信濃上田 山家神社奥宮 四阿山登拝・菅平高原道

山家神社奥宮

四阿山へ2回目の登拝。
6月~10月は「山家神社奥宮」と墨書きされる。

山家神社奥宮

今回は菅平高原から根子岳を経由して四阿山山頂を目指す。
天気は午後から崩れる予報だ。

山家神社奥宮

8時50分登山届を書いてスタートする。

山家神社奥宮

根子岳には菅平牧場の横を登っていく。
牛が出迎えてくれた。

山家神社奥宮

20分ほどで東屋に到着。

山家神社奥宮

南から崩れる予報なので、北の方はまだ景色が見えた。
北アルプスが雲海の上に顔を出し、絶景を作り出している。

山家神社奥宮

さらに30分ほど登ると、登山道の脇に何か建っている。

山家神社奥宮

見逃してしまうような場所に立つ「禰固岳八合目」の石碑

山家神社奥宮

山頂近くになると登山道はガレ場になる。雨が降る前で乾いていて歩きやすかった。

山家神社奥宮

1時間20分弱で根子岳山頂(2207m)に到着。
山頂に鎮座する禰固岳霊社

山家神社奥宮

山家神社で山頂の写真を見せると、猫のカワイイ根子岳の御朱印がいただける。

山家神社奥宮

風を遮るものもない山頂は強風吹きさらしだったので、早々に四阿山に向けて一度下山する。

山家神社奥宮

途中、巨石がゴロゴロとした岩脈が現われる。

山家神社奥宮

圧倒されながらも、岩で強風も避けられて快適に進めた。

山家神社奥宮

底近くは笹原を進むのだが、天候が徐々に怪しくなり強風で横から煽られ、登り返しに入ることにはポツポツ降ってきた。

山家神社奥宮

1時間ほどで登り返しが終わり、四阿山山頂と菅平・四阿高原の分岐地点に到着。
少し平坦になったので山頂へと急ぐ。

山家神社奥宮

前回も登った木道の先に山頂がある。あともう少し

山家神社奥宮

長野側奥宮(信濃社)

山家神社奥宮

奥の群馬側奥宮(上毛社)は今年新しくなった。
自分は参加していないが、人力で木材を荷揚げして組み立てたもので、やはり吹きさらしなので数十年しか持たない。
天気は怪しいが、新しい奥宮は清々しい気分になる。

分岐からは20分、時折小雨が降っているので山頂に人はまばら。
自分も昼食を軽くとり、早々に下山を始める。

山家神社奥宮

12時過ぎ、分岐地点まで戻り、菅平高原へ下りる。

山家神社奥宮

5分ほどで菅平高原と四阿高原の分岐になる。
最終的には菅平高原に戻るが、今日は西中宮へ寄るため四阿高原へ下りる。

山家神社奥宮

長野側の登拝道だった道の途中には石祠を複数見られた。
分岐から50分、奥に旗が建っているのが見えた。これがないと見逃してしまうような場所に中宮があった。
手前に石祠があり他にも石碑の境内社が複数あるが、さらに左奥の茂みの先に中宮が建つ。

山家神社奥宮

山家神社の西中宮。
巨石の脇に雨風を凌ぐように社が建っている。

山家神社奥宮

西花童子と呼ばれた西中宮の御朱印

山家神社奥宮

西中宮から菅平高原に戻るのに1時間ほどかかった。途中遂に雨が降ってきた。
やはり素直に菅平高原に下りるのが賢明のようだ。

山家神社奥宮(四阿山山頂)
長野県上田市真田町・群馬県吾妻郡嬬恋村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です