中世の阿蘇社と阿蘇氏 謎多き大宮司一族

中世の阿蘇社と阿蘇氏 謎多き大宮司一族
著者:柳田快明
発行所:戎光祥出版
発行日:2019年3月1日
ページ数:206ページ
定価:1,800円+税
豊臣秀吉により滅亡した阿蘇大宮司家。阿蘇社の最高権力者であった大宮司が一切祭祀に関わらなかった謎について追究する。


[目次]
第一部 阿蘇社の成立と躍動する大宮司
 第一章 中世の阿蘇社と阿蘇大宮司の成り立ち
 第二章 中世前期の大宮司の動向
第二部 大宮司家の分裂と南北朝内乱
 第一章 功罪おわせもった十四世紀内乱
 第二章 阿蘇氏と内乱の展開
 第三章 内乱後期、二人の大宮司
 第四章 惟村系と惟武系の対立
第三部 動乱の戦国時代と阿蘇
 第一章 両大宮司家の統一とその実態
 第二章 ふたたびの分裂と阿蘇家大乱
 第三章 中世大宮司制の終焉

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です