(御祭神は素盞嗚尊)、末社劔神社(御祭神は姫大神尊)

氣比神宮

本殿の左に末社神明両宮、天照大御神と豊受大神を一社ずつ祀る。

氣比神宮

本殿の左右に二社ずつ、四社の宮が囲む。東殿宮(東)、総社宮(東北)、平殿宮(西北)、西殿宮(西)の四社。

氣比神宮

東駐車場の一画に土公拝所

氣比神宮

フェンスの向こう敦賀北小学校校庭に土公と呼ばれる小丘がある。主祭神の氣比大神が降臨した地という。

氣比神宮

末社大神下前神社、御祭神は大己貴命、稲荷神と金刀比羅神を合祀する。延喜式敦賀郡の論社のひとつ。

氣比神宮

末社兒宮、御祭神は伊弉冉尊。

氣比神宮

左の狛犬の「享保十一年 加賀屋正利造」の銘が見える。

氣比神宮

摂社角鹿神社、御祭神は都怒我阿羅斯等命。「敦賀」の地名発祥と言われる。都怒我阿羅斯等命は大加羅国の王子で延喜式敦賀郡の比定社。

氣比神宮

絵馬堂

氣比神宮

多くの絵馬が架かる。

氣比神宮

荒れている絵も多いが、主題はいろいろある。

氣比神宮

境内整備の一環として芭蕉像が立っている。

氣比神宮
福井県敦賀市曙町11−68

伊賀予野 花垣神社

花垣神社

伊賀市に鎮座する花垣神社。御祭神は経津主命、武甕槌命、天児屋根命、比売大神の春日四神を主祭神とし、他に七大神を相殿に祀る。延喜式伊賀郡乎美祢神社を合祀したといい論社のひとつ。

花垣神社

予野川に架かる朱色の宮前橋を渡ると神社がある。社殿は北向き。

花垣神社

境内入口に朱色の鳥居が立つ。

花垣神社

入口に芭蕉の「一里は皆花守の子孫かな」の句碑が立つ。花垣庄は興福寺領として、毎年奈良に赴き花垣を結い、花の盛り七日間は宿直を置き守らせたと伝わる。

花垣神社

階段を上がると外拝殿か

花垣神社

拝殿前の左に御神木ナナミノキがある。

花垣神社

境内に入ると正面に拝殿。拝殿に参る。

花垣神社

拝殿後ろの塀の中に朱色彩色の本殿が建つ。左は宝物殿か

花垣神社

拝殿右手に別当寺であった池邊寺。同じ境内に神社、寺が隣り合い神仏習合の姿が残る。

花垣神社

本殿の右、池邊寺の奥へ進むと不動池がある。池邊寺の本尊は不動明王。

花垣神社

社前の道路を東に進むと、当地の銘樹八重桜(県指定天然記念物)。春日神が八重桜を見たいという神託により祀ったのが創始という。

花垣神社

近くに社務所があったが無人であった。

花垣神社
三重県伊賀市予野194

伊賀青山 大村神社

大村神社

伊賀市に鎮座する大村神社。御祭神は大村の神を主祭神とし、武甕槌神、経津主神、天児屋根命を配祀する。延喜式伊賀郡の比定社。大村の神は、第十一代垂仁天皇の皇子で倭姫命の弟君にあたるという。

大村神社

駐車場は狭い山道を上り南鳥居の手前。

大村神社

鳥居横に「式内 大村神社」の社名標が立つ。

大村神社

鳥居をくぐると右手になまず池

大村神社

続く右手に鳥居があり、正面に神宮遙拝所がある。

大村神社

右手に境内社の英霊社

大村神社

南参道から境内に入ると左に鐘楼が残る。

大村神社

梵鐘は駐車場になっている場所にあった宮坊禅定寺にあったもので「虫食の鐘」と言われる。

大村神社

ここで正面に見えてくるのは境内でも一際大きい「巳の大杉」と言われる御神木

大村神社

ここで一度山から下りて東参道入口の鳥居から徒歩参拝者として入る。

大村神社

灯籠が両側に並ぶなか階段を上る。

大村神社

社殿は北向き。参道は徒歩の東参道、西参道と自動車の南参道があり、社殿にまっすぐ入る北側に参道はない。

大村神社

拝殿に参る。絵馬にもなまず

大村神社

なまずの置物もある。

大村神社

拝殿右に要石社。武甕槌神、経津主神が常陸・下総から大和の三笠山遷幸の途中、神社に御休息し「要石」を奉鎮されたという。

大村神社

鹿嶋神宮と香取神宮にある要石と同じく、大地を揺るがす大なまずをしっかりと押さえ、地震の守護神として崇敬を集める。

大村神社

旧本殿の宝殿。檜皮葺、朱色の彩色で、柱上部や組み物が極彩色になっている。

大村神社

南参道に続く道路沿いの桜山公園。神社境内が高台にあることがよくわかる。水場もなまずになっていて地域に地震守護の神社が深く根ざしていることがわかる。

大村神社
三重県伊賀市阿保1555

39歳を目前にして御朱印デビュー! 日本全国の神社の御朱印や参拝記録