信仰と民俗 民俗民芸双書90

信仰と民俗
著者:小倉学
原発行:岩崎美術社
発行日:1985年10月1日 特装版初版
ページ数:328ページ
1982年に岩崎美術社から発刊された民俗民芸双書の特装版。小倉学氏は石川県の民俗研究の第一人者として知られる。姉妹編「祭りと民俗」とともに石川県の神社研究には必携の書。



[目次]
Ⅰ 訪れる神
 一 漂着神
 二 アマメハギ
 三 「福は内、鬼も内」の家
Ⅱ 地域の信仰と民俗
 一 白山の手作り地における信仰
 二 舳倉島における信仰
 三 加賀の石川平野における白山信仰 登山の民俗を中心に
Ⅲ もろもろの神
 一 田の神・エビス神
 二 稲荷信仰と宇賀祭り
 三 金沢の白蛇竜神 出雲における竜蛇信仰の伝播
 四 峠の神
Ⅳ 伝説と信仰
 一 片目の魚伝説
 二 天狗伝説

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です