伯耆久米 倭文神社

倭文神社

倉吉市に鎮座する倭文神社。御祭神は経津主神、武葉槌神、下照姫命を主祭神とし、伊弉諾命、伊弉冉命、誉田別命を相殿に祀る。
延喜式久米郡の比定社で、伯耆国三宮。文徳実録に記載のある大帯孫神とも言われる。

倭文神社

北東の集落入口数キロのところに一の鳥居が建っている。倭文神社はわかりにくい場所にあるため、入る場所によっては見逃すかもしれない。石額には「縣社倭文神社」と書かれている。

倭文神社

軽自動車でもやっと通れるような狭い集落内の道を通り、鳥居前に出る。

倭文神社

「式内 社 倭文神社」の社号標が建つ。
「式内」と「社」の間にもともと文字はなかったようだが、なぜか離れている。

倭文神社

随神門。随神は正面ではなく、向かい合っている。

倭文神社

参道の左に御神木があり、深い社叢に覆われている。

倭文神社

拝殿に参る。

倭文神社

本殿は玉垣に囲まれている。

倭文神社

本殿の右に境内社の荒神社。脇に石祠が2つある。

倭文神社
鳥取県倉吉市志津209

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です