信濃上田 諏訪神社 真田相伝六神社御朱印巡り四

諏訪神社

上田市に鎮座する諏訪神社。御祭神は建御名方命、八坂刀売命。
式内山家神社とその兼務社で真田氏にゆかりの深い地に鎮座する神社を巡る旅。御朱印は山家神社でいただく。

諏訪神社

神社のあたりだけ鬱蒼としている。南向きに鎮座。
旧上原村十林寺集落の産土神として諏訪大社から分霊された。

諏訪神社

鳥居に「諏訪神社」の扁額がかかる。斜面に鎮座するため、石垣で境内を一段上げている。

諏訪神社

拝殿に参る。

諏訪神社

本殿は檜皮葺きかと思ったが板葺だろうか。脇の松が天に昇る龍のようにも見える。

諏訪神社

拝殿右に「八幡宮」と書かれた鳥居

諏訪神社

奥に石祠が3基並ぶ。中央は八幡宮。左は石祠の屋根に梅鉢が付いているので天満宮か。
右のみは中に石像が残る。左手に壺のようなものを持っているので薬師様の薬師堂か。

諏訪神社

拝殿右手にも石祠があり、中に像らしきものがあるが何かは不明。

諏訪神社

神社からは上田平がよく見える。

諏訪神社

神社の鎮座する山頂に真田氏本城が築造された。別名松尾城、真田本城。

諏訪神社

城跡からは北東に四阿山が遠望できる。

諏訪神社

山頂を利用した南端の土塁。

諏訪神社

北に向かって本郭、二の郭、三の郭が続く。神社創祀の別説として、真田幸隆公が松尾城を築城するにあたり、城の守護神として城の弱点となる南側(搦手)に主家武田家の崇敬する諏訪明神を祀ったとも言われる。

諏訪神社
長野県上田市真田町長字十林寺5008

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です