風土記と古代の神々 もうひとつの日本神話

風土記と古代の神々 もうひとつの日本神話
著者:瀧音能之
発行所:平凡社
発行日:2019年1月16日
ページ数:244ページ
定価:2,400円+税
本書では風土記をクローズアップして、まずは古事記や日本書紀に入る神話と対比し、次に記紀には収録されなかった神話を取り上げる。

続きを読む 風土記と古代の神々 もうひとつの日本神話

立山曼荼羅の成立と縁起・登山案内図

立山曼荼羅の成立と縁起・登山案内図
著者:福江充
発行所:岩田書院
発行日:2018年7月
ページ数:393ページ
定価:8,600円+税
立山信仰の普及に多大に影響した立山曼荼羅と立山登山案内図について、成立した時代環境や社会背景を考察する。立山曼荼羅などはモノクロで収録されるので、別途図録を準備して読んだ方が理解が深まる。

続きを読む 立山曼荼羅の成立と縁起・登山案内図

カミとホトケの幕末維新

カミとホトケの幕末維新
編者:岩田真美、桐原健真
発行所:法蔵館
発行日:2018年11月15日
ページ数:383ページ
定価:2,000円+税
明治維新期において宗教がどういう状況であったかを考察する論文を収録する。神道、仏教だけでなく、キリスト教、儒教など多角的に当時の宗教を再考する。

しもつけの御朱印 栃木県内社寺巡礼

しもつけの御朱印 栃木県内社寺巡礼
著者:下野新聞社編集局
発行:下野新聞社
発行日:2019年11月18日
ページ数:91ページ
定価:2000円+税
下野新聞の連載記事をフルカラーでまとめた本。県内77社寺、神社42、寺院35が紹介されている。書籍と御朱印帳のセット販売で、書籍も御朱印帳と同じサイズとなっている。初版は大人気でどこに品切れになって第二版を入手できた。

しもつけの御朱印 栃木県内社寺巡礼
御朱印帳(折本形式23枚)

神饌 神様の食事から”食の原点”を見つめる

神饌 神様の食事から"食の原点"を見つめる
著者:南里空海
発行所:世界文化社
発行日:2011年3月25日
ページ数:240ページ
定価:2,400円+税
神宮を始め全国18社の神事で神様に供される神饌を紹介している。神饌は実際に神事を見に行っても近づいてじっくりと見られることは少なく、氏子として関わることのない者にはとても身近とは言いがたい。本書では神饌や神事の美しい写真とともに、神饌から食の原点を考えている。

続きを読む 神饌 神様の食事から”食の原点”を見つめる

中世の阿蘇社と阿蘇氏 謎多き大宮司一族

中世の阿蘇社と阿蘇氏 謎多き大宮司一族
著者:柳田快明
発行所:戎光祥出版
発行日:2019年3月1日
ページ数:206ページ
定価:1,800円+税
豊臣秀吉により滅亡した阿蘇大宮司家。阿蘇社の最高権力者であった大宮司が一切祭祀に関わらなかった謎について追究する。

続きを読む 中世の阿蘇社と阿蘇氏 謎多き大宮司一族

越中射水 櫛田神社④

櫛田神社

櫛田神社に今月もう一度参拝に行って来ました。
正月は御朱印に鳳凰が入っていたのですが、正月以後はツバキの花入りになっていました。

櫛田神社

今日は御神木の立つ中間の鳥居から入りました。

櫛田神社

新しくなった社殿前の神門です。

櫛田神社

拝殿に参る。

櫛田神社

正月は賑やかだった授与所も静けさを取り戻しました。

櫛田神社

正月にはじっくりと見られなかったおみくじがまだ残っていました。
矢羽根をよく見るとこれ交通安全のお守りなんですね。

御朱印をいただき、雨も大粒になってきたので急いで駐車場に戻ると本降りになった。

櫛田神社
富山県射水市串田字大沢6838

越中富山 日枝神社②

日枝神社

富山市に鎮座する日枝神社。御祭神は大山咋神、大己貴神を主祭神とし、天照皇大御神、豊受大御神を配祀する。
明治8年に天照皇大御神を祀る北神明社、豊受大御神を祀る中神明社を合祀した。

日枝神社

小雨の中参拝する。社務所北にある山王西駐車場は一般有料駐車場としても使用されているが、参拝者は無料で利用できる。

日枝神社

表参道を北から南へ進み、西に曲がると二の鳥居をくぐって社殿が建つ。
拝殿に参る。

日枝神社

拝殿の右に社務所が建っているが、以前来てから新しく建て替えたのですね。
御朱印をいただく。

日枝神社

1月中は子年のねずみの絵入りが頒布されている。
正月もあるので、シール形式の御朱印。初めてだったが御朱印帳には貼りやすかった。

日枝神社
富山県富山市山王町4−12

明治神宮案内帖

明治神宮案内帖
監修:明治神宮
発行所:パルコ エンタテインメント事業部
発行日:2018年12月7日
ページ数:175ページ
定価:1,800円+税
2020年創建100年を迎える明治神宮の公式ガイドブック。明治神宮の見どころや参拝手順、授与品の紹介と扱い方など、豊富な写真を掲載してわかりやすく説明されている。

続きを読む 明治神宮案内帖

明治天皇の聖蹟を歩く 西日本編

明治天皇の聖蹟を歩く 西日本編
著者:打越孝明
発行所:KADOKAWA
発行日:2018年11月1日
ページ数:286ページ
定価:1,800円+税
「聖蹟」とは歴代天皇の事蹟に関係する場所をいい、初代神武天皇聖蹟が有名である。本書は明治天皇が全国巡幸する際に休憩や宿泊した場所を聖蹟として、建物や記念碑を紹介している。2020年に御祭神として祀られている明治神宮が創建100年を迎えることを記念して、西日本編が出版された。今年東日本編の出版が予定されている。

続きを読む 明治天皇の聖蹟を歩く 西日本編

「神国」の残影 海外神社跡地写真記録

「神国」の残影 海外神社跡地写真記録
著者:稲宮康人、中島三千男
発行所:国書刊行会
発行日:2019年11月25日
ページ数:183ページ
定価:7,800円+税
神奈川大学のプロジェクトの一環として長年海外神社の跡地の取材を行ってきた稲宮康人氏の写真集。展示図録「帝国後 海外神社跡地の景観変容 ー稲宮康人写真展図録ー」掲載神社と重複するが、より大判に掲載されている。海外神社の過去・現在を知られる一冊。

続きを読む 「神国」の残影 海外神社跡地写真記録

神主と村の民俗誌

神主と村の民俗誌
著者:神崎宣武
発行所:講談社
発行日:2019年7月10日
ページ数:267ページ
定価:1070円+税
「いなか神主奮戦記-「むら」と「祭り」のフォークロア」(1991年刊)の文庫化。田舎の一神主の生活を祭祀との係わりから知ることができる。

世代をつなぐ竜王の祭り 苗村神社三十三年式年大祭 淡海文庫55

世代をつなぐ竜王の祭り 苗村神社三十三年式年大祭
編著者:武田俊輔
著者:滋賀県立大学式年大祭調査団
発行所:サンライズ出版
発行日:2016年2月29日
ページ数:229ページ
定価:1,200円+税
平成26年に行われた式年大祭に際し、準備から祭礼当日までを調査した結果をまとめている。

続きを読む 世代をつなぐ竜王の祭り 苗村神社三十三年式年大祭 淡海文庫55

多賀道と御代参街道 多賀信仰のひろがり

多賀道と御代参街道 多賀信仰のひろがり
企画:多賀町立文化財センター
編集:多賀町史編纂を考える委員会
発売:サンライズ出版
ページ数:70ページ
定価:1,500円+税
多賀大社への参詣道から多賀信仰のひろがりを考える。現在と過去の写真が比較で掲載される地点もあり、実際に歩いてみたくなる。

続きを読む 多賀道と御代参街道 多賀信仰のひろがり

出雲大社 中野晴生写真集

出雲大社 中野晴生写真集
写真:中野晴生
発行所:冨士房インターナショナル
発行日:2019年5月24日
ページ数:262ページ
定価:6,800円+税
出雲大社の平成の大遷宮や一般には公開されていない神事の写真が複数掲載される。迫力ある俯瞰や幻想な雰囲気に見ていて飽きることはない。

続きを読む 出雲大社 中野晴生写真集

加賀金沢 石浦神社⑥

石浦神社

石浦神社に初詣に行って来ました。
年が明けて「庚子」に変わったので通常の御朱印と

石浦神社

冬もうでという御朱印をいただきました。こちらは今回も神社名がありません。

石浦神社

鳥居前は狭いですね。三が日は大丈夫だったのでしょうか。

石浦神社

拝殿に参る。

石浦神社

御朱印は1と2をいただきました。

石浦神社

待つ間に境内を散策します。
手水は手前は造花ですが、白と桃の菊?は生花でした。

石浦神社

ふるまい酒は飲み放題ですね。

石浦神社

随分と経ちましたが、キマちゃんって何?っていう地元の人はまだいるようです。

石浦神社

キマちゃんは正月の縁起物にも、熊手や福枡にもついてます。

石浦神社
石川県金沢市本多町3丁目1−30

加賀金沢 金沢神社⑰

金沢神社

金沢市に鎮座する金沢神社に初詣に行って来ました。

金沢神社

年明け最初の平日ということで会社の参拝ピーク日なのですが、氏子のない当社は少ないのかと思いきや

金沢神社

結構人がいる。そう言えば受験シーズン真っ只中でしたね。学問の神としては金沢随一の人気ですから。

金沢神社

縁起物として昇運の凧がありました。県内では凧の縁起物は珍しいです。

金沢神社

今日の目的は拝殿天上画が描かれた干支の絵馬です。毎年初天神(1月25日)に求めようとすると品切れなので、今年は早々に入手しました。

金沢神社

萱ネズミでしょうか?

金沢神社
石川県金沢市兼六町1−3

加賀一の宮 白山比咩神社⑬

白山比咩神社

今日の締めくくりに白山比咩神社に初詣に行って来ました。
7日までの初詣期間に参拝に来たのは初めてです。

白山比咩神社

アプリで周辺道路が大渋滞していたので、少し離れた場所から歩いて行きます。
道路は駐車場に入るのに大渋滞でした。

白山比咩神社

表参道から入る。

白山比咩神社

神門も初詣仕様でいつもと雰囲気が違いますね。

白山比咩神社

神門をくぐり拝殿に参る。行列でしたが端が空いていたのでそちらで参りました。
やはり皆さん中央で参りたいのですね。

白山比咩神社

今年の大絵馬

白山比咩神社

奥宮にも参る。

白山比咩神社

そうこうしているうちに、拝殿前で市内消防団による加賀鳶はしご登りの奉納が始まりました。

白山比咩神社

はしご登りを横目に見ながら行列の御朱印に並びました。
40分待って御朱印いただきました。長かった。

白山比咩神社
石川県白山市三宮町ニ105−1

加賀小松 菟橋神社⑥

菟橋神社

小松市に鎮座する菟橋神社に初詣に行って来ました。

菟橋神社

4日にもなると祈祷者はいるものの駐車場はすんなり停められました。

菟橋神社

道路向かいの小松琴平神社にも参拝します。

菟橋神社

今年は本社以外に、小松琴平神社、日用神社の初詣御朱印も頒布されました。

菟橋神社

本社に参拝に行きます。

菟橋神社

拝殿に参る。
中には大勢の祈祷者がいたようで、少し経ってからゾロゾロと出てきました。

菟橋神社
石川県小松市浜田町イ-233