神社研究五 神社のことなど

神社研究五 神社のことなど
著者:木立英世
発行日:1995年3月1日
ページ数:136ページ
価格:1,400円
著者の経験から神社に関することを書き記す小冊子の五冊目。

[目次]
神社研究五 神社のことなど
 神職の教育について古に学ぶ
 衣更の風習
 神主の老後
 遷宮の始め
 夢
 戦争下の神宮皇学館大学
 韓国の思い出
 光州学生独立運動の真相を聞く
 日本空軍の揺籃時代
 昔の実話 姑苛め
 学徒勤労動員の一ヵ年
 祖父の昔話
 父の日記
 熱田神宮の「おはけ」資料
 大幣神事と斎竹祭
 石刀神社の頭人
 尾張富士の「石上げ祭り」の伝説
 鹽竈神社と八雲神社の起源
 田県神社
 里田の子守勝手神社の「おかご祭」
 僧侶の腐敗
 祈祷所について
 子供の墓
 栃木県における座
 佐倉宗吾の碑 白山中居神社の「オハキ祭」
 氏神の碑 尾張・美濃地方
 真宗の伝播と寺院の創建 栃木県東部地方の場合
 女性と祭礼
 古い事
 御神体は何処に蔵するか
 神事大切に勤むべし
 権禰宜の忠勤
 松原家の仁徳
 戦死した皇族
神宮小論
 心の御柱
 大庭御厨と心御柱
 鶏鳴三声
 抜穂神事
 不脱沓・脱沓
 八重榊の数
 伊勢神宮
 神宮遷宮について
 神嘗祭
 倭姫宮
 倭姫命奉祀
随筆(山と米)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です