神社百景DVDコレクション36 寒川神社・報徳二宮神社・銭洗弁財天宇賀福神社・伊豆山神社・來宮神社

神社百景DVDコレクション36 寒川神社・報徳二宮神社・銭洗弁財天宇賀福神社・伊豆山神社・來宮神社
出版社:デアゴスティーニ・ジャパン
発売日:2017年9月26日
価格:1388円+税
収録時間:約110分
BSジャパンで放送された「神社百景 GRACE of JAPAN」(第2シリーズ)の中から「相模國一之宮 寒川神社」(#118)、「報徳二宮神社 二宮金治郎の生涯」(#139)、「鎌倉の弁天様 銭洗弁財天宇賀福神社」(#104)、「湯の国熱海 伊豆山神社・來宮神社」(#82)を収録している。ナビゲーターは伊藤英明氏。

加賀一の宮 白山比咩神社⑧

白山比咩神社

白山市に鎮座する白山比咩神社。今年は白山開山1300年の記念年で5回目の参拝となった。

白山比咩神社

平日だったが、七五三の記念写真を撮っている親子がいました。背景に他人が写らないのがいいね。

白山比咩神社

本殿の東の参集殿のさらに東に作られている禊場。2006年に完成し40人が入れ神職が身を清める場として利用され、2012年からは参拝者向けに年4回禊研修を行ってきた。今年は記念年として観光客向けに4月~9月まで12回開催され、県外を中心に102人が参加したという。希望者が絶えないため10月、11月にも4回開催される。

その40人入れる禊場をもう一度見ようと寄ってみたが、今日は水を抜いて掃除中だった。

白山比咩神社

御朱印をお願いしている中、授与品を見ていると1つ増えていた。白山開山1300年記念として、5月に国宝吉光をモデルにした「護身刀守」ができていたがあまり食指が動かなかったが、今日見たのは「白山雷鳥鎮火木札」。縦30センチもある大きな木札で、表に小松砂丘の雷鳥の絵が描かれている。

白山比咩神社

裏は入手するまで分からなかったが、三馬場の牛王宝印が印刷されている。なぜ8月の奉祝祭に間に合わせなかっただろうか。もっと多くの人が手にしただろうに。

白山比咩神社

三馬場の牛王宝印はスタンプラリーとして好評だという。三馬場を巡ると3枚組のクリアファイルをいただける。来年3月まで続くのだが、当社のインクはすでに薄くなってきていた。きれいに押せなくて少々残念。

白山比咩神社
石川県白山市三宮町ニ105−1

越知神社・劔神社・瀧谷寺文書目録 白山信仰関係古文書調査報告書

越知神社・劔神社・瀧谷寺文書目録
発行:福井県教育委員会
発行日:2012年9月24日
ページ数:308ページ
基本は目録なので内容の詳細は分からないが、それぞれ始めに一部の文書写真が載せられている。中に劔太神宮寺牛玉宝印が載せられていて興味深い。
続きを読む 越知神社・劔神社・瀧谷寺文書目録 白山信仰関係古文書調査報告書

白山比咩神社古文書目録

白山比咩神社古文書目録
編集:金沢大学日本海文化研究室
発行:白山比咩神社
発行日:1980年10月1日
ページ数:97ページ
本宮遷座五百年を記念して宝物館を新築するにあたり進められた古文書調査の成果を収録している。目録なので各古文書の内容までは詳しくわからない。


続きを読む 白山比咩神社古文書目録

東京府神社資料

東京府神社資料
編纂:東京府神職会
発行日:1932年8月~
ページ数:70ページ
本資料は東京府神職会公報の附録として昭和7年8月以降隔月で発行されたもののようだ。ということは入手したものは70ページであったが掲載される区も少ないため途中のようだ、そこで終了したのかどうかもはっきりしない。項目立ては社号、祭神、社格、由緒、社地、社殿、祭儀、境内坪数、摂末社、宝物什器、社蔵文書、氏子区域、神職氏名など各神職に聞き取りできたものを掲載しているようだ。
続きを読む 東京府神社資料

越中氷見 日宮神社

日宮神社

氷見市に鎮座する日宮神社。御祭神は天照皇大神を主祭神とする。往古は久目神社と称していたという言い伝えがあり、延喜式射水郡久目神社の論社の可能性を残す。

日宮神社

集落の通りに面して西向きに鎮座する。参道の入口にのぼりポールと「村社 日宮神社」の社号標

日宮神社

階段手前に鳥居と手水

日宮神社

階段の両側に杉が立ち並び、小さいながら手入れされている雰囲気がある。

日宮神社

階段を上り拝殿に参る。

日宮神社

拝殿に掛かる扁額は「日の宮」とある。崩し字のため読み取れないが、「の」の字は「乃」だろうか?

日宮神社

本殿は拝殿に続く覆屋のなかにある。

日宮神社

拝殿右手に小さな鳥居が建つ。

日宮神社

参道に社務所兼自宅があるので訪ねる。残念ながら御朱印はなかったが、しばし話を聞く。
拝殿右の鳥居について尋ねると、氷見市街(旧氷見町)のほうにあった酒造店の店主が夢見で、当地に神を祀るよう言われて祀ったものといい、鳥居の先に祠があったそうだが今は跡しかないという。つまり水の神(松尾の神か?宗像の姫神か?)だということだが、酒造店は後に薬屋に転じ、その頃病気に効く薬を占うおみくじがあり、おみくじを持ってその薬屋に行ったという。現在は代が進み参拝も祭りも途絶えたといい、そう古い社ではないものの本殿にも合祀されておらず、詳細が不明になったということで残念。

聞けば代替りした今の宮司は富山県の公文書館に勤められているということで、退職されて常住されるようになれば、もっと詳しい話が聞けるかもしれない。

日宮神社
富山県氷見市大浦1806

越中氷見 楯鉾神社

楯鉾神社

氷見市に鎮座する楯鉾神社。御祭神は不明だが、三代実録記載の楯鉾神の論社であるので楯鉾神ということになろうか。
というのも、白川集落の氏神は少し西に鎮座する八幡宮で、楯鉾神社はその境外末社になっているため情報が少ない。

楯鉾神社

白川集落の西の丘陵地の隅に建ち、

楯鉾神社

境内の入口に鳥居が建つ。

楯鉾神社

鳥居の足下に五輪塔の一部が残されている。

楯鉾神社

社殿は本殿・拝殿一体の建物。社殿に参る。

楯鉾神社

社殿の左に壊れた石祠があり、かつては仏像が入っていたのだろう。

楯鉾神社
富山県氷見市白川1288

日本宗教史年表

日本宗教史年表
監修:山折哲雄
発行所:河出書房新社
発行日:2004年2月28日
定価:9,800円+税
ページ数:697ページ
神道・仏教・キリスト教の日本における創始から2000年までの主要な出来事を編年で記述する。平安時代までで三分の一、鎌倉・室町・江戸時代で三分の一、明治以降で三分の一というおおよそのボリューム。宗教という大枠の中で日本の歴史を概観できるので参考になる。


続きを読む 日本宗教史年表

阿波の神々と祭り

阿波の神々と祭り
編著者:金刀比羅神社禰宜 岡島隆夫
発行日:1998年8月1日
定価:1,000円
ページ数:172ページ
三冊で発行されているが入手できたのは一冊目のみ。徳島県神社誌が入手困難になってきたのでダイジェスト版の意味も込めて発行されたようだ。第一編の祭りは著者のフィールドワークのようだ。
続きを読む 阿波の神々と祭り

隠岐島後三大祭り

隠岐島後三大祭り
著者:野津龍
発行:山陰ランドドットコム社
発行日:2007年2月15日
定価:2,500円+税
ページ数:209ページ
隠岐生まれの著者が30年間とり続けた写真を、惜しげもなく並べて祭りの神事の様子を克明に伝えてくれる写真集。写真集であるが説明書きも多い。写真は神聖な神事ということですべてモノクロである。


続きを読む 隠岐島後三大祭り

成田市の神社・仏閣 神社編 成田市の文化財第41集

成田市の神社・仏閣 神社編 成田市の文化財第41集
編集・発行:成田市教育委員会 生涯学習部 生涯学習課 文化振興室
発行日:2010年3月
ページ数:48ページ
成田市内に鎮座する103社の神社名鑑。各社の拝殿(または本殿)の写真が1枚付いている。祭神、由緒の他は境内の建物の調査であったようだ。
続きを読む 成田市の神社・仏閣 神社編 成田市の文化財第41集

全国春日社総覧 春日の神がみ

全国春日社総覧 春日の神がみ
編者:「春日の神がみ」編纂委員会
発行所:全国春日連合会
発行:1991年6月1日
定価:8,000円
ページ数:529ページ+附録「春日の神を祀る神社の分布図」1枚(帙入り)
平成七年の第五十九次式年造替を記念し編纂された春日社総覧だが、総覧とは言え、詳細が掲載されているのは全国春日連合会に加入している神社のみで全国三千社といわれる春日社のうち10分の1くらい。全国の神社一覧も元宮の鹿島神宮、香取神宮系列の神社も掲載されている。附録は分布図だが、市町村単位の大まかなものでどのあたりに春日社が多いかがわかる程度のものである。
続きを読む 全国春日社総覧 春日の神がみ

神社百景DVDコレクション35 亀戸天神社・富岡八幡宮・白山神社・根津神社

神社百景DVDコレクション35 亀戸天神社・富岡八幡宮・白山神社・根津神社
出版社:デアゴスティーニ・ジャパン
発売日:2017年9月5日
価格:1388円+税
収録時間:約88分
BSジャパンで放送された「GRACE of JAPAN 自然の中の神々」(第1シリーズ)の中から「江戸・隅田川 亀戸天神社・富岡八幡宮」(#24)、「文豪の町 根津神社・白山神社」(#47)を収録している。ナレーションは堤真一氏。

古代諸国神社神階制の研究

古代諸国神社神階制の研究
編者:岡田荘司
発行所:岩田書院
発行日:2002年8月
ページ数:414ページ
価格:8,800+税
國學院大學大学院文学研究科の岡田ゼミ院生の共同研究の成果である。中心は「続日本紀」から「三代実録」までの国史掲載の神階を国毎・神社毎に一覧にまとめることであり、そういう意味でも史料として必要な部分を拾い読みするのに役に立つ。


続きを読む 古代諸国神社神階制の研究

あなたにも奇跡が起こる 瀬織津姫神社めぐり 姫旅しませんか?

あなたにも奇跡が起こる 瀬織津姫神社めぐり 姫旅しませんか?
著者:山水治夫
発行所:ナチュラルスピリット
発行日:2017年5月15日
ページ数:196ページ
価格:1,400円+税
全国の瀬織津姫を祀る神社を巡っている著者は音楽家で歌まで作ってしまったようだ。内容は巡拝記で少しスピリチアルな要素も入るが、全国の瀬織津姫を祀る神社一覧もついているので巡拝の参考になる。


続きを読む あなたにも奇跡が起こる 瀬織津姫神社めぐり 姫旅しませんか?

お伊勢さん125社巡拝ものがたり

お伊勢さん125社巡拝ものがたり
著者:吉井貞俊
発行所:戎光祥出版
発行日:2013年1月10日
ページ数:184ページ
価格:1,500円+税
伊勢内宮の門前、猿田彦神社に生まれた著者が神宮の摂末社巡礼の思い出を織り交ぜながら各所見開き2ページで紹介している。挿絵の手書きの絵も温かく、実際に見てみたいと思う。

戦後の神社・神道 歴史と課題

戦後の神社・神道 歴史と課題
監修:神社本庁総合研究所
編集:神社新報創刊六十周年記念出版委員会
発行:神社新報社
発行日:2010年2月3日
ページ数:460ページ
価格:3,500円+税
神社・神道関係者向けに戦後のあゆみと現状の課題をまとめている。販売も神社・神道関係者に限定して頒布されたものであり、若手の教育書とも言えるかもしれない。


続きを読む 戦後の神社・神道 歴史と課題

神社百景DVDコレクション34 椿大神社・二見興玉神社

神社百景DVDコレクション34 椿大神社・二見興玉神社
出版社:デアゴスティーニ・ジャパン
発売日:2017年8月26日
価格:1388円+税
収録時間:約67分
BSジャパンで放送された「神社百景 GRACE of JAPAN」(第2シリーズ)の中から「伊勢国一宮 椿大神社・前篇」(#97)、「伊勢国一宮 椿大神社・後篇」(#98)、「二見興玉神社」(#99)を収録している。ナビゲーターは伊藤英明氏。

能郷白山山頂 白山神社奥宮

白山神社奥宮

福井県と岐阜県の県境、越美山地の最高峰でもある能郷白山に登拝しました。日本二百名山にも選ばれ、花の山でもある能郷白山へは県境の温見峠の登山口を目指す。大野市から157号線を南下、温見峠まであと10キロという案内板から2キロほどは片側一車線あるが、やがて道路は狭くなり、半分の5キロを越えるところにある福井県最後の温見村(廃村)を通り過ぎる。

白山神社奥宮

幸いにも対向車なく温見峠に至る。岐阜側の案内はなく、福井のみ県境案内が立つ。峠にはすでに数台の車が停められていた。

白山神社奥宮

登山口は157号線すぐにあり、登山届を書いて8寺に登山開始

白山神社奥宮

最初からかなりの急登が続く。

白山神社奥宮

20分弱で4分の1地点に到着。登山口からは500m、頂上までは1900m

白山神社奥宮

さらに30分弱で4分の2地点に到着。頂上まであと1240m

白山神社奥宮

半分を通り過ぎると一気に視界が開けるが、あと少し上りが続く。

白山神社奥宮

振り返ると山容の印象的な山が見える。名前が判明するのは奥の院でした。

白山神社奥宮

やがて多少のアップダウンはあるものの、気持ちよい尾根歩きが始まる。

白山神社奥宮

北陸の重い雪の影響で地を這うように成長したダケカンバ。臥竜ダケカンバと呼ばれている。前日までの雨で地面がぬかるんでいた。

白山神社奥宮

さらに30分ほどで4分の3地点に到着。頂上まであと400m

白山神社奥宮

ここまでも花を見かけていたが、尾根は高い木もなくまさにお花畑であった。8月末でこれだけ花を見られたとは嬉しい誤算であった。

白山神社奥宮

ついに頂上が近づいてきた。後で分かったことだが、少し背伸びすれば右手に奥宮が見えた。

白山神社奥宮

およそ1時間40分で能郷白山頂上に到着。

白山神社奥宮

1617m山頂標の横に三角点がある。

白山神社奥宮

さらに進むと、笹の斜面の先に奥宮が見えた。奥に続く山々も美しい。

白山神社奥宮

頂上から10分で奥宮に到着。参拝する。ここは根尾の白山神社の元宮があった場所で現在は奥宮になっている。岐阜側の奥宮が建ったのは、地理的に岐阜側の村からは能郷白山は見えるが、福井側の村からは荒島岳や銀杏峰が手前に立ち塞がり、近づけば谷間に入ってやはり見えなくなるということからだろう。

伝承では白山を開山した泰澄が、白山から能郷白山にも白山権現を祀ろうと定めて、白山開山の翌年に開山したことになっており、来年開山1300年を迎える。

白山神社奥宮

神仏習合時からの通称でこの場所は「白山権現奥の院」と呼ばれている。見晴らしも良く、山座同定図が設置されている。
今年はGWの石鎚山から徒歩登拝で山頂でこれほど晴れたことはなかった。気持ちよさからしばらく四方の山を眺めていた。

ここでようやく登るとき見た山が判明する。あれが白山なのだ。いつも石川県から見ているので、福井県から見た白山三峰の並びに少し違和感があったのだが、改めてみると確かに白山である。先週の越前五山からは白山を見ることが叶わなかったので本当に嬉しい。

日野山や越知山も見えるようだがはっきり分からない。伊吹山ははっきり見える。

白山神社奥宮

南には里宮のある根尾の村が谷間に見える。

白山神社奥宮

東側の雲の上に山容が見えた。望遠で撮ったこの写真を詳細に見るまで御嶽山が見えていたのだと思っていたが、槍ヶ岳・穂高岳だったようだ。あまりの晴天に山頂に戻る頃には見えなくなった。登る途中、さらに右(南)にもうひとつ雲の上に山が見えていた。あれは恵那山だと思っていたが、そちらが御嶽山だったようだ。

白山神社奥宮

奥の院で30分休憩し、帰路に就く。山頂からもう一度白山を拝む。

白山神社奥宮

山頂から1時間半でスタートの温見峠に戻ってきた。半分が急登なので、下りるときに滑落しないように注意しながらゆっくり下りた。

白山神社奥宮

さて、今回登山を楽しませてくれた花々を載せておく。

白山神社奥宮

白山神社奥宮

白山神社奥宮

白山神社奥宮

白山神社奥宮

白山神社奥宮

白山神社奥宮

霧島神宮 かごしま文庫28

霧島神宮 かごしま文庫28
著者:窪田仲市郎
発行所:春苑堂出版
発行日:1995年12月6日
ページ数:227ページ
価格:1457円+税
霧島神宮の紹介のみならず、関連する歴史的事柄を網羅しようという姿勢は評価できる。霧島山といえば坂本龍馬とおりょうの新婚旅行であるが、中に収録されている。


続きを読む 霧島神宮 かごしま文庫28

神社百景DVDコレクション33 秩父神社・筑波山神社

神社百景DVDコレクション33 秩父神社・筑波山神社
出版社:デアゴスティーニ・ジャパン
発売日:2017年8月12日
価格:1388円+税
収録時間:約88分
BSジャパンで放送された「GRACE of JAPAN 自然の中の神々」(第1シリーズ)の中から「秩父神社」(#11)、「筑波山神社」(#47)を収録している。ナレーションは堤真一氏。

加賀一の宮 白山比咩神社 白山開山1300年記念奉祝大祭

白山比咩神社

白山市に鎮座する白山比咩神社。

白山比咩神社

2017年は泰澄大師が白山を開山してから1300年の節目を迎え、石川県、福井県、岐阜県の三馬場を中心に多くの記念行事が開催されています。ここ加賀馬場の白山比咩神社では8月9日から11日まで奉祝大祭が開催されている。

白山比咩神社

今日は最終日であるが、山の日で祝日ということで日中も奉祝行事が披露されるので観覧することにする。

白山比咩神社

まずは白山大神に参って、御朱印をいただく。

白山比咩神社

北参道駐車場ではどんじゃら市が開かれ、テントが並んでいる。早速昼ご飯をしようと思ったら13時から!?って、午前の参拝者は眼中にないと感じだったけど、フライングで始めていた店で昼を済ませる。

白山比咩神社

13時から披露される高山市千鳥白山神社の徳兵衛獅子舞が北口鳥居で練習を始めたので見ていた。

白山比咩神社

その流れのまま拝殿前へ進み、舞台で披露された。先に同じく千鳥白山神社の闘鶏楽と言われる芸能が披露される。

白山比咩神社

獅子舞は舞台が狭いためか、鳥居前や拝殿前で披露された踊りとは少し違っていた。

白山比咩神社

14時から拝殿で白山開山1300年奉祝慶賀祭が斎行されたようだが、見学できないので宝物館の国宝と重要文化財の特別公開を見る。

白山比咩神社

15時から舞台では常滑市の小鈴谷白山神社の獅子舞が披露された。青年団より伝承される獅子舞は3パターンあり、始めに女獅子。2人1組で獅子を舞い、舞い終わるまで舞手は顔を見せないという決まりがあるらしい。

白山比咩神社

次に男獅子

白山比咩神社

最後に扇の舞と言われる雨乞いに使用された舞で、この舞では獅子は龍神と見なされたようだ。

白山比咩神社

悪魔払いと曲に乗せ舞台を下りる。獅子に噛まれると縁起が良いと言われ、各戸をまわる時などにされたというが、ここでも行列になっていた。

白山比咩神社
石川県白山市三宮町ニ105−1

図録 能美市の絵馬

図録 能美市の絵馬
発行:能美市立博物館
発行日:2017年7月
価格:500円
ページ数:82ページ
平成25年から3年かけて調査された能美市内の神社に保管される絵馬を700点のうち、特徴のある173点を掲載している。平成29年7月25日から8月31日まで開催されている「能美市の絵馬」で数点が展示され、図録が販売されていた。
能美市の絵馬
能美市立博物館は今回の企画展をもって閉館し、別の場所に新築されるという。
続きを読む 図録 能美市の絵馬

箱根神社 信仰の歴史と文化

箱根神社 信仰の歴史と文化
著者:箱根神社宮司 濱田進
編集協力:株式会社神社新報社
発行所:箱根神社社務所
発行日:1989年11月3日
定価:2,000円
ページ数:445ページ
箱根神社を中心とした歴史の中で神道の歴史にも触れられ、神道の知識についても深められる。様々な箱根神社の側面に触れることもでき、箱根神社を知る最初の一冊としても良い。


続きを読む 箱根神社 信仰の歴史と文化

39歳を目前にして御朱印デビュー! 日本全国の神社の御朱印や参拝記録