「38愛媛県の神社」カテゴリーアーカイブ

伊予宇摩 村山神社

村山神社

四国中央市に鎮座する村山神社。御祭神は天照皇大神、斉明天皇(天豊財重日足姫命)、天智天皇(天命開別命)、天児屋根命。延喜式宇摩郡の比定社。

村山神社

境内への入口は南向きだが、社殿は東向き。社前の道は讃岐街道。入口に「縣社村山神社」と「延喜式内明神大社村山神社」の2つの社号標が建つ。

村山神社

少し坂を下ると鳥居

村山神社

中間に神門が建つ。

村山神社

神門には木造の随神が収められている。

村山神社

神門をくぐると拝殿前にお宝塚がある。

村山神社

石垣に囲まれた小山で、天皇の御陵所とも言われる。神域は斉明天皇が百済救援の道中滞在した磐瀬の行宮と伝えられ、その後長津と地名を改称したため長津宮と別称される。

村山神社

御神木のホルト

村山神社

拝殿に参る。

村山神社

神明造の本殿

村山神社

本殿左に境内社。脇に石鎚神社の石標があるが別のようだ。

村山神社

拝殿右に3つの境内社。一番奥が諏訪社だけ読み取れる。

村山神社

本殿右に一社と石祠

村山神社

お宝塚と拝殿の間にも一社ある。いただいた神社由緒によれば、境内社は出雲社、合祀社、天満宮、八坂社、愛宕社、諏訪社、水神社、慰霊社の八社あるというが、石祠を覗くとすべては見ていない。
宮司宅が北隣にあり、訪ねて御朱印をいただいた。

村山神社
愛媛県四国中央市土居町津根1865

伊予宇摩 土居神社

土居神社

四国中央市に鎮座する土居神社。三代実録記載の井河神の論社のひとつ。
御祭神は明治の神社合併で、入野の住吉神社、浦山の奥姫神社、畑野の大元神社の三村社を合祀し、表筒之男神、中筒之男神、底筒之男神、神功皇后、大山積神、高龗神、大雷神、多岐理比売命、天之御中主神の九柱。

土居神社

駐車場はないので近くの四国中央市土居庁舎に停め、歩くと境内入口だった。まだ参道は東に長く延びていたので、参道入口まで戻る。入口に鳥居と社号標。

土居神社

社殿は東向き。

土居神社

境内前や中にたくさんの歌碑が奉納されている。

土居神社

境内の南に整備された神苑、その先に聳えるのは二ツ嶽。そこに源を発する浦山川の下流に広がる「すすぎが原」は、往古「入野のはら」に鎮座する歌神住吉明神として崇敬を集めてきた。明和2年に入野の俳人関卜と、その子時風らによって名所「入野のはら」が「歌枕の入野」として顕彰されると、多くの文人、墨客の立ち寄る俳諧の苑となったという。

土居神社

拝殿に参る。

土居神社

拝殿内に入ることもでき、中に住吉明神の頃の絵馬が掛かっていた。

土居神社

本殿

土居神社

拝殿右に旧本殿の合祀殿。祀られるのは元宮の住吉大明神四柱の他境内末社の、三嶋神社、喜之戸神社、荒神社、七福神、十二社権現、辨天社、風留神社、神之木神社、国吉神社、今霊神社、三大妙現、天神宮。

土居神社

また旧拝殿も改修されて参集殿として残っている。

境内の北隣に宮司宅がある。御朱印をお願いすると神事の準備中だったというお忙しい中対応していただいた。待つ間に、境内の歌碑を一回りする。

土居神社
愛媛県四国中央市土居町入野196

伊予新居 黒嶋神宮

黒嶋神宮

新居浜市に鎮座する黒嶋神宮。御祭神は大山祇神、木花咲耶姫命、天御中主神。延喜式新居郡黒嶋神社の比定社。

黒嶋神宮

現在は地続きになっている黒島だが、西側を工業地域として埋め立てした結果であり、東には大島が沖に浮かんでいる。

黒嶋神宮

港沿いに路地を入っていくと道はだんだん狭くなっていく。神社前の参道に「式内 黒嶋神宮」の社号標が建つ。

黒嶋神宮

境内へは階段を上っていく。

黒嶋神宮

一区切り階段を上ると右手に社務所がある。参拝後に寄ってみたが留守だった。ちょうど境内の掃除を始める氏子の方がいたので、お話を聞くと数年前に宮司が亡くなったそうだ。今は氏子の方が交替で管理しているという。

黒嶋神宮

鳥居の先、階段の向こうに社殿が見える。鳥居の扁額は「黒嶋神社」。
平成13年3月の芸予地震で鳥居が崩壊し、1年で復興したようだ。

黒嶋神宮

階段を上がると社殿まで意外に広い空間が広がる。境内には天然記念物のツバキの群生林が広がる。

黒嶋神宮

拝殿に参る。

黒嶋神宮

賽銭箱の上に三色之宝珠

黒嶋神宮

拝殿左に鰐石。初め陰陽石かと思っていたが、秀吉の朝鮮出兵のときに黒島から参加した3名の水夫が持ち帰ったものという。

黒嶋神宮

本殿左に境内社の若宮神社

黒嶋神宮

本殿には凝った彫刻が施されている。

黒嶋神宮

参道右に境内社が並ぶ。

黒嶋神宮

天神社

黒嶋神宮

稲荷神社

黒嶋神宮

松尾神社

黒嶋神宮

石長姫神社

黒嶋神宮

本殿裏には猿田彦神社他、陶器の社がたくさん並んでいる。

黒嶋神宮

帰り、参道の先に三角形の秀麗な山が見えた。赤星山のようだ。

黒嶋神宮
愛媛県新居浜市黒島107

伊予東温 徳威三嶋宮

徳威三嶋宮

東温市に鎮座する徳威三嶋宮。御祭神は鹿屋野比賣神、大山積神、雷神、高龗神。三代実録記載の徳威神の論社。

徳威三嶋宮

内川にかかる由流宜橋を渡り、ゆるぎ公園の中を参道が延びる。橋を渡ったところに社号標

徳威三嶋宮

公園を抜けると、境内入口に鳥居と社号標

徳威三嶋宮

境内に入ると、左手に社務所。普段は無人のようで、宮司宅が裏にあるらしい。御朱印について尋ねたかったが、朝早かったので遠慮する。

徳威三嶋宮

参道の先、小さな神橋を渡り、社殿に至る。

徳威三嶋宮

拝殿はサッシで囲まれているが、開いたので中で参る。

徳威三嶋宮

木をそのまま割ったような扁額。拝殿の上には何枚もの絵馬が飾られている。

徳威三嶋宮

中に数枚、三十六歌仙がある。神社には明治34年に奉納され、文化財指定されている三輪田米山筆、藤田先蔵画の三十六歌仙絵馬が35枚あるというが、その一部だろうか。

徳威三嶋宮

御垣の中に本殿が建つ。

徳威三嶋宮

見ると左右に一社ずつ社が建っている。この2社は神社案内では境内社にカウントされていない。

徳威三嶋宮

神社は慶雲三年国司越智玉興が大三島から三神を勧請して上津社・中津社・下津社の三社を祀って「徳威三島神」と崇めたのを、寛永四年に松山藩主蒲生忠知が上津社・中津社を下津社に合祀したという。
よく見れば、この配置は大三島の大山祇神社と同じ配置であり、本殿の右に上津社、左に下津社ということであろう。

徳威三嶋宮

境内社は拝殿左にいずれも建つ。夷子神社

徳威三嶋宮

夷子神社の左奥に行くと十二社神社

徳威三嶋宮

境内の西端に五社の境内社が並ぶ。左から2番目には「祓戸四柱大神」と書かれているが、他は読めない。神社案内によると、残る境内社は龍神社、市之宮神社、和霊神社、荒神社、野田神社のいずれかとなる。

徳威三嶋宮

境内の東側に歌碑が奉納されている。

徳威三嶋宮
愛媛県東温市野田1丁目20番地11

伊予松山 波賀部神社

波賀部神社

松山市に鎮座する波賀部神社。御祭神は大山積命、雷神、高龗神を主祭神とし、寛王命を配祀する。
聖武天皇の御代に伊予の豪族越智玉純が大三島から勧請し石井郷一宮三島大明神と称す。後に嵯峨天皇の皇子寛王が、伊予国司として赴任しこの地で亡くなった折、神社の傍らに遺骸を葬り神霊を合祀したことから、社号を墓邉神社と改称したが、墓の字を忌み波賀部神社と改めたという。

波賀部神社

神社への参道、社殿ともに南向き。参道入口に鳥居、社号標「國史見在 波賀部神社」。三代実録記載の墓邊神の論社。

波賀部神社

参道沿いに並ぶ木は丸くきれいに剪定されている。

波賀部神社

社殿裏の森は松山市内最大の前方後円墳であり、古墳時代後期の首長墓である。

波賀部神社

拝殿に参る。

波賀部神社

拝殿左に境内社の生目神社(左)と金刀比羅神社(右)が並ぶ。

波賀部神社

本殿左には朝日社(左)と床浦神社(右)が並ぶ。

波賀部神社

拝殿後ろ御垣内に本殿

波賀部神社

本殿右には神輿庫

波賀部神社

拝殿右には一事神社(左)と太刀打神社(右)が並ぶ。

波賀部神社
愛媛県松山市高井町1067

伊予松山 天一神社

天一神社

松山市に鎮座する天一神社。御祭神は天之御中主神、奈賀神、水波之女命、伊邪那岐命、速開都姫命、 天吉葛命、少童命、比女神。三代実録記載の井河神の論社。

天一神社

今治から松山への山越えになる国道317号線沿いに「天一神社」の社号標が建つ。

天一神社

山の方に歩いて行くと途中に灯籠が建っている。

天一神社

集落の端に鳥居が建ち、階段を上っていく。

天一神社

深い杉の森の中、時間帯によっては薄暗い境内。入口に狛犬が建っている。

天一神社

拝殿に参る。

天一神社

戸がなく開放的拝殿。扁額は「天一神宮」となっていて地元には神宮と呼ばれているようだ。

天一神社

武家からの崇敬が篤かったいい、絵馬は武者絵が多い。

天一神社

祈雨に霊験があるとされ、祈雨祭が幾度と行われたといい、平成6年にも祈雨祭が行われたようだ。

天一神社

三十六歌仙の奉納額も掛かっている。

天一神社

本殿

天一神社

拝殿右に小さな池がある。湧き水であろうか。

天一神社

境内社は龍神社、御祭神は闇龗神。

天一神社

一段下には伊予十三佛の圓福寺がある。

天一神社
愛媛県松山市藤野町91

伊予今治 大須伎神社

大須伎神社

今治市に鎮座する大須伎神社。御祭神は少那毘古那命、阿遅鋤高日子根命、伊邪那美命、熊野忍隅命、品陀和気命、息長帯姫命。延喜式越智郡大湏伎神社の比定社。

大須伎神社

集落の中、山麓に階段が続き、社号標が建つ。由緒書もあるが植木が大きくなって埋もれている。

大須伎神社

少し上ると伊予熊野社の社号標。伊予熊野社は初代藩主久松定房公以来祈祷所として崇敬篤く、明治44年に合祀する。

大須伎神社

小林八幡神社は国司玉純公の崇敬篤く、やはり明治44年に合祀される。

大須伎神社

参道の途中「河上安固の腰掛岩」という霊石あり。河上安固は宝暦年間、権現山のこの岩の上に座って蒼社川の流れを調査し蒼社川治水を成し遂げた方という。

大須伎神社

鳥居をくぐってまだまだ参道は続く。

大須伎神社

ようやく階段の先に社殿が見えてきた。

大須伎神社

と階段の左方に神門が建っている。参道に建っていないので見逃しそうになるが、中の奉納額を見ると、神仏習合時の仁王門であったらしい。

大須伎神社

正面上部に3枚の神様の奉納額。三宝大荒神と書かれた中央の神は阿修羅のようだ。左の貴船神社は千手観音、右の出世毘沙門天は左手に仏塔を持っている。

大須伎神社

現在仁王はいないが、暗がりに目を凝らすと三十六歌仙の奉納額が並んでいる。

大須伎神社

注連縄鳥居の先に狛犬、社殿が建つ。

大須伎神社

狛犬は目と口と爪が彩色されていて独特な雰囲気がある。

大須伎神社

拝殿に参る。
拝殿に宮司宅の電話番号が書いてあったが、時間があまりなかったので御朱印を確認していない。

大須伎神社

拝殿の鬼瓦は龍の上に獅子が逆立ちしているようだが、非常に凝った彫刻になっている。

大須伎神社

屋根下の彫刻も獅子と、下は「瓢箪から駒」の故事のようだ。

大須伎神社

石橋で渡る本殿は独立している。

大須伎神社

本殿左からさらに参道が延び、赤い鳥居が建っている。

大須伎神社

右に無数の石祠が並べられている。

大須伎神社

山頂付近に稲荷神社が建っている。藤堂高虎公が伏見稲荷神社から勧請し今治城内に祀ったが、久松定房公がここに遷座したという。社殿近くに雨乞石が祀られている。

大須伎神社
愛媛県今治市高橋乙358-3

伊予今治 大浜八幡大神社

大浜八幡大神社

今治市に鎮座する大浜八幡大神社。御祭神は乎致命、饒速日命、天道日女命、仲哀天皇、応神天皇、神功皇后、武内宿禰、市杵島姫命、大穴牟遅神。三代実録記載の門島神の論社。

大浜八幡大神社

港に向かって延びる参道に2つの鳥居が建つ。一の鳥居の扁額は「八幡宮」、石清水八幡宮の扁額の写しで鳩八になっている。二の鳥居の扁額は「大濱八幡宮」

大浜八幡大神社

社前には来島海峡が広がり、しまなみ海道が見える。

大浜八幡大神社

参道を進むと、階段を上って境内に入る。

大浜八幡大神社

正面に建つのは「大濱八幡神社」の社号標

大浜八幡大神社

その横に伊予地方開拓の祖神、乎致命の像が建つ。

大浜八幡大神社

右に一段上がって社殿が建つ。

大浜八幡大神社

拝殿に参る。

大浜八幡大神社

貫や木鼻には波の彫刻がある。海に近いということもあろうが珍しい。

大浜八幡大神社

拝殿にはたくさんの奉納額が掲げられている。

大浜八幡大神社

境内に隣接して大きな溜池がある。中央の木に止まるのは海鵜か

大浜八幡大神社

境内社の杵築神社、御祭神は大穴牟遅神。

大浜八幡大神社

その左に潮富貴神社、御祭神は瀬織津姫神、速開津姫神、気吹戸主神、大宮能売神。

大浜八幡大神社

神輿庫には

大浜八幡大神社

大小の神輿や獅子頭が収納されていた。

大浜八幡大神社

境内には伊藤博文公の像も建つ。伊藤博文公は越智氏族に連なるらしい。

大浜八幡大神社

溜池を挟んで対岸に建てられている「越智氏族発祥之地」の石碑

大浜八幡大神社

参道口の社務所は留守であり、もう一軒手前の宮司宅を訪れて御朱印をいただいた。

大浜八幡大神社
愛媛県今治市大浜町3-1-9

伊予今治 吹揚神社

吹揚神社

今治市の今治城内に鎮座する吹揚神社。御祭神は天照大神、八幡大神、事代主神、大己貴神、厳島大神、藤堂高虎公、久松定房公。
今治市内に鎮座していた神明宮、蔵敷八幡宮、厳島神社、夷宮の四社を明治5年に合祀した。今治藩初代の藤堂高虎公と続く松平久松家祖神を後に奉還する。

吹揚神社

駐車場のある鉄御門に続く北側の道の入口に社号標が建つ。

吹揚神社

場内の東南に神社は鎮座する。鳥居をくぐり階段を上ると復元された城門をくぐる。

吹揚神社

昭和20年の空襲と昭和55年の放火の二度焼失し、再建された社殿はまだまだ新しい。

吹揚神社

拝殿に参る。

吹揚神社

本殿

吹揚神社

本殿右に鹿香神社。建築業の祖神を祀る。

吹揚神社

拝殿右に土居神社。祀るのは住吉大神か。

吹揚神社

本殿左には稲荷神社。宇迦之御魂神を祀る。

吹揚神社

境内の東端には住吉神社。入口には「猿田彦神社」と「交通守護 住吉神社 海神社 猿田彦神社 天満宮」の二本の社号標が建つ。住吉大神、猿田彦大神、菅原道真公を祀る。

吹揚神社

境内には授与所がある。授与所で御朱印を尋ねると、城内に社務所があるという。確かに案内図には今治城天守を挟んで西側に社務所が記載されている。城内に建つ少し不釣り合いな住宅が社務所。今治城に来て訪ねる方はほぼいないと思うが、伺って御朱印をいただく。

吹揚神社

天守にも上り、眼下に神社を見る。

吹揚神社
愛媛県今治市通町3丁目1-4

伊予松山 高縄神社

高縄神社

松山市に鎮座する高縄神社。御祭神は大山積神、高龗神、鳴雷神。三代実録記載の高縄神の比定社。

高縄神社

高縄山の麓に鎮座する社殿から西の海へ車道を兼ねた長い参道が続く。かなり手前に一の鳥居が建つ。右に「縣社 高縄神社」、左に「式外旧社 推古帝勅願所 高縄神社」の社号標が建つ。

高縄神社

途中に狛犬が迎えてくれる。

高縄神社

境内へは最後に階段を上っていく。

高縄神社

振り返れば瀬戸内海。今にも雨が降りそうな天候

高縄神社

門(随神門だろうか)をくぐると正面に拝殿

高縄神社

左方に絵馬殿

高縄神社

たくさんの奉納額が掲げられている。奉納年代も広く、長く崇敬を集めているようだ。

高縄神社

拝殿の左に建っているのは社務所と参集殿か

高縄神社

拝殿に参る。こちらにも絵馬が奉納されている。

高縄神社

高縄神社

拝殿右に稲荷社。豊受大神、倉稲魂神と祀る。

高縄神社

本殿は玉垣の中に建ち、拝殿とは幣殿でつながっている。

高縄神社

横長の社殿は御神像十六軀を奉安していたという十六王子社だろうか。 

高縄神社

その右に祖霊社が建つ。

高縄神社

左には祭具庫と境内社が一社。絵馬殿横にも一社あったが、いずれかが猿田彦命を祀る御先社、もう一社が金刀比羅大権現、須佐之男神、大山積神を祀る金刀比羅社だと思われる。

参拝途中、ついに雨が降ってきた。9時前だったので車中で少し待っていると、階段前の神職宅と思われる家の方が出てきたので御朱印について聞いてみた。高縄神社の神職は階段前のこの家と、上の溜池の奥にある家の2軒が交替で勤めていて、現在は溜池の奥の家が宮司を勤めているということだった。そちらを訪ねて御朱印をいただき、待っている間いろいろと話をさせていただいた。

高縄神社
愛媛県松山市宮内甲102

伊予松山 阿沼美神社

阿沼美神社

松山市に鎮座する阿沼美神社。御祭神は大山祇神、月讀神、高靇神、雷神。延喜式温泉郡明神大社阿治美神社の論社。

阿沼美神社

神社の西の集落内から長い参道が続く。集落の交差点に「郷社 阿沼美神社」の社号標と鳥居が建つ。社号標の後ろに樹齢三百年の大杉が聳えている。

阿沼美神社

道路の真ん中に建つ鳥居は嘉永二年の銘がある。

阿沼美神社

お宮山と呼ばれる丘陵の上り道には奉納碑が建つ。左の住宅が宮司宅のようだったが早朝なので遠慮した。

阿沼美神社

社叢に入ると、階段の前に鳥居。階段の先に社殿が見える。

阿沼美神社

階段前の左には地元出身者の慰霊碑が建っている。

阿沼美神社

大きな社殿だ。拝殿に参る。

阿沼美神社

注連縄も大きい。

阿沼美神社

拝殿右に「阿沼美宮得石額之碑」が建っている。天保四年に社前御幸橋を修理したとき地中から出土した石額あり、裏面に「延文五年」「願主岡田氏」と刻まれているという。

阿沼美神社

拝殿には扁額が多く掲げられている。

阿沼美神社

歌舞伎演目と思われる奉納額もある。

阿沼美神社

本殿も大きい。

阿沼美神社

拝殿左方の境内社、左から阿奈波大明神、稲荷神社、多賀大神宮の三社殿。

阿沼美神社

前に奉納された男根が複数ある。社殿右にも男根の陽石が奉納されている。

阿沼美神社

その右に貴布禰神社、十六皇子神社、神殿神社の三社殿が建つ。前に力石が奉納されている。

阿沼美神社

本殿の右方に社務所が建っている。ここまで道路が舗装されている。

阿沼美神社
愛媛県松山市平田町宮内983

伊予松山 日招八幡大神社

日招八幡大神社

松山市に鎮座する日招八幡大神社。御祭神は品陀和気命、息長帯姫命、宗像三女神。松山の八社八幡の五番社。
元慶年間に八幡神を合祀し、門島座石清水八幡宮と号したという。三代実録記載の門島神の論社。

日招八幡大神社

住宅地の中に社叢があり、参道も住宅の間の道路になってしまっている。一本の松がその名残か

日招八幡大神社

社前道路に石橋が埋まる。早朝だが近所の方が境内を掃除しに来た。

日招八幡大神社

保免獅子舞保存会と日招太鼓保存会の会員募集の案内が立っている。どこも伝統継承にも苦労していますね。

日招八幡大神社

境内入口に神門

日招八幡大神社

その横に「郷社 日招八幡大神」の社号標が建つ。最後の「社」はかつてあったのか、もともとなかったのか

日招八幡大神社

新しい拝殿。拝殿に参る。

日招八幡大神社

幣殿、本殿も新しい覆屋の中にある。

日招八幡大神社

拝殿の右前におとよ石が祀られている。松山城の築城で石を運ぶ仕事で、長い勤めで疲れていたおとよが一つ丸に二の字の入った大きな石を運び始め、よろめきながら日招神社のところまで来て倒れてしまったという。

日招八幡大神社

拝殿左側に境内社が並ぶ。左から山王大権現、祇園社、火鎮社、春日社

日招八幡大神社

拝殿右に佐々木社

日招八幡大神社

恵美須社、高良社

日招八幡大神社

金刀毘羅社

日招八幡大神社

一番東端に建つのは祖霊社

日招八幡大神社

境内の木はどれも大きい。開発される前は周辺にも森が広がっていたのだろうか

日招八幡大神社

境内の東に授与所と書かれたお宅があった。御朱印について聞いてみたかったが、早朝だったので遠慮した。

日招八幡大神社
愛媛県松山市保免西1-4-3

伊予西条 石岡神社

石岡神社

西条市に鎮座する石岡神社。御祭神は誉田別尊、気長足姫尊、宗像三女神。

石岡神社

道路の分岐点に一の鳥居と社号標が建つ。参道はまっすぐに社殿へと向かう。南東向き。

石岡神社

鳥居の脇に歌碑が建つ。

石岡神社

道路が終了し、境内の入口に建つ二の鳥居

石岡神社

狛犬は下に重心があり安定感がある。

石岡神社

三の鳥居の先に神門

石岡神社

境内にはクスノキの大木が多い。

石岡神社

拝殿に参る。

石岡神社

本殿

石岡神社

境内社が拝殿の左右に複数建つ。左から時計回りに参る。
山王神社

石岡神社

桜木神社

石岡神社

金刀比羅神社

石岡神社

稲荷神社

石岡神社

地護大明神、玉積神社、楠社の合祭殿。ここまでが左側

石岡神社

高良神社。この社のみ参道向きではなく、本殿の右に同じ方向に建つ。

石岡神社

宇賀神社

石岡神社

厳島神社

石岡神社

猿田彦神社

石岡神社

恵比須神社

石岡神社

杉尾神社

石岡神社

若宮社

石岡神社

○内神社(一文字目が不明)

石岡神社

資料館

石岡神社

秋の例大祭にはだんじりが出るという。

石岡神社

二の鳥居と三の鳥居の左、旧社家と神社が建つ。

石岡神社

社家玉井氏の顕彰碑、由来を書いた案内板も建つ。戦後のある時期に社家と氏子の間に不和が生じ、社家が退任したということらしい。

石岡神社

現在の社家は一の鳥居の脇に社務所、裏に自宅があり、そちらで御朱印をいただく。

石岡神社
愛媛県西条市氷見乙1368

伊予西条 石鎚神社口之宮本社

石鎚神社口之宮本社

西条市に鎮座する石鎚神社口之宮本社。御祭神は石鎚大神。石鎚神社は口之宮本社、中宮成就社、奥宮頂上社、土小屋遙拝殿の四社で構成される。

石鎚神社口之宮本社

国道11号線沿いに建つ大鳥居

石鎚神社口之宮本社

進むと石造の一の鳥居と社号標が建つ。

石鎚神社口之宮本社

さらに進むと神門

石鎚神社口之宮本社

神門には随神ではなく、大天狗と小天狗の像が立つ。

石鎚神社口之宮本社

第二駐車場からの参道の真ん中に御神木のヒノキが立つ。

石鎚神社口之宮本社

階段を上っていく。

石鎚神社口之宮本社

途中踊り場、第一駐車場からの入口に境内社の大石社、御祭神は猿田彦命。

石鎚神社口之宮本社

会館と社務所の間を通り、もうひとつ階段を上ると、右手に三倍神社、御祭神は素戔嗚尊を主祭神とし、言代主神を相殿に祀る。もとは石鎚山山麓の今宮の産土神であった。

石鎚神社口之宮本社

方違社、御祭神は歳徳神。

石鎚神社口之宮本社

石橋を渡り、右に曲がると本社だが、もうひとつ奥からまわることにする。

石鎚神社口之宮本社

祓戸大神を祀る祓所。

石鎚神社口之宮本社

滝のある池

石鎚神社口之宮本社

階段には手すり代わりに鎖が張られている。

石鎚神社口之宮本社

階段を上ると祖霊社。御祭神は開山の役の行者、別当前神寺と横峰寺の主管者、明治以後の祀宮、社司などの神職者、先達の物故者となっている。

石鎚神社口之宮本社

祖霊社の前に石鎚山遙拝殿があり、一つ前の奥宮頂上社の石殿が祀られている。

石鎚神社口之宮本社

その遙拝殿の裏に鳥居が立ち、道が続くがどこに続いているのか。

石鎚神社口之宮本社

祖霊社の左に御神水所

石鎚神社口之宮本社

右には綜合摂社が建つ。

石鎚神社口之宮本社

大きな石祠は天皇宮、御祭神は素盞嗚命。

石鎚神社口之宮本社

隣の合祭殿は、秋葉神社(火之加具土神)、大山祇神社(大山祇神)、伊雑社(皇大神)、荒神社(天照皇大御神荒魂)、河内八幡神社(誉田別命)、開拓社(三右エ門命)が並ぶ。

石鎚神社口之宮本社

本社の拝殿に参る。

石鎚神社口之宮本社

本社からは西条市が見渡せて気持ちが良い。

石鎚神社口之宮本社

授与所で石鎚神社三社目の御朱印をいただく。

石鎚神社口之宮本社

本社からの階段には石鎚山の三の鎖のかつての鎖が張られている。

石鎚神社口之宮本社

階段を下りたところの池の前に厳島社が建つ。

石鎚神社口之宮本社
愛媛県西条市西田甲797番地

伊予西条 西條神社(西條東照宮)

西條神社

西条市に鎮座する西條神社。御祭神は徳川家康公、西條藩初代藩主松平頼純公以下10代頼英公まで。西條藩松平家は紀伊徳川家の分家で、2代と5代が紀州藩主となっている。

西條神社

境内は東向き。右隣の楢本神社は別の独立した神社。

西條神社

入口の左に伊曽乃宮お旅所と書かれた建物。伊曽乃神社の10月例大祭ではだんじりとみこしが集結し、裏の加茂川に川入りするという。お旅所の場所は元西條神社の境内地で、戦後の一時期伊曽乃神社の摂社となった後、独立する際に取られたのだと聞いた。

西條神社

神門をくぐり境内に入る。

西條神社

拝殿に参る。

西條神社

拝殿にかかる扁額。正面の「西條神社」は山岡鉄舟の書。奥の半分見えているのが勝海舟の書で「東照宮」と旧県社の格式を感じさせるものがある。

西條神社

拝殿右前に鶴亀石

西條神社

拝殿右に境内社が一社。

西條神社

伊予路大町に泊まった小林一茶の俳句碑。

西條神社

本殿右に境内社が一社。

西條神社

本殿は神明造。

西條神社

宮司宅の前に田中大祐翁が乃木将軍邸から持ち帰って奉納した「乃木将軍の梅」がある。
宮司宅で御朱印をお願いし、その後神社の案内をしていただいた。

西條神社
愛媛県西条市大町1159

伊予西条 伊曽乃神社

伊曽乃神社

西条市に鎮座する伊曽乃神社。御祭神は伊曽乃神。延喜式新居郡の論社で、明神大社。

伊曽乃神社

北向きの参道。一の鳥居

伊曽乃神社

一の鳥居から長い参道が続く。晴天が気持ちよく、静かな空間だ。

伊曽乃神社

しばらく進むと、左手に駐車場へ続く道路が参道を横切るところに「国幣中社 伊曽乃神社」の社号標が建つ。

伊曽乃神社

石畳のなだらかな坂を上ると二の鳥居。

伊曽乃神社

正面に大きな御神木が見えてくると、右手に本社、左手に古茂理神社が鎮座する。

伊曽乃神社

左手の古茂理神社、御祭神は木花之佐久夜毘賣命。中村村の産土神で、境内に隣接して境内社のように見えるが本社からは独立している神社。

伊曽乃神社

授与所で御朱印も授与されている。

伊曽乃神社

古茂理神社の左に境内社。三社の郷祭殿に見えるが、中央は狐が置かれているので稲荷神社か。

伊曽乃神社

周囲の川(水は流れていないが)沿いにも小祠が置かれている。

伊曽乃神社

本社正面の神門の前に二本の大きな御神木が立つ。

伊曽乃神社

拝殿に参る。

伊曽乃神社

拝殿のまわりを左から時計回りに境内社をめぐる。御先神社、御祭神は猿田毘古神。

伊曽乃神社

横から見た本殿

伊曽乃神社

本殿裏に拝所がある。

伊曽乃神社

鎮守神社(又野神社)、御祭神は又野の村上平兵衛、宇高の高橋孫兵衛、高橋弥一左衛門の三名。宝暦の強訴の義民を祀る。

伊曽乃神社

瑞枝神社、御祭神は祖霊と久門家祖神。いわゆる祖霊社に近い。

伊曽乃神社

山王神社(大山咋神)、厳島神社(多紀理毘売命、市寸島比売命、多岐都比売命)、妙見神社(八千鉾神)の合祭殿

伊曽乃神社

加茂・神戸両郷内諸社遙拝所となる遙拝社。境外末社の遙拝所。

伊曽乃神社

天満神社、御祭神は菅原道真公、大物主命、可々背男命、大山積命、神田大明神。

伊曽乃神社

拝殿の前には古茂理神社の御祭神でもある木花開耶姫命の像が建つ。

伊曽乃神社

拝殿前には井戸や土俵もある。

伊曽乃神社

伊曽乃神社には、石鎚神が山頂から投げた3つの石が落下した真ん中の場所に居を定めたという伝承があり、一の鳥居横にあるというのが、「石鎚神社の投石」が鳥居の右横にある石らしい。案内板も何もないのでじっくり見なかった。

伊曽乃神社
愛媛県西条市中野甲1649

伊予西条 石鎚神社奥宮頂上社

石鎚神社奥宮頂上社

西条市に鎮座する石鎚神社奥宮頂上社。石鎚山の弥山頂上に鎮座する。御祭神は石鎚大神。

石鎚神社奥宮頂上社

成就社の山門をくぐってしばらく行くと遙拝の鳥居が建つ。しかし、いよいよ頂上へ向かうというのに下り道というのは後が辛そうだ。

石鎚神社奥宮頂上社

試しの鎖。順番待ちもあり、また今日は鎖が濡れているので迂回することにする。

石鎚神社奥宮頂上社

一の鎖

石鎚神社奥宮頂上社

鳥居の先は二の鎖、三の鎖

石鎚神社奥宮頂上社

「おのぼりさんで」「おくだりさんで」というかけ声は聞くことなかったが、迂回の階段は斜面に作られており、下が見えない状況は高所が苦手な自分には良かったかもしれない。

石鎚神社奥宮頂上社

頂上小屋が見えてきた。

石鎚神社奥宮頂上社

山頂社は霧雨の中、真っ白だった。

石鎚神社奥宮頂上社

拝所に参って、横の授与所で御朱印をいただく。

石鎚神社奥宮頂上社

頂上の祠には鳥居が建っている。頂上までの安全に感謝し、下山の無事を祈る。

石鎚神社奥宮頂上社

風も強く、天狗岳は全く見えない。早めの昼食をとり、早々に下山を始める。

石鎚神社奥宮頂上社

山頂成就駅に着いて間もなく、13時40分のロープウェイで石鎚山を後にする。

石鎚神社奥宮頂上社

山麓の駐車場は良い天気だ。開山すぐの山の天気はやはり難しい。

石鎚神社奥宮頂上社
石鎚山弥山頂上(標高1974m)

伊予西条 石鎚神社中宮成就社

石鎚神社中宮成就社

西条市に鎮座する石鎚神社中宮成就社。石鎚山の中腹に鎮座する。御祭神は石鎚大神。

石鎚神社中宮成就社

石鎚山登拝表口には7時40分に到着。麓は良い天気で、登山準備をして出発する。

石鎚神社中宮成就社

山麓下谷駅はすでに行列で、なかなかロープウェーには乗れそうにありませんでした。
ちなみに前の犬連れの方は犬とともに頂上まで登りました。犬って案外高山病には強いのかな?

石鎚神社中宮成就社

山頂成就駅には8時40分到着。駐車場到着からすでに1時間経つ。標高は1300mでここからさらに700mほど登る。

石鎚神社中宮成就社

徒歩で5分。前神寺奥の院に到着。ロープウェイを下りてから雲の中に入ったようだ。

石鎚神社中宮成就社

杖立王子社。本社から頂上社までの間に36の王子社があり、祈願納め札を納めて参る巡拝行(3泊4日)も行われているという。

石鎚神社中宮成就社

奥の院から徒歩10分、成就社に到着。

石鎚神社中宮成就社

旅館の間を抜けると社殿の前に鳥居

石鎚神社中宮成就社

拝殿に登山の安全を祈る。

石鎚神社中宮成就社

隣の授与所で御朱印をいただく。

石鎚神社中宮成就社

拝殿左に見返り遙拝殿

石鎚神社中宮成就社

天気が良ければ石鎚山頂上が見えるというが、残念ながら真っ白

石鎚神社中宮成就社

大きな天狗の面が掛けられている。

石鎚神社中宮成就社

高下駄も奉納されている。

石鎚神社中宮成就社

遙拝殿の右に八大龍王社。この社の裏にリフト乗り場がある。

石鎚神社中宮成就社

山門をくぐって山頂へと向かう。

石鎚神社中宮成就社
愛媛県西条市小松町石鎚字上黒河422

伊予西条 大元神社

大元神社

西条市に鎮座する大元神社。石鎚山への途上の集落にあり、御祭神は国常立命、素盞嗚尊。
石鎚山の登山口までの道のりは集落がほとんどなく、ここも石鎚信仰に関係の深い集落です。

大元神社

鳥居と社号標の建つ入口は西向きだが、

大元神社

参道はカーブして社殿は東向きに建つ。

大元神社

狭い斜面の平地を最大限利用して社殿が建てられている。

大元神社

拝殿に参る。

大元神社

扁額の代わりというか絵馬が掛けられている。鬼を退治する武者の絵、何か由緒に関係するものだろうか。

大元神社

本殿左に境内社が一社。詳細は不明

大元神社

右の一社は荒神社、谷位神社、坂城神社、金刀比羅社、片山神社の合祀社。明治の神社整理で周辺の神社を合祀したものらしく、左の一社もそういうものか。

大元神社
愛媛県西条市中奥千野々1-35

伊予西条 保内八幡神社

保内八幡神社

西条市に鎮座する保内八幡神社。御祭神は応神天皇、神功皇后、仲哀天皇、市杵嶋姫命、湍津姫命、田心姫命、武内宿禰。

保内八幡神社

境内は南東向き。社前の道路を挟んで燈籠が並ぶ。かつては東を流れる新川に向かって参道が延びていたのかもしれない。

保内八幡神社

入口に鳥居と「郷社 保内八幡大神」の社号標が建つ。境内はクスノキの大木が多い。

保内八幡神社

鳥居の扁額には「周敷神社保内道八柱宮」と中央に、右に「八幡大神 周敷神」、左に「道祖神 八柱乃神」と彫られているようだ。

保内八幡神社

拝殿に参る。

保内八幡神社

渡り廊下でつながる本殿

保内八幡神社

本殿右に三社の境内社が並ぶ。右から荒神社、塞の神、稲荷神社

保内八幡神社

本殿裏にも拝所が設けられている。

保内八幡神社

拝殿左手に境内社として周敷神社が鎮座する。延喜式桑村郡の論社で、御祭神は國常立命、火明命。

保内八幡神社

周敷神社の前のクスノキは特に周囲が大きく、注連縄が張られている。

保内八幡神社
愛媛県西条市円海寺172

伊予今治 綱敷天満神社

綱敷天満神社

今治市に鎮座する綱敷天満神社。御祭神は菅原道真公。社務所はふだん無人らしく、また早朝だったこともあり御朱印の有無は確認していない。

綱敷天満神社

明日が例大祭の日だったらしく、集落内に幕が掛かっていた。

綱敷天満神社

境内入口に鳥居と社号標。
太宰府への配流の途中、風波にあおられ当地の里人が助け、志島の東端の岩上に御座所を設けたが、急なことで敷物がなく漁船の綱を丸く巻き円座の替わりとしたという古伝により「綱敷天神」と呼ばれた。

綱敷天満神社

絵馬殿

綱敷天満神社

境内一帯は志島ヶ原という国名勝で、砂地に松原が広がる。

綱敷天満神社

拝殿前にも松の大木が立つ。拝殿に参る。

綱敷天満神社

拝殿の木鼻は龍の浮き彫りでとても凝っている。

綱敷天満神社

拝殿前の燈籠?の獅子の彫刻もいい。

綱敷天満神社

「梅の花 幾世の春や匂うらん 志島が原の神の宮居に」
伏見親王の歌碑が建つ。

綱敷天満神社

境内社の皇大神社

綱敷天満神社

住吉神社

綱敷天満神社

須賀神社と荒神社の合祀殿

綱敷天満神社

風呂神社の社名標が建つ境内社には

綱敷天満神社

中央に風呂明神社、右に事代主神社、左に桜川神社の三社が祀られている。

綱敷天満神社
愛媛県今治市桜井6丁目2−1

伊予今治 上徳三嶋神社

上徳三嶋神社

今治市に鎮座する上徳三嶋神社。御祭神は大山津見命を主祭神とし、上津姫命、下津姫命を配祀する。延喜式越智郡姫坂神社の論社。

上徳三嶋神社

境内は東に流れる川の土手下に広がる。入口に鳥居

上徳三嶋神社

入口の藤がきれいに咲いている。

上徳三嶋神社

参道を進むと2組の狛犬の先に社殿

上徳三嶋神社

参道の左手に社号標が建つ。

上徳三嶋神社

拝殿に参る。

上徳三嶋神社

本殿。大三島より勧請した伊予八社の三島宮のうちの一社という。

上徳三嶋神社

本殿左手に境内社が並ぶ。左が須佐之男神社、右が大己貴神社。

三嶋神社

須佐之男神社の左に、池の中に厳島神社。

上徳三嶋神社

本殿左の小山の上に境内社

上徳三嶋神社

中央の一社がひとまわり大きい。

上徳三嶋神社

その奥に大石が並び、その一つに注連縄が掛けられている。

上徳三嶋神社

階段の下に小祠が建つ。

上徳三嶋神社

その横に「○神宮大明神」の扁額が残っている。一番上の字が少し風化して読めない。

三嶋神社
愛媛県今治市上徳字高森194

伊予今治 三島神社

三島神社

今治市に鎮座する三島神社。御祭神は大山祇命。

三島神社

神社境内に隣接して、法徳寺、天祐寺、観喜寺の三ヶ寺が集まっている。

三島神社

朝焼けの中、境内に入る。

三島神社

入口に「三島神社」と「姫坂神社」の社号標が建つ。

三島神社

一の鳥居をくぐり、二の鳥居の前に狛犬があり、少し前屈みで、大きな目がどことなく愛嬌がある。

三島神社

二の鳥居の先は階段

三島神社

階段を上ると正面に三島神社の拝殿、右に境内社が並ぶ。拝殿に参る。

三島神社

三島神社の本殿

三島神社

姫坂神社の拝殿。延喜式越智郡の論社。御祭神は市杵嶋比賣命。

三島神社

姫坂神社の本殿。横に「姫坂社奉還 社殿修復」の碑が建ち、施主は越智さんで、当国はこの姓が多い。

三島神社

もう一社の境内社。

三島神社
愛媛県今治市町谷楠谷甲502・乙7

伊予今治 龍神社

龍神社

今治市に鎮座する龍神社。御祭神は彦火火出見命、高龗神、闇龗神、豊玉彦命。三代実録記載の龍神とされる。
神武東征で激しい風波を鎮め航海安全を願って龍神を祭祀されたと伝えられる地に鎮座する。

龍神社

神社への道路入口看板。船上継獅子で有名らしい。神社の由緒書きによれば、伊勢代神楽の流れを組む200年続く伝統芸能で、5月第3日曜日に行われるという。

龍神社

海岸に出る。彼方に織りなすように見える島々が美しい。

龍神社

海岸沿いを西へ。途中海の中に鳥居が建っているのが見える。

龍神社

途中海小屋らしい建物の先に社殿が見える。

龍神社

境内は崖と海の間の狭い平地

龍神社

拝殿に参る。

龍神社

拝殿の鬼瓦にも龍が施されている。

龍神社

拝殿裏の本殿

龍神社

海沿いに建つにしては社殿が新しいと思っていたが、平成3年9月の台風によって本殿拝殿が流出し再建されたということであった。

龍神社

対岸に回り込み、正面から鳥居と社殿を見る。ちょうど夕焼けの時間であったが、今日は雲が厚くあまりきれいには見えなかった。

龍神社
愛媛県今治市大西町九王853

伊予伯方島 喜多浦八幡神社

喜多浦八幡神社

今治市伯方島に鎮座する喜多浦八幡神社。御祭神は息長足比売命、品陀和気命、伊邪那岐命、伊邪那美命、少名毘古那命、天目一箇命、他八柱を配祀する。白鳳二年九州博多の筥崎宮から分霊勧請し創建された。伯方島の名の由来ともいう。

喜多浦八幡神社

南向きに表参道がある。駐車場は境内の西の裏参道にある。

喜多浦八幡神社

鳥居の前に亀石があり、長寿・縁結びの亀として「愛染どんす」と呼ばれている。「どんす」はこの地方の方言で亀のことらしい。

喜多浦八幡神社

鳥居の扁額には「八幡大神社 合祀伊方神社」とある。伊方神社は伊方の小御所山に鎮座していたのを承久の乱後、河野通秀が当社に合祀する。御祭神は天目一箇命。三代実録記載の伊方神の論社。
神社名は「喜多浦八幡神社」であるが、これは通称で、正式名は「喜多浦八幡大神神社」というようだ。由緒書きと旗、それに拝殿扁額には「喜多浦八幡大神神社」、社号標は「喜多浦八幡大神社」、鳥居の扁額は「八幡大神社」となっている。

喜多浦八幡神社

階段を上って社殿に、階段前に境内社が両側に建つ。

喜多浦八幡神社

右に伊邪那岐・伊邪那美神社

喜多浦八幡神社

左に塞神社・土居明神の合祭殿

喜多浦八幡神社

階段を上ると鳥居の先に社殿が見えてくる。前は広い平場になっている。

喜多浦八幡神社

拝殿に参る。

喜多浦八幡神社

扁額の下の牛車の彫刻も凝っている。

喜多浦八幡神社

中に入れたので、拝殿にかかる絵馬を見る。中に「大江山一代記」の絵馬がある。

喜多浦八幡神社

境内には嘉永三年に建てられた芝居小屋が残り、絵馬の演目なども上演されていたのだろう。

喜多浦八幡神社

参道右に、野間神社、城山神社、赤瀬神社、八面荒神社、田窪神社の合祭殿。神社整理の合祀社を本殿ではなく、境内社に祀るのがこの辺りの特徴のようだ。

喜多浦八幡神社

隣に神輿倉

喜多浦八幡神社

隣に奈良原神社、武内神社、天満神社、馬越神社、秋葉神社の合祭殿。

喜多浦八幡神社

参道左に表忠之碑

喜多浦八幡神社

隣に小田明神、中村神社、和岐神社、船越神社、妙見神社の合祭殿。

喜多浦八幡神社

隣に三社明神、竹田神社、八巻厳島神社、沖上神社、川口神社の合祭殿。

喜多浦八幡神社

本殿の左後ろには筥崎宮と大山祇神社の遙拝所

喜多浦八幡神社

本殿の右後ろには神宮遙拝所

喜多浦八幡神社

本殿裏の磐座3つに注連縄が張られているのは印象的だった。

喜多浦八幡神社
愛媛県今治市伯方町北浦2463

伊予大三島 三嶋神社

三嶋神社

今治市大三島に鎮座する三嶋神社。御祭神は大山積神。

三嶋神社

社殿は西向き。参道も西にまっすぐ延びる。

三嶋神社

境内の入口に鳥居と狛犬

三嶋神社

拝殿に参る。三嶋神社は大山祇神社の旧御旅所で御浜殿と呼ばれ、秋の産須奈大祭では本社の神輿3基が神幸する。

三嶋神社

拝殿の後ろに御垣に囲まれた本殿。左奥には裏口の鳥居が建っている。

三嶋神社

拝殿右には小宮と呼ばれる合祀された神社の合祀殿が建つ。平成28年9月に新築されたばかりで、まだ新しい。
本殿に近い手前から、石神社、九頭龍神社、五穀神社、恵比須神社、伊曽乃神社、川崎神社、金比羅神社、地神社、下荒神社、宗忠神社(ここまで手前の小宮)、天神社、保食社、荒神社、祇園神社、地神社、厳島神社が祀られる。

三嶋神社
愛媛県今治市大三島町台

伊予一の宮 大山祇神社

大山祇神社

今治市大三島に鎮座する大山祇神社。御祭神は大山積神。延喜式越智郡の比定社で明神大社、伊予国一宮。全国の大山祇神社、三嶋神社の総本社。

大山祇神社

今日は帰省ラッシュに加え、駐車場の藤公園で藤まつりが開催されていて、意図せず市役所大三島支所に導かれたため、一の鳥居から参拝を始めることになった。

大山祇神社

鳥居の前は宮浦港で、しまなみ海道ができるまでは船でここに上陸して参拝していた。港の南に御串山の岬の方に摂社阿奈波神社が建つので、先に参拝することにする。

大山祇神社

途中海の岩場に鶴姫像が島を見つめている。鶴姫は大山祇神社社家の大祝家の姫君で、戦国時代に大内氏侵攻に対して水軍を率いて戦い、戦いで亡くなった恋人の後を追って海に身投げしたという伝説が残る。
右手に大三島最高峰の鷲ヶ頭山、古来より神の山として崇められてきた。

大山祇神社

海沿いの先に社殿が見えてきたが、何かがおかしい。

大山祇神社

西向きの境内に裏から入ると、木材や瓦が積まれている。鳥居や燈籠も崩壊している。後で聞いたところによると、昨年秋の集中豪雨で御串山の斜面が崩れ、社殿の一部が潰れたという。そういえば、参道入口は通行止めのようになっていたが、車両で入るなということかと思っていた。

大山祇神社

拝殿(拝所?)はなくなっているが、本殿はかろうじて助かったようで、本殿に参る。御祭神は磐長姫命

大山祇神社

一の鳥居から表参道を歩く。

大山祇神社

社叢の入口に到着。「大日本総鎮守大山祇神社」の社号標と二の鳥居。社号標は伊藤博文の揮毫、鳥居扁額は藤原佐理揮毫の写し。

大山祇神社

石橋と「延喜式内社 伊豫国一宮 大山祇神社」の社号標の向こう総門が見えてくる。

大山祇神社

総門は平成22年に室町時代の古図をもとに再建された門で

大山祇神社

「日本総鎮守 大山積大明神」の扁額が掛かっている。

大山祇神社

斎田、御田植祭で早乙女による田植え、抜穂祭で抜穂乙女による収穫が行われ、神事に用いられる稲。

大山祇神社

御桟敷殿、御田植祭と抜穂祭で神輿3基が渡御する。

大山祇神社

昭和60年に造営された絵馬殿

大山祇神社

神功皇后の絵馬が掛かる。

大山祇神社

末社馬神社と神馬舎、天斑駒神を祀る。

大山祇神社

斎炊殿、神馬舎の裏に建つ。

大山祇神社

能因法師雨乞の楠。樹齢3000年と伝わるが現在は枯死している。茂って見えるのは回りの木

大山祇神社

楠の奥に末社宇迦神社が建ち、宇賀神を祀る。

大山祇神社

後ろの神池の中に社殿が建つ。

大山祇神社

末社十七神社、最右の諸山積神社と十六社神社が一体となっている。

大山祇神社

乎知命御手植の楠。樹齢2600年と伝わる御祭神の子孫による植樹

大山祇神社

楠の右手に祓殿神社、伊豫國総社、葛城神社の末社合祭殿。

大山祇神社

大禍津日神、大直日神、伊豆能売神、速佐須良姫神、一言主神を祀る。

大山祇神社

伊藤博文が参拝記念に植樹した楠。

大山祇神社

階段の先に神門と廻廊が見えてきた。

大山祇神社

随神は目を見開き、神域への侵入を見張っている。

大山祇神社

神門を入り、左の下津社廻廊に隼人の舞の像。

大山祇神社

隣には明暦三年の銘がある鉄張太刀櫃。太刀櫃とは数々の鎧、刀のある国宝の島らしい。

大山祇神社

拝殿に参る。

大山祇神社

本殿の右に摂社上津社、上津姫と雷神と祀る。

大山祇神社

本殿左に摂社下津社、下津姫と高龗神を祀る。手前には水波能売神を祀る神水の井戸

大山祇神社

下津社の廻廊を出ると、神輿倉。6基の神輿を収納する。

大山祇神社

末社八重垣神社(左)と末社酒殿(右)。素戔嗚命、大山積神をそれぞれ祀る。

大山祇神社

末社御鉾神社、御鉾大神を祀る。

大山祇神社

少し西の山手に行くと、奥の院がある。参道入口に「生樹の御門」と呼ばれる樹齢3000年の楠。

大山祇神社

根元に空洞がなっており、ここを通って奥の院に参詣する。長寿の象徴

大山祇神社

奥の院は神仏習合時の神宮寺。木造阿弥陀三尊像を祀る。

大山祇神社

境外末社天神社、造化三神を主祭神とし、菅原道真公を相殿に祀る。

大山祇神社

下津社の御垣外に末社4社が並ぶ。石神社、稲荷神社(稲荷神)、地神社(地主神)、院内荒神社(竈神)

大山祇神社

本殿の裏に姫子邑神社が建つ、木花開耶姫命、火々出見命、火須勢理命を祀る。

大山祇神社

境内には楠の巨木が多く、38本が国天然記念物に指定されている。

大山祇神社

河野通有甲掛の楠。元寇出兵時に戦勝祈願したというが、現在は枯死している。

大山祇神社

宝篋印塔、中央の1基は一遍上人の来島を記念して建立された

大山祇神社

末社祖霊社、大国主命と信徒祖霊を祀る。

大山祇神社

庭が美しい。

大山祇神社

祖霊社の左に五穀神社(左)と八坂神社(右)、宇賀御魂神、素戔嗚命と少彦名命をそれぞれ祀る。

大山祇神社

宝物館紫陽殿

大山祇神社

宝物館国宝館、宝物の中でも武家が奉納した甲冑や刀剣を展示している。

大山祇神社

大三島海事博物館、昭和天皇のご採集船、葉山丸を展示している。

大山祇神社

藤公園の藤は満開でした。

大山祇神社

藤公園から川を渡り対岸へ、山沿いに東へ向かう。ここからは鷲ヶ頭山がきれいに見える。

大山祇神社

集落の中ほどの麓の森の中に境外末社厳島神社が鎮座する。

大山祇神社

市杵島姫命を祀る。

大山祇神社

授与所ではお札やお守りが頒布されているだけで、関連書籍やみやげものは宝物館や海事博物館で販売されていた。「大三島詣で」という小冊子(500円)は大山祇神社の見どころや摂末社を網羅していて大変参考になる。元寇の役の縁起絵馬(800円)は元寇で三島水軍を率いた河野道有を描いている。

宝物館売店で境外末社について尋ねる。御子宮神社、轟神社は少し離れているということで、天神社のほかは厳島神社を参拝した。同じ大字の宮浦にあって小字が別の4つの集落に鎮座する境外末社は氏子集落の鎮守として鎮座されたのだろうか。

大山祇神社
愛媛県今治市大三島町宮浦3327