越後一の宮 居多神社

居多神社

居多神社は、越後一宮であり、越後国司や守護上杉家、上杉謙信の厚い保護を受けた。承元元年(1207)、親鸞聖人が越後国府に配流となり、居多ケ浜に上陸すると居多神社にまず参拝したと伝えられている。

居多神社

神社前駐車場に車を停め、神社に入る。

居多神社

鳥居前に越後七不思議のひとつ「片葉の葦」が群生している。神社に参拝した親鸞聖人が念仏が盛んになるように祈願すると、一夜にして境内の葦が片葉になったと伝わる。

居多神社

本当に片葉なのか?と見てみると、そうは見えないもののあったが確かにこれなんかは片葉だった。

居多神社

階段を登り鳥居をくぐって境内に入る。

居多神社

拝殿は立替えされきれいになっている。

居多神社

拝殿にかかる扁額は「居多神社」ではなく、「居多大明神」となっている。

居多神社

拝殿の右側に古い石造りの祠が2つ建っている。末摂社の稲荷神社。狐はいるけど赤い鳥居がないので少し違和感がある。

居多神社

そして末摂社の雁田神社。子宝・安産の神様です。

居多神社

拝殿にお札は置いてあったものの御朱印が見当たらなかったので、境内にあったご自宅らしき家に向かった。

居多神社

表札はなかったものの玄関口に御朱印が置かれていました。少し眺めていると奥から神主さんが出て来られました。休日の朝早かったのでご在宅だったようで、御朱印が欲しい旨を申し出ると直筆で書いて頂けました。おそらくは上杉謙信や直江兼続など歴史著書も多い花ケ前盛明さんだったのだと思います。感動っーー!

墨が濃く乾くのに時間がかかったよー

居多神社

順序は逆になってしまったが、鳥居から五智国分寺へ続く参道を歩くことにする。

居多神社

参道は越後国府の中心地五智国分寺への参道と分かれ道になっている。一の宮参道の入口の鳥居は大鳥居であることも多いが、この鳥居はむしろ境内入口の鳥居より小さい。

居多神社

とはいえ侮れない!鳥居柱に刻まれた文字には「天明」の文字が・・・とても古い由緒ある鳥居です。

居多神社

境内の拝殿前の観光ポスト、またはご自宅の玄関で神社の由緒が書かれたパンフレットを入手できる。

居多神社

居多神社に行く途中の愛宕神社の門前に蓮池が広がっていた。

居多神社

ちょうど大輪の蓮がきれいに咲いていた。

〒942-0081
新潟県上越市五智6丁目1の11
TEL.025-543-4354

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です