森の神々と民俗

森の神々と民俗
著者:金田久璋
発行所:白水社
発行日:1998年10月10日
ページ数:301ページ
定価:2,100円+税
著者は若狭の大島に祀られてきた「ニソの杜」の研究を長年続けられてきて、そこから森神についての小論をまとめたのが本書である。現在でも年1日のみ森に入ることを許されているという「ニソの杜」の神事について興味があり本書を入手した。




[目次]
第一部 森の神の動物誌
 第一章 狐狩り候
 第二章 若狭の鳥勧請
第二部 森の神と異類伝承
 第一章 無言交易と異類伝承
 第二章 龍蛇と宇宙樹の神話
第三部 森の神の祭り
 第一章 トビ・飛の木・富の木渡し
 第二章 シバの精霊
 第三章 歯朶の冠
 第四章 トブサタテの民俗
 第五章 舞納予祝の民俗
 第六章 森の神と開拓先祖

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です