蘇るムラの神々

蘇るムラの神々
著者:櫻井治男
発行所:大明堂
発行日:1992年4月8日
定価:4,250円
ページ数:312ページ
三重県を中心として明治の神社整理の様相をまとめた論文を収録する。



[目次]
序章 蘇った神々
 第一節 鎮守の森の伐採「明るき境内」となる
 第二節 氏子の創意により分祀
 第三節 掛軸「山口神社」
第一章 明治末期の神社整理 求められた神社像
 第一節 神社整理とは
 第二節 府県により異なる神社残存数
 第三節 神社の基準の提示時期
 第四節 神社の基準
 第五節 神社の基準と整理の進捗
 第六節 府県の整理目標と態度
 第七節 神社境内設備と基本財産
第二章 古社の調査と神社整理
 第一節 古社の尊重
 第二節 神社の整理
 第三節 神饌幣帛料供進社の指定と式内社
 第四節 神社制度の整備と式内社の取り調べ
 第五節 式内崇敬社調書
 第六節 郷社選定と式内社
 第七節 「特選神名牒」の纂定
 第八節 「特選神名牒」纂定事業の終了
第三章 神饌幣帛料供進社の指定をめぐる諸問題
 第一節 幣饌料の供進と神社整理
 第二節 供進社指定の経緯
 第三節 指定社選択の基準
 第四節 県の選択基準とその問題
 第五節 選ばれた神社
 第六節 指定社のその後
第四章 喪われた神々 神社合併の諸相
 第一節 ムラの混乱と収束 神社合併の様相
 第二節 鎮守の森と南方熊楠
 第三節 阿田和の神樟と南方熊楠
 第四節 神社合併と山の神
第五章 神社合併と村祭りの変化
 第一節 旧三重郡の神社合併と村祭り
 第二節 旧内城田ムラの神社合併と村祭り
 第三節 神社合併と御頭神事
第六章 氏神祭祀の同化と異化 尾鷲市の事例分析を通して
 第一節 氏神祭祀の閉鎖性
 第二節 神社合併と神々の集合
第七章 神社整理のモデル県と神社復祀
 第一節 神社復祀
 第二節 三重県における神社復祀
 第三節 神社復祀の時期
 第四節 神社復祀の地域的要因
 第五節 三重県内の差異
 第六節 神社復祀と住民意識
 第七節 住民の具体的行動
 第八節 県・国側の対応
 第九節 神社復祀の時代的背景
 第十節 神社復祀の年次的契機
第八章 神社復祀の全国的様相
 第一節 公認神社
 第二節 神社復祀の全国的状況
 第三節 「有力ナル無願復旧神社ノ調」に見える神社復祀の様相
 第四節 神社復祀への道
終章

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です