高野山と真言密教の研究 山岳宗教史研究叢書3

高野山と真言密教の研究
編著者:五来重
発行所:名著出版
発行日:1976年5月28日初版、1976年12月10日二版
ページ数:491ページ
定価:4,500円



[目次]
総説 高野山の山岳信仰
第一篇 高野山の山岳信仰と弘法大師
 金剛峯寺伽藍の草創
 高野山における丹生・高野両明神
 高野山と丹生社について
 高野聖のおこり
 天野大社と高野山
第二篇 高野山の密教
 三部書を中心として観たる大師の思想
 秘密仏教 高野山中院流の研究(序説)
 高野山相伝の事相について
第三篇 高野聖と行人
 一遍上人と法燈国師
 木食応其考
 勧進遊行の聖達について
 高野山の行人と山岳信仰
第四篇 高野山の荘園
 高野山領紀伊国荒河庄の研究
 近世の高野寺領とその経済
第五篇 醍醐の修験道
 理源大師及醍醐派修験道
 当山派修験
史料篇
 高野山関係史料
 史料目録
 高野山略年表
 高野山関係地図

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です