越中小矢部 比売神社

比売神社

小矢部市に鎮座する比売神社。御祭神は田心比売命、天照皇大神、伊邪那伎命。延喜式砺波郡の論社のひとつ。

比売神社

社殿は東向き。

比売神社

境内には高木も多く、鳥居背後に1本、拝殿前の左右各1本の杉が特に大きい。

比売神社

拝殿に参る。拝殿には鯱が上がっている。

比売神社

拝殿後ろに本殿。本殿前にも鳥居が立つ。

比売神社
富山県小矢部市宮中131

越中小矢部 埴生護国八幡宮

埴生護国八幡宮

小矢部市に鎮座する埴生護国八幡宮。御祭神は八幡大神。

埴生護国八幡宮

奈良時代に宇佐八幡宮から御分霊を勧請し、木曽義仲公が倶利伽羅合戦の前に戦勝祈願したことで知られる。

埴生護国八幡宮

社殿は南向きで、倶利伽羅山の東麓に鎮座する。

埴生護国八幡宮

社務所の前に木曽義仲公の騎馬像が立つ。

埴生護国八幡宮

手水に注ぐ水は倶利伽羅山中の「鳩清水」の滝を源とする霊水で、全国名水百選に選ばれている。
右手の授与所に書き置きの御朱印が置いてあったので帰りにいただいた。

埴生護国八幡宮

二の鳥居から社殿へ延びる階段は戦国末期に蓮沼城主の遊佐慶親公による寄進で、もとは煩悩の数である108段あったというが、現在は103段になる。

埴生護国八幡宮

拝殿に参る。

埴生護国八幡宮

拝殿、幣殿、本殿は国指定重要文化財。

埴生護国八幡宮

埴生護国八幡宮は能「木曽」の舞台になっている。

埴生護国八幡宮
富山県小矢部市埴生2992

越中富山 日枝神社

日枝神社

富山市に鎮座する日枝神社。御祭神は大山咋神、大己貴神を主祭神とし、天照皇大御神、豊受大御神を配祀する。

日枝神社

駐車場入口の北鳥居

日枝神社

少し東へ移動すると社号標と一の鳥居、正面には手水舎が建つ。

日枝神社

手水舎から左に折れると、末社麄香神社、御祭神は手置帆負神、彦狭知神。藩政期は富山藩江戸屋敷に鎮座していたものを城下の人々に崇拝させるために遷座した。

日枝神社

手水舎に戻る。横に弁慶石、源義経が奥州落ちの途中、弁慶が怪力をふるってこの石をころがし、義経の腰かけとしたと伝える。

日枝神社

右に行くと拝殿。ちょうど車の祓えの最中のようだ。

日枝神社

拝殿に参る。

日枝神社

拝殿左に三末社。中央が稲荷社、御祭神は倉稲魂命、右が水天宮、御祭神は安徳天皇、左が春日社、御祭神は天児屋根命。

日枝神社

水天宮が安産の神であることから安産犬の石像がある。犬は安産の象徴で、自分の干支を撫でて安産を祈るという。

日枝神社

拝殿横の授与所で御朱印をいただく。

日枝神社
富山県富山市山王町4−12

越中八尾 杉原神社

杉原神社

富山市の旧八尾町に鎮座する杉原神社。御祭神は杉原大神を主祭神とし、誉田別命、建御名方命、菅原道眞公、水分神を配祀する。

杉原神社

駐車場は神社東にあり東鳥居から境内に入る。

杉原神社

参道を南へ、表参道を入り直す。社殿は南向き。

杉原神社

社号標と一の鳥居。社叢は杉が多いが、拝殿裏は竹が多い。

杉原神社

拝殿に参る。

杉原神社

戸に付けられた剣梅鉢紋が目立つ。

杉原神社

東鳥居から出て社務所兼自宅で御朱印をいただく。

杉原神社
富山県富山市八尾町黒田3166

越中芦峅寺 雄山神社中宮祈願殿

雄山神社中宮祈願殿

立山町に鎮座する雄山神社中宮祈願殿。御祭神は伊弉那岐命、天手力雄命を主祭神とし、文武天皇、佐伯宿禰有若、稻背入彦命を配祀する。岩峅寺の前立社壇、立山山頂の峰本社とともに三社で雄山神社と称される。

雄山神社中宮祈願殿

社殿は南向き。社前の道路から東を仰ぎ見れば、天気が良ければ立山を遙拝することができる。

雄山神社中宮祈願殿

鳥居を入ると参道右手に水神社、御祭神は水波能賣神。芦峅寺各地の水源地に祀られてた石祠を移して合祀している。

雄山神社中宮祈願殿

参道左右に狛犬。正面を向いているのは県内でもあまり見かけない。

雄山神社中宮祈願殿

参道右手に神明社、御祭神は中央が天照皇大御神、右が豊受大神、左が麻続祖神。左奥は宝童社、御祭神は新川姫神

雄山神社中宮祈願殿

石舞台。秋季大祭で稚児舞が舞われる舞台という。

雄山神社中宮祈願殿

橋を渡って左手の参道を行く。参道は杉並木となっていて荘厳な雰囲気にあふれる。

雄山神社中宮祈願殿

参道左に稲荷社、御祭神は倉稲魂神

雄山神社中宮祈願殿

閼伽池社、御祭神は高龗神、闇龗神。神前に供える水を閼伽という。

雄山神社中宮祈願殿

参道右手の短い階段を上がると拝殿が見える。

雄山神社中宮祈願殿

拝殿に参る。

雄山神社中宮祈願殿

背後の本殿には「立山根本中宮」の扁額が掛かる。

雄山神社中宮祈願殿

拝殿左奥に神秘社(山神社)、御祭神は造化三神(天御中主神・高皇産霊神・神皇産霊神)と大山祇神、久々廼智神

雄山神社中宮祈願殿

先の左手の参道を進むと、奥に末社立山大宮、御祭神は立山権現伊邪那岐大神を主祭神とし、第四十二代文武天皇、佐伯宿禰有若公を相殿に祀る。

雄山神社中宮祈願殿

拝殿の右の磐座の上に鎮座するのは立山若宮、御祭神は天手力雄神を主祭神とし、稲背入彦命を相殿に祀る。延喜式新川郡布勢神社の論社のひとつ。

雄山神社中宮祈願殿

若宮の右手の丘を上っていくと、立山開山堂が建つ。

雄山神社中宮祈願殿

立山開祖の越中国司佐伯有若卿の嫡男佐伯有頼慈興上人を祀る。

雄山神社中宮祈願殿

開山堂入口には剱嶽社、御祭神は須佐之男命。剱岳山頂に鎮座していた旧社殿で剱岳遙拝所として建立された。

雄山神社中宮祈願殿

若宮の前にある立山開山御廟は、立山玉殿岩窟において霊示を受け立山を開山し、生涯を立山信仰の弘宣に捧げられた佐伯有頼公が入定した地と伝わる。

雄山神社中宮祈願殿

境内の石像。熊に乗る子は金太郎か?でもなぜ亀を踏んづけているのか?

帰りに斎館で御朱印をいただく。今日は前立社壇と中宮祈願殿を参拝し、今夏山頂の峰本社を登拝する準備はできた。

雄山神社中宮祈願殿
富山県中新川郡立山町芦峅寺2

越中岩峅寺 雄山神社前立社壇

雄山神社前立社壇

立山町に鎮座する雄山神社前立社壇。御祭神は伊邪那岐神、天手力男神。前立社壇、中宮祈願殿、峰本社の三社で雄山神社となり、里宮、中宮、奥宮の役割を担う。

雄山神社前立社壇

北側の駐車場に停め、西鳥居から入る。

雄山神社前立社壇

境内西側には暴れ川で知られた常願寺川が流れる。

雄山神社前立社壇

少し登ると社号標が立つ。

雄山神社前立社壇

西神門を通る。

雄山神社前立社壇

境内に神仏分離令以前の立山寺で湯立神事に使用された「湯立の釜」が現存する。

雄山神社前立社壇

釜は加賀藩十三代藩主前田斉泰が寄進し、「前田宰相加賀守斉泰」の刻印が読み取れる。

雄山神社前立社壇

拝殿に参る。

雄山神社前立社壇

拝殿内には加賀藩二代藩主前田利長の正室玉泉院の寄進した狛犬が残る。

雄山神社前立社壇

拝殿後ろの本殿は玉垣内に鎮座する。

雄山神社前立社壇

東鳥居

雄山神社前立社壇

東神門の前には石橋が架かる。

雄山神社前立社壇

拝殿と社務所の間に摂末社三社が鎮座する。左から末社八幡宮、摂社刀根社、末社稲荷社。

雄山神社前立社壇

授与所で御朱印をいただく。

雄山神社前立社壇

駐車場に戻ると、ちょうど鉄橋に電車が通った。

雄山神社前立社壇
富山県中新川郡立山町岩峅寺1

紀伊一の宮 伊太祁曽神社

伊太祁曽神社

和歌山市に鎮座する伊太祁曽神社。御祭神は五十猛命。延喜式名草郡の比定社で明神大社、紀伊国一宮。

伊太祁曽神社

一の鳥居は北向き。

伊太祁曽神社

社号標が木製であり、鳥居は地震対策のためか鉄輪で支えている。

伊太祁曽神社

参道左に櫛磐間戸神社、通称は門神社、御祭神は櫛磐間戸命、豊磐間戸命。

伊太祁曽神社

二の鳥居は参道右に東向きに立っている。

伊太祁曽神社

二の鳥居の前には切り通しの道が続いている。その左はときわ山といい古墳があるらしい。

伊太祁曽神社

太鼓橋を渡り、振り返ったところ

伊太祁曽神社

拝殿は石垣の上に建ち、真ん中と右側に階段がつく。

伊太祁曽神社

御神木のナギ

伊太祁曽神社

本殿の拝所に参る。

伊太祁曽神社

本殿は左右の脇宮とともに玉垣に囲まれている。

伊太祁曽神社

左脇宮、御祭神は大屋津比賣命。

伊太祁曽神社

右脇宮、御祭神は都麻津比賣命。

伊太祁曽神社

本殿左に摂社氣生神社、御祭神は五十猛命の荒御魂。

伊太祁曽神社

さらに左に末社蛭子神社。明治の神社整理により、近隣の二十二社を合祀している。

伊太祁曽神社

蛭子神社の前にお猿石。猿の顔のように見え、石を撫でると首より上の病気に霊験があるという。

伊太祁曽神社

拝殿にはチェーンソーアートの干支のほか、元御神木の大杉の一部があり、災厄除けの木の股くぐりができる。

伊太祁曽神社

神宮遙拝所

伊太祁曽神社

授与所の前に元御神木の大杉の根元が残る。樹齢千年を越える老木であったが昭和37年に落雷で燃え枯れてしまったという。

伊太祁曽神社

授与所の裏手から御井社への参道が続く。切り通しのような道を行く

伊太祁曽神社

末社御井社、御祭神は彌都波能売神、御井神。「いのちの水」と呼ばれる湧水

伊太祁曽神社

御井社の入口よりさらに左手、祇園神社への参道鳥居がある。

伊太祁曽神社

途中、五十猛命が父神とともに降り立ったと伝えられる奥出雲の鳥上峯(船通山)の石を遷座し、磐座として祀る。

伊太祁曽神社

末社祇園神社、御祭神は須佐男神。五十猛命の父神になる。

伊太祁曽神社
和歌山県和歌山市伊太祈曽558

紀伊一の宮 日前神宮・國懸神宮

日前神宮・國懸神宮

和歌山市に鎮座する日前神宮・國懸神宮。御祭神は日像鏡を御神体とする日前大神と、日矛鏡を御神体とする國懸大神の二柱。延喜式名草郡日前神社・國懸神社の比定社でともに明神大社、紀伊国一宮。

日前神宮・國懸神宮

表参道に社号標

日前神宮・國懸神宮

石橋をわたり、鳥居をくぐると参道が延びる。

日前神宮・國懸神宮

参道の突き当たりはT字路になっていて、右に國懸神宮、左に日前神宮が鎮座する。

日前神宮・國懸神宮

摂社天道根神社、御祭神は天道根命。紀氏の祖神にあたる。

日前神宮・國懸神宮

末社邦安神社、御祭神は松平頼雄命。

日前神宮・國懸神宮

末社深草神社、御祭神は野槌神。

日前神宮・國懸神宮

牛が野草を食むことからくさ(人体の腫物)を食むという「病気平癒」の信仰と結びついて神使として牛が祀られる。

日前神宮・國懸神宮

不明の境内社

日前神宮・國懸神宮

不明の境内社

日前神宮・國懸神宮

不明の境内社はいずれも傷みが激しい。

日前神宮・國懸神宮

不明の境内社以外にも基壇のみ残っていたり、境内地のみ残るものもある。

日前神宮・國懸神宮

日前神宮に参る。

日前神宮・國懸神宮

思兼命、石凝姥命を相殿に祀る。

日前神宮・國懸神宮

日前神宮の本殿

日前神宮・國懸神宮

摂社中言神社、御祭神は名草姫命、名草彦命。名草彦命は天道根命を初代紀伊国国造として五代目にあたる。

日前神宮・國懸神宮

末社市戎神社、御祭神は蛭子神。

日前神宮・國懸神宮

末社松尾神社、御祭神は大山咋神、中津島姫命。

日前神宮・國懸神宮

國懸神宮に参る。

日前神宮・國懸神宮

玉祖命、明立天御影命、鈿女命を相殿に祀る。

日前神宮・國懸神宮

國懸神宮の本殿

日前神宮・國懸神宮

帰りに鳥居を入ったところの授与所で御朱印をいただく。

日前神宮・國懸神宮
和歌山県和歌山市秋月365

加賀河北 白鳥神社

白鳥神社

津幡町に鎮座する白鳥神社。御祭神は日本武尊。日本三代実録に記載の加賀国白鳥神の比定社(式外社)。

白鳥神社

社殿は西向き

白鳥神社

2つの鳥居をくぐり拝殿に参る。白鳥大明神は雨乞の霊験で知られ、雨乞報謝の絵馬が奉納されている。

白鳥神社

幣殿でつながる本殿

白鳥神社

本殿の右には御垣内に御神木が立つ。

白鳥神社

本殿の右に神池がある。炎天下でも枯れることのなく「雨乞い池」と呼ばれる。

白鳥神社

拝殿の右前に末社天満社が鎮座する。

白鳥神社
河北郡津幡町加賀爪ヌ1

能登中島 藤津比古神社

藤津比古神社

七尾市、旧中島町に鎮座する藤津比古神社。御祭神は藤津比古神を主祭神とし、熊野速玉神を配祀する。延喜式羽咋郡の比定社。

藤津比古神社

道路沿いに鳥居が立つ。社殿は南向き。

藤津比古神社

境内には高木も多い。

藤津比古神社

本殿は国指定重要文化財だが、覆屋に入るので見られない。

藤津比古神社

冬はシートが掛けられ拝殿もよく見えないが、シートに神紋が付いている。拝殿に参る。

藤津比古神社

拝殿右の社務所兼自宅で御朱印をいただく。

石川県七尾市中島町藤瀬3-128

能登穴水 穴水大宮

穴水大宮

穴水町に鎮座する穴水大宮。御祭神は田心姫命、湍津姫命、市杵嶋姫命、正一位稲荷大明神を主祭神とする。延喜式鳳至郡邊津比咩神社の論社のひとつ。

穴水大宮

社殿は東向き。社号標は「穴水大宮」と「邊津比咩神社」の2つが立つ。

穴水大宮

鳥居右に西行法師の歌碑がある。

穴水大宮

鳥居左には県内に数本しかない大砲が奉納されている。

穴水大宮

拝殿に参る。

穴水大宮

拝殿右の北鳥居を入ったところに境内社が二社。

穴水大宮

拝殿左方の社務所兼自宅で御朱印をいただく。

穴水大宮
石川県鳳珠郡穴水町字大町ホ−1

紀伊熊野 花窟神社

花窟神社

熊野市に鎮座する花窟神社。御祭神は伊弉冉尊、軻遇突智尊。

花窟神社

花窟神社は史跡花の窟として、日本書紀に記される伊弉冉尊の御葬所と伝わり、花を供えて祀ったことが神号の由来。

花窟神社

参道の左に境内社、龍神神社と稲荷神社へ向かう参道

花窟神社

手水舎と参籠殿。神社に拝殿はない。

花窟神社

御神体の岩盤は45メートルと見上げるほどに高い。

花窟神社

その前に伊弉冉尊の拝所がある。拝所に参る。

花窟神社

挟んで向かい側の王子ノ窟と呼ばれる磐座(軻遇突智尊)の前に拝所。

花窟神社

御神体から綱が上空にかけられている。綱は2月と10月の例大祭で新しく掛け替えられる。今日の日中に新しく掛け替えられたばかりだ。

花窟神社

御綱掛け神事は7本の縄を束ねて上空を渡し、三神を意味する縄を下げる。
7本の縄は伊弉冉尊の子である七神の自然神を表す。
風の神 級長戸辺命
海の神 少童命
木の神 句句廼馳
草の神 草野姫
火の神 軻遇突智尊
土の神 埴安神
水の神 罔象女
三神は宇宙を基本構成する伊弉冉尊の子を表す。
太陽の神 天照大神
月の神 月読尊
暗黒の神 素戔嗚尊

花窟神社

参籠殿がすでに閉まっていたので駐車場になっているお休み処の売店で御朱印をいただく。17時30分の閉店間際だったが、書き置きをいただく間、展示資料を見る。

花窟神社

薄暗くなってきたが、外から綱の全体を見てみる。御神体からの縄の長さは170メートルにも及ぶという。

花窟神社

最後は左回りに七回半回り、残りを右回りで巻き付ける。国生み神話がもとになっているという。

花窟神社

神前には熊野の七里御浜が広がる。

花窟神社
三重県熊野市有馬町上地130

紀伊牟婁 熊野那智大社

熊野那智大社

那智勝浦町に鎮座する熊野那智大社。御祭神は熊野夫須美大神を主祭神とし、熊野十三神を祀る。

熊野那智大社

土産物屋の建ち並ぶ表参道を上ってくると一の鳥居

熊野那智大社

振り返ると正面に霊峰光ヶ峰が見える。

熊野那智大社

鳥居をくぐると右に児宮多富気皇子神社

熊野那智大社

階段の先に二の鳥居が見える。

熊野那智大社

二の鳥居の先に社殿が並ぶ。

熊野那智大社

右手に宝物殿

熊野那智大社

明日の節分祭を控え、福豆などが頒布されていた。

熊野那智大社

宝物殿の右、拝殿左に、手前に御縣彦社と奥に八社殿。第六殿八社殿には中四社と下四社が祀られる。
中四社
禅児宮、御祭神は忍穂耳尊
聖宮、御祭神は瓊々杵尊
児宮、御祭神は彦火火出見尊
子守宮、御祭神は鵜葺草葺不合命
下四社
一万宮・十万宮、御祭神は国狭槌尊、豊斟渟尊
米持金剛、御祭神は泥土煮尊
飛行夜叉、御祭神は大戸道尊
勧請十五所、御祭神は面足尊

熊野那智大社

拝殿に参る。

熊野那智大社

拝殿の後ろに上五社が鎮座する。
第一殿滝宮、御祭神は大己貴命
第二殿證証殿、御祭神は家津御子大神、国常立尊
第三殿中御前、御祭神は御子速玉大神
第四殿西御前、御祭神は熊野夫須美大神
第五殿若宮、御祭神は天照大神

熊野那智大社

拝殿右の授与所の前には御神木の樟

熊野那智大社

樟霊社胎内くぐりとして根幹の空洞を通り抜けて祈願する。

熊野那智大社

右手には展望所が設けられ

熊野那智大社

眼下を一望できる。

熊野那智大社

隣接する青岸渡寺との間の東門には「那智山熊野権現」の扁額が掛かる。

熊野那智大社
和歌山県東牟婁郡那智勝浦町那智山1

紀伊牟婁 飛瀧神社

飛瀧神社

那智勝浦町に鎮座する飛瀧神社。御祭神は大己貴神。

飛瀧神社

参道の入口に鳥居が立つ。

飛瀧神社

扁額には「熊野那智大社別宮 飛瀧神社」と書かれている。

飛瀧神社

参道は徐々に下っていく。

飛瀧神社

階段を下りると光ヶ峰遙拝石。神武天皇が熊野に上陸したとき、神光に導かれて大瀧を発見したという伝説にちなみ光ヶ峰と名付けられ、那智三峰の一山で山頂には社殿もあるという。

飛瀧神社

那智の滝が御神体なので社殿はなく、滝前の拝所で参る。

飛瀧神社

現在滝下では災害復旧工事中であったが、滝を間近に拝むと霊験を感じる。

飛瀧神社

滝の上には注連縄が張られている。

飛瀧神社
和歌山県東牟婁郡那智勝浦町那智山1

紀伊新宮 阿須賀神社

阿須賀神社

新宮市に鎮座する阿須賀神社。御祭神は家津美御子大神、事解男命、熊野夫須美大神、熊野速玉大神を主祭神とし、黄泉道守命、建角身命を配祀する。

阿須賀神社

社殿は南向き。参道に大幟がたなびく。

阿須賀神社

参道に「神武天皇聖蹟熊野神邑顕彰碑」が立つ。

阿須賀神社

そして「祖先禅師徐福の祠に香を献ずる詩」碑、当地は徐福伝説の地である。

阿須賀神社

鳥居の先に社殿、背後に蓬莱山(飛鳥山)が見える。蓬莱山は古代祭祀の磐座があった地で禁足地となっていた聖地である。

阿須賀神社

境内では弥生時代の住居遺跡も発掘され、古代より人が住んでいた場所であることを伝える。

阿須賀神社

拝殿に参る。

阿須賀神社

拝殿の左に御神木か?

阿須賀神社

子安の宮

阿須賀神社

拝殿の右に阿須賀稲荷神社

阿須賀神社

氏子地区は徐福の子孫が住んだ地とされ、徐福宮に徐福が祀られている。

阿須賀神社
和歌山県新宮市阿須賀1-2-25

紀伊新宮 熊野速玉大社

熊野速玉大社

新宮市に鎮座する熊野速玉大社。御祭神は熊野速玉大神を主祭神とし、多くの大神を祀る。延喜式牟婁郡熊野早玉神社の比定社で明神大社。

熊野速玉大社

新宮とも呼ばれ、神社では降臨地の摂社神倉神社から遷座したからとしている。

熊野速玉大社

「熊野権現」の扁額の掛かる一の鳥居

熊野速玉大社

鳥居をくぐると右に鑰宮手力男神社と八咫烏神社。鑰宮手力男神社は延喜式牟婁郡の論社のひとつとされる。

熊野速玉大社

右手に熊野神宝館

熊野速玉大社

参道を挟んで右に御神木ナギの巨樹

熊野速玉大社

正面に神門が見えてくる。

熊野速玉大社

神門をくぐると右前に拝殿

熊野速玉大社

拝殿には「日本第一大霊験所 根本熊野権現拝殿」の扁額がかかり、結宮、速玉宮の拝所となっている。
第一殿結霊宮、御祭神は熊野結大神(いざなみの命)
第二殿速霊宮、御祭神は熊野速玉大神(いざなぎの命)

熊野速玉大社

その右に奥御殿三神殿、上三殿、八社殿が並ぶ。
奥御殿三神殿、御祭神は天之御中主神、高皇産靈神、神皇産靈神
上三殿には
第三殿証誠殿、御祭神は家津美御子命、国常立命
第四殿若宮、御祭神は天照大神
第五殿神倉宮、御祭神は高倉下命
八社殿には
第六殿禅地宮、御祭神は天忍穂耳命
第七殿聖宮、御祭神は瓊瓊杵命
第八殿児宮、御祭神は彦火々出見命
第九殿子守宮、御祭神は鸕鷀草葺不合命
第十殿一万宮十万宮、御祭神は国狭槌命、豊斟渟命
第十一殿勧請宮、御祭神は泥土煮命
第十二殿飛行宮、御祭神は大斗之道命
第十三殿米持宮、御祭神は面足命
が祀られている。

熊野速玉大社

神門のすぐ左に授与所があり、御朱印をいただく。ここで摂社神倉神社の御朱印をいただける。
熊野三山にはそれぞれに熊野牛王法印が頒布されている。八咫烏を絵文字化した護符で、中世までは起請文や血判書など強く誓約するために使用されていた。

熊野速玉大社

境内の右方に新宮神社、御祭神は新宮市内の末社を合祀している。
下本町鎮座太上宮、御祭神は大己貴命
日和山鎮座谷ノ子守神社、御祭神は菊理媛命
船町鎮座石神社、御祭神は素戔嗚尊
権現山麓鎮座今神倉神社、御祭神は天村雲命
山際地鎮座渡御前社、御祭神は神倭磐余彦命
権現山鎮座満山神社、御祭神は八百万神
矢倉町鎮座高倉神社、御祭神は熊野樟日神
雑賀町鎮座火之神社、御祭神は軻具土神
神倉山麓鎮座猿田彦神社、御祭神は猿田彦神
丹鶴山鎮座鳥坂小守社、御祭神は埴山姫命
丹鶴山西麓鎮座八幡宮、御祭神は誉田別命
相筋鎮座小飛神社、御祭神は稲倉魂命
相筋鎮座妙見社、御祭神は少彦名命
と神社案内には書かれているが、猿田彦神社は合祀の後再建されている。

熊野速玉大社

熊野恵比須神社、御祭神は蛭児大神

熊野速玉大社

手水舎の背後に熊野稲荷社

熊野速玉大社
和歌山県新宮市新宮1番地

紀伊新宮 神倉神社

神倉神社

新宮市に鎮座する神倉神社。御祭神は高倉下命、天照大神。

神倉神社

神倉山(権現山)の頂に朱色の社殿が見える。

神倉神社

神倉神社は熊野速玉大社の摂社で、日本書紀にある神武天皇が登った天岩楯と伝えられ、熊野三所大神が天降った聖地とされる。

神倉神社

境内に入ると猿田彦神社、神倉三宝荒神社の合祭殿

神倉神社

麓の登り口に鳥居が立つ。

神倉神社

急な階段は500段以上続き、無理のないように鳥居の前に拝所が設けられている。

神倉神社

男坂と女坂の別れ口に火神社と中ノ地蔵堂

神倉神社

上り詰めると朱色の玉垣に囲まれ鳥居が立っている。

神倉神社

玉垣の右上に境内社が一社。

神倉神社

玉垣の中には大きな岩盤がむき出しになっている。

神倉神社

その中を進むと磐座の横に拝殿が立っている。磐座のゴトビキ岩の迫力が息をのむばかりだ。

神倉神社

眼下には新宮市の町並みが広がる。

神倉神社

下から見ると大きな磐座は2つ並んでいるように見える。

神倉神社

2つの岩の間には拝所が設けられ、古くは岩陰で祭祀を行ったのであろう。

神倉神社

麓の社務所は無人だったので、熊野速玉大社のほうで御朱印をいただく。

神倉神社
和歌山県新宮市神倉1丁目13-8

紀伊田辺 熊野本宮大社

熊野本宮大社

田辺市に鎮座する熊野本宮大社。延喜式牟婁郡熊野坐神社の比定社で明神大社。御祭神は家津御子大神を主祭神とし、上中下各四社に多くの神を祀る。

熊野本宮大社

かつては熊野川の中州にあった大斎原に鎮座していた。

熊野本宮大社

明治22年6月の大水害で上四社を除き流出し、上四社が現在地に遷座する。平成23年9月にも熊野川は大氾濫した。新宮から大斎原までの途中でもまだまだその傷跡が残っていた。

熊野本宮大社

大斎原に入る。

熊野本宮大社

熊野は能「巻絹」の舞台という

熊野本宮大社

元鎮座の地には現在石祠が二社並んで建つのみ。左に流出した中下各四社を、右に境内摂末社を祀るという。
中四社には
第五殿禅児宮、御祭神は忍穂耳命
第六殿聖宮、御祭神は瓊々杵尊命
第七殿児宮、御祭神は彦穂々出見尊
第八殿子守宮、御祭神は鵜葺屋葺不合命
下四社には
第九殿一万宮十万宮、御祭神は軻遇突智命
第十殿米持金剛、御祭神は埴山姫命
第十一殿飛行夜叉、御祭神は弥都波能売命
第十二殿勧請十五所、御祭神は稚産霊命
摂末社には
摂社底海神社、御祭神は住吉三神。延喜式牟婁郡海神社の論社
摂社御戸開神社、御祭神は手力男神。延喜式牟婁郡天手力男神社の論社
摂社滝姫神社、御祭神は瀬織姫命
摂社市杵島神社、御祭神は市杵島姫命
摂社八咫烏社、御祭神は武角見命
摂社高倉下神社(地主社)、御祭神は高倉下命、穂屋姫命
摂社大國主神社、御祭神は大國主命
摂社須勢理姫神社、御祭神は須勢理姫命
末社音無天神社、御祭神は少彦名命
末社素戔嗚社、御祭神は素戔嗚尊
末社天神社、御祭神は菅丞相
末社水戸社、御祭神は罔象女
が祀られるという

熊野本宮大社

大斎原に立つ大鳥居を正面に拝み、大斎原を出て本宮神社へ向かう。

熊野本宮大社

境内入口の一の鳥居

熊野本宮大社

参道沿いには奉納された大幟がずらりと並ぶ。

熊野本宮大社

入口に境内社功霊社、地元出身者の英霊を祀る。

熊野本宮大社

階段途中に祓戸社

熊野本宮大社

階段を上ると、右手に授与所、正面に神門がある。神門は工事中であった。

熊野本宮大社

神門左の拝殿

熊野本宮大社

神門の注連縄、両端の上にも初めて見る縄細工が飾られている。

熊野本宮大社

上四社
第一殿西御前、御祭神は熊野牟須美大神(伊邪那美大神)
第二殿中御前、御祭神は速玉之男神(伊邪那岐大神)、第一殿と第二殿は結宮の左右に祀られる
第三殿證証殿(本宮)、御祭神は家津美御子大神(素戔嗚尊)
第四殿東御前(若宮)、御祭神は天照大神

熊野本宮大社

上四社の右に境内社満山社、御祭神は祓いの神、結ひの神。八百万の神を祀るといい、大斎原にあった八百万神社であろうか。

熊野本宮大社

社前の和歌山県世界遺産センターに入る。

熊野本宮大社

かつての大斎原の模型が飾られている。右から下四社、中四社、若宮、本宮、?、結宮が並ぶ。これで見ると上流の方が流出してしまったようだ。本宮と結宮の間に一社多いのは「熊野三山絵図」に残る姿である。

熊野本宮大社
和歌山県田辺市本宮町本宮1110

伊賀柘植 都美恵神社

都美恵神社

伊賀市に鎮座する都美恵神社。御祭神は栲幡千々比賣命を主祭神とし、経津主命と布都御魂命を配祀する。延喜式阿拝郡穴石神社の論社のひとつ。

都美恵神社

大和街道沿いに社号標が立つ。

都美恵神社

途中参道と車道が分岐する。

都美恵神社

参道の途中には石橋がある。

都美恵神社

一の鳥居前に駐車する。

都美恵神社

右手に東に向かって神宮遙拝所がある。

都美恵神社

階段前に二の鳥居が立つ。

都美恵神社

左に神輿庫

都美恵神社

右に石の玉垣があり

都美恵神社

中に山の神と石像が祀られている。

都美恵神社

階段を上って拝殿に参る。

都美恵神社

拝殿背後には本殿と左右に境内社がある。

都美恵神社

境内は無人だったので、社前の宮司宅を訪ね御朱印をお願いする。
近くに「敢都美恵宮遺跡」の石碑。都美恵神社は元伊勢の敢都美恵宮の候補地のひとつで、穴石神社が当地に遷座したときに敢都美恵宮を合祀したという。背後に穴石神社の元鎮座地の霊山が見える。

都美恵神社

拝殿左手の都美恵会館まで戻り、御朱印をいただく。

都美恵神社

都美恵会館の後ろに末社耶須久迩社

都美恵神社

耶須久迩社と都美恵会館の間に山の方へ階段が延びている。

都美恵神社

上っていくと穴があるが何もない・・・

都美恵神社

さらに延びる階段を上ると、事比羅社、秋葉社、愛宕社の三社殿が建っていた。

都美恵神社
三重県伊賀市柘植町2280

加賀金沢 須岐神社

須岐神社

金沢市に鎮座する須岐神社。御祭神は鹿島坐健御賀豆智命、香取坐伊波比主命、枚岡坐天児屋根命、比売大神。延喜式加賀郡の比定社。

須岐神社

社殿は北向き。往古須岐神社境内に赤浜八幡神社が創建され、両社が併存していたのを明治期に合併したときに須岐神社で統一したという。が、御祭神は春日大神であり、八幡大神がいないのはなぜか。

須岐神社

社前の道路は車がすれ違えないほど狭いが、参道はあったのだろうか。2016年に御鎮座千三百年を迎える看板が立つ。

須岐神社

拝殿に参る。

須岐神社

左の狛犬は逆立ち狛犬になっている。

須岐神社

戦後には奉納能も催行されていたようだ。

須岐神社

拝殿右の社務所兼自宅で御朱印をいただく。

須岐神社

社殿背後はすぐ土手となり、浅野川が流れている。

須岐神社
石川県金沢市東蚊爪町ホ100甲

美濃垂井 伊富岐神社

伊富岐神社

垂井町に鎮座する伊富岐神社。御祭神は伊福氏の祖神である多多美彦命。延喜式不破郡の比定社で美濃国二宮。

伊富岐神社

北へ参道が延びる。社号標が立っているが、石造の一の鳥居はもっと南にあったようだ。この辺りに木製の二の鳥居があったようだが、橋しか残っていない。

伊富岐神社

左に神様の神橋、右に参拝者用の橋が架かる。

伊富岐神社

拝殿の両側に御神木が一際高く立つ。

伊富岐神社

拝殿に参る。

伊富岐神社

本殿は朱色の銅板葺で、塀で見えなかったが両側に境内社があるらしい。

伊富岐神社

拝殿右手の社務所は無人。

伊富岐神社

境内の隅に屋根のような傷んだ部材が置かれている。二の鳥居のようで倒壊したようだ。

伊富岐神社

境内入口の右に小さな境内社が一社ある。

伊富岐神社
岐阜県不破郡垂井町伊吹1484番地の1  

美濃垂井 南宮大社

南宮大社

垂井町に鎮座する南宮大社。御祭神は金山彦命を主祭神とし、見野命と彦火火出見命を配祀する。延喜式不破郡仲山金山彦神社の比定社で明神大社、美濃国一宮。
金山彦神は鉱物の神であり、鉱山業・金属業の総氏神、全国の金山彦神社の総本社。

南宮大社

楼門の前が駐車場になっている。南宮山の北麓に東南方向に鎮座する。

南宮大社

楼門の両側から玉垣がめぐる。楼門の前に石製の神橋が架かる。

南宮大社

楼門は極彩色に彩られ、蛙股には中国の故事か、神社の由緒と思われる彫物がされている。

南宮大社

楼門の前には右大臣、左大臣の木造が

南宮大社

後ろには狛犬が配置されている。

南宮大社

楼門を入ると中央に高舞殿、左右に回廊のついた拝殿。拝殿に参る。

南宮大社

高舞殿の蛙股には十二支の彫刻がされている。

南宮大社

神輿舎の壁には奉納額がたくさん掛けられているが、鉱物の神らしく鍬や鋤、鉈などの金物ばかりだ。

南宮大社

南門から出て玉垣の西には末社が鎮座する。金敷金床社

南宮大社

その後ろに石舟社

南宮大社

伊勢両宮の鎮座地には「往古本殿奉斎地」碑が立つ。

南宮大社

東照宮

南宮大社

荒魂社

南宮大社

朱色の連続した鳥居を進めば

南宮大社

南宮稲荷神社

南宮大社

不明の境内社

南宮大社

引常明神磐座と潮千海社

南宮大社

廻廊に入ると本殿の左に境内社が二社。右が高山社、左が南大神社。

南宮大社

本殿の右に境内社が二社。右が隼人社、左が樹下社。両社の前に矢竹が見える。

南宮大社

北門を出れば落合社

南宮大社

社号標の右に美濃国総社と伝わる数立神社

南宮大社

神社から北へ、名神高速の高架の手前に大鳥居が立つ。右手に南宮山が見える。

南宮大社

さらに北へ、旧中山道から南宮参道の入口に石鳥居が立つ。

南宮大社
岐阜県不破郡垂井町宮代1734−1

尾張一の宮 大神神社

大神神社

一宮市に鎮座する大神神社。御祭神は大物主神。延喜式中島郡の比定社で明神大社、尾張国一宮。

大神神社

社殿は南向き。

大神神社

鳥居を入ってすぐのところに御神木が立つ。

大神神社

前回参拝時には見逃した番塀。尾張地域に特徴的なもの

大神神社

拝殿に参る。

大神神社

拝殿には入れないが、前回見ていなかった中を覗いて、掛けられた額から不明であった本殿左右の境内社が判明した。本殿左に左から神明社、白山社、本殿右に左から三島社、六所社である。由緒書きの順番から拝殿右の一社は招魂社、素戔嗚社が境外末社であろうか。

大神神社

大神神社は一の宮ではあるが本務社ではなく、兼務社である。本務は大神社であり、電話予約してから訪問して御朱印をいただくことになる。当日授与はしていないので、私も2度目の参拝になる。

大神神社
愛知県一宮市花池2-15-28

尾張一宮 大神社

大神社

一宮市に鎮座する大神社。御祭神は神八井耳命。延喜式中島郡の太神神社の比定社で明神大社。

大神社

境内は南向き。鳥居の前に車を停める。

大神社

社殿は番塀、拝殿、幣殿、本殿と並ぶ。番塀前に祓所がある。

大神社

拝殿に参る。

大神社

拝殿、幣殿の先に本殿が見える。

大神社

本殿は幣殿と塀に囲まれている。中が見えないが境内社の大明神社と神明社も中にあるようだ。

大神社

参道の途中に社務所兼自宅があり、御朱印をいただく。宮司は兼務社も多く、留守なことも多いので予め予約が必要。予約してあったので尾張国一宮の大神神社の御朱印もいただく。御朱印をいただいたときにお話を聞く。一の宮巡礼で御朱印の予約もとても多いそうだが、中には急に来る人もいるといい、特にひどい人は朝6時とか夜10時とかいう人が一部いるらしい。御朱印いただくのにも常識が必要で、宮司だけでなく周囲の一般宅にも迷惑かけるのはいかがかと思います。

大神社
愛知県一宮市大和町於保郷神2311

尾張海部 漆部神社

漆部神社

あま市に鎮座する漆部神社。御祭神は三見宿禰を主祭神とし、木花開耶姫命を配祀、八大明神を合祀する。延喜式海部郡の比定社。隣接して甚目寺が建ち、漆部神社が甚目連公の氏神、甚目寺が氏寺とされる。

漆部神社

社殿は南向き。

漆部神社

鳥居をくぐって参道を進むと朱色の神橋。

漆部神社

拝殿の前にはコンクリート製の番塀が立っている。

漆部神社

拝殿に参る。

漆部神社

拝殿の右に境内社が一社。

漆部神社

社務所で御朱印をいただく。

漆部神社

甚目寺の境内が拡張されて現在地に遷座する前は、東隣の日吉神社に鎮座していたという。

漆部神社

甚目寺のお堂の屋根の下で神鶏が雨宿りしていました。

漆部神社
愛知県あま市甚目寺東門前11

尾張津島 津島神社

津島神社

津島市に鎮座する津島神社。御祭神は建速須佐之男命を主祭神とし、大穴牟遅命を相殿に祀る。全国の津島神社・天王社の総本社。

津島神社

津島天王祭の行われる天王川公園に車を停める。

津島神社

天王川公園の東に鎮座する御嶽神社。

津島神社

津島神社とは関係ないようだが拝殿に参る。

津島神社

天王川公園の北にある津島神社御旅所。

津島神社

津島天王祭で神輿が奉斎される場所になる。天王川はかつては川として海につながっていたが、現在は埋め立てによって池になっている。

津島神社

南鳥居の向かいにある秋葉神社。やはり津島神社とは関係ないようだ。

津島神社

南鳥居

津島神社

摂社居森社、御祭神は須佐之男命幸御魂。延喜式海部郡の国玉神社の旧鎮座地で論社のひとつとなっている。

津島神社

末社菅原社。受験シーズンには学生で賑わうという。

津島神社

末社照魂社、津島出身者の御英霊1170柱を祀る。

津島神社

南門の先に番塀が見える。尾張造という社殿形式の特徴で尾張国によく見られる。

津島神社

南門を入ると、左右に境内末社が並ぶ。

津島神社

正面に拝殿。後ろの回廊が左右に延び、均整のとれた社殿。社殿は南向き。

津島神社

拝殿に参る。

津島神社

津島神社の表参道は東の鳥居。南鳥居に比べてもこちらがやはり大きい。

津島神社

神橋と楼門が建つ。

津島神社

本殿の右、授与所の裏にも境内社が並ぶ。手前が摂社荒御魂社、須佐之男命荒御魂を祀る。

津島神社

境内の南西隅に鎮座する摂社弥五郎殿社、御祭神は武内宿禰命。延喜式海部郡国玉神社の論社で、居森社の場所から遷座した、論社としての御祭神は大国霊神、大己貴命で武内宿禰命を相殿に祀る。

津島神社
愛知県津島市神明町1

伊賀白樫 岡八幡宮

岡八幡宮

伊賀市に鎮座する岡八幡宮。御祭神は誉田別尊、神功皇后、仲津姫命。

源頼朝公が全国六十余国に鶴岡八幡宮の末社を建立する祈願をし、神意により伊賀国に第一番を建てる。岡八幡宮は鶴岡八幡宮の末社の略称であったが、頼朝公の没後計画は中止となり、最初で最後の末社となったという。

岡八幡宮

社殿はやや南東方向向き。

岡八幡宮

鳥居と社号標

岡八幡宮

旧社号標も残る。明治37年合祀令に治田地区との二郷神社と改称し、戦後岡八幡神社と改称されたが、平成2年御鎮座800年を記念し旧称の岡八幡宮に戻されたという。

岡八幡宮

鳥居左の池に末社鈴鳴弁財天社

岡八幡宮

木製の二の鳥居をくぐると参道は階段となる。

岡八幡宮

階段を上り詰めたところの両側に大木が立つ。正月とあってか狛犬にも注連縄が掛けられている。

岡八幡宮

拝殿に参る。

岡八幡宮

本殿左に末社礎社

岡八幡宮

拝殿右に神馬舎の白馬社

岡八幡宮

拝殿右方に山の神尺殿明神が祀られている。

岡八幡宮

本殿の塀の中にも数社末社が祀られているようだ。

岡八幡宮

帰りに二の鳥居右の社務所で御朱印をいただく。

岡八幡宮
三重県伊賀市白樫3638

伊賀阿拝 陽夫多神社

陽夫多神社

伊賀市に鎮座する陽夫多神社。御祭神は健速須佐之男命を主祭神とし、五男三女神を配祀する。延喜式阿拝郡の比定社。伊賀河合郷の総社であり、河合天王とも呼ばれ8月に祇園祭が催行される。

陽夫多神社

東の参道より入る。

陽夫多神社

神橋を渡って境内に入る。社殿が東向きなのでこちらが表参道かと思ったが、表参道は御旅所古墳のある南側のようだ。

陽夫多神社

入って右に神井と鐘楼がある。

陽夫多神社

梵鐘は伊賀で3番目に古い寛文7年の製作。

陽夫多神社

社殿は背後の宮山の麓に鎮座する。宮山には古墳や中世の城跡があり、地域の中心地だったことを物語る。

陽夫多神社

拝殿は横に長い。

陽夫多神社

拝殿と一段上の幣殿に至る階段の両側に高い木が林立する。鳥居又は狛犬の替わりだろうが、伊賀地域ではこの形をよく見る。陽夫多神社は中世、高松神と呼ばれることもあり、この御神木は松であろうか。

陽夫多神社

階段を上って幣殿へ。本殿に参る。

陽夫多神社

幣殿には絵馬が掛けられているが、主祭神の須佐之男命に関するものが多い。

陽夫多神社

そういえば境内に須佐之男命が須賀の地で詠んだ歌碑が建っていた。

陽夫多神社

三重県は明治期に神社合祀が盛んに行われた地域であり、陽夫多神社も合祀された神社の御祭神は多い。

陽夫多神社

本殿左に境内社八柱神社、御祭神は大山祇神、火之迦具土神、五男三女神、金山比売神を祀る。

陽夫多神社

社務所らしい木造建物は無人で、境内の参集殿兼授与所に立ち寄る。地域の公民館的存在でもあるようだが、運良く宮司が居られた。実は3回目の訪問で今まではこちらも無人であった。御朱印をいただく間にお話を聞くと、宮司を継いだ息子さんが去年突然亡くなられて、前宮司が再び勤めることになったという。伝統ある行事も続く神社であるので氏子の方々は心配が絶えないであろうが、遠くなく兼務社になるのかもしれない。

陽夫多神社
三重県伊賀市馬場951

伊賀阿拝 手力神社

手力神社

伊賀市に鎮座する手力神社。御祭神は天手力男神。信濃の戸隠神社から勧請され、伊賀忍者の藤林家の氏神だったという。

手力神社

神社が北向きに鎮座。南へ参道が延びる。

手力神社

鳥居と拝殿の間に一本の御神木が立ち、一際目立つ。

手力神社

内陸の伊賀は手水の水は凍結し、龍の口も冬支度でまるで服を着ているようです。

手力神社

鳥居をくぐって拝殿に参る。

手力神社

手力神社には日本一という鈴の緒があります。確かに太すぎて振ることはもちろん揺することも難しい。

手力神社

拝殿の後ろ一段高い場所に本殿が鎮座する。

手力神社
三重県伊賀市東湯舟1025

近江甲賀 油日神社

油日神社

甲賀市に鎮座する油日神社。御祭神は油日大神。延喜式甲賀郡川枯神社の論社のひとつ。

油日神社

JR油日駅から少し南に行き、東へ油日交差点へ向かう途中に大鳥居が立つ。

油日神社

そこからさらに東へ進むと途中御神田がある。

油日神社

最後に北に折れると鳥居と社号標が立つ。隣に駐車場がある。

油日神社

参道を進むと雰囲気のある楼門が建つ。油日神社は周辺に近代的建物が見えにくい立地でもあるので映画やドラマのロケ地としてよく知られる。最近はNHK大河「平清盛」で使用された。

油日神社

楼門を入ると正面に拝殿。正月なので立派な門松が飾られている。

油日神社

拝殿は常に開いている形式だが、中に三十六歌仙の額が架かる。少し風化しているがしばらく見ていても飽きない。

油日神社

拝殿の裏に本殿。本殿前の中門で参る。

油日神社

本殿の塀の中にコウヤマキの巨木が立つ。

油日神社

本殿左に境内社が一社。

油日神社

本殿右に境内社が二社。

油日神社

楼門の両側の廻廊も見応えあり

油日神社

油日神社は唯一の油の祖神でもあるので、油の業界からの崇敬は篤く、酒樽の代わりに油の缶が並ぶ。

油日神社

拝殿右手の社務所。実は今日は2回目の参拝で、社務所はふだん無人である。今日は隣の参集殿で賑やかな声がしたので尋ねてみた。聞くと、昨日消防出初め式があり、今日は慰労会だという。運良く御朱印をいただく。

油日神社
滋賀県甲賀市甲賀町油日1042

39歳を目前にして御朱印デビュー! 日本全国の神社の御朱印や参拝記録