箱根神社 信仰の歴史と文化

箱根神社 信仰の歴史と文化
著者:箱根神社宮司 濱田進
編集協力:株式会社神社新報社
発行所:箱根神社社務所
発行日:1989年11月3日
定価:2,000円
ページ数:445ページ
箱根神社を中心とした歴史の中で神道の歴史にも触れられ、神道の知識についても深められる。様々な箱根神社の側面に触れることもでき、箱根神社を知る最初の一冊としても良い。



[目次]
古代神道の巻(第一部 前史)
 悠久の霊山 神山・駒ヶ岳の神々
 天孫降臨と至尊の威徳
 山幸彦と龍神の威徳
 日本武尊の東征と相模野の社
権現神道の巻(第二部 上代~近世)
 箱根山信仰の原典
 箱根権現の勧請と習合神道
 箱根修験の習合と離散
 柱石となった別当行実僧正の生涯
 曾我兄弟の慰霊安鎮と事蹟顕彰
 幕府の祭祀権と箱根・伊豆二所権現詣
 鎌倉幕府執権職の権現崇拝
 大森氏の権現信仰
 小田原北条氏の権現信仰
 戦国武将の敬神思想
 社殿の造営と箱根用水の掘削
 箱根権現霊験記と一枚の錦絵
近代神道の巻(第三部 近代)
 幕末維新と権現の威光
 国家の宗祀と現代の神道
 明治・大正・昭和天皇 御親拝の教訓
現代神道の巻(第四部 現代)
 現代の箱根神社
 四季の祭
 摂末社の神々
 箱根山中の神々
 箱根山信仰とその遺跡
 箱根権現領と神領の民
 宝物のいろいろ
 神社を護持してきた歴代宮司の役割
 神社神道の神々
 家庭の祭祀と人生儀礼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です