恵那神社誌

恵那神社誌
編輯兼発行者:恵那神社社司 梅村馨
発行日:1912年7月15日
ページ数:140ページ
頒価:1円
中津川市に鎮座する式内社恵那神社の神社誌。折れ、破れはあるものの古い本なのでページが欠損していないので良かった。現在の恵那神社は本社が麓にある里宮、恵那山山頂社は奥宮という呼び方だが、本書が編纂された当時は山頂社が本社、そのまわりにある摂社、麓の里宮は前社という構成だったことがわかる。神仏分離令により氏子範囲が大きく狭くなり3村のみとなる。氏子の3村の歴史を附録町村誌として追加してある。

[目次]
第一編 恵那神社総説
第二編 恵那神社由緒
第三編 往古に於ける氏子存在区域
第四編 総括

附録 町村誌
第一編 中津誌
第二編 落合誌
第三編 坂本誌

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です