越前坂井 鵜森神社

鵜森神社

坂井市に鎮座する鵜森神社。御祭神は伊弉册尊を主祭神とし、天津児屋根命、天照皇大神、大日靈貴尊を合祀する。延喜式坂井郡鵜屎神社の論社。

鵜森神社

社殿は北西向き。

鵜森神社

境内の背後には九頭竜川が流れ、境内は川筋に沿って作られているとも言える。
鵜森神社と改称する前は白山神社と称していたという。今の社殿向きからすると三霊山の白山ではなく、能郷白山を遙拝しているようにも見えるが、九頭竜川河口ということを考えると平泉寺白山神社の影響下にあるものか。

鵜森神社

神幟を立てるポールが多いが、鳥居は参道途中にひとつ。

鵜森神社

参道中程まで来ると両側に灯籠が並ぶ。

鵜森神社

神社の木にサギが巣作りをしていた。鵜森という名も社叢に鳥がたくさん住み着いたことによるものか。

鵜森神社

拝殿の右に社務所、左に石祠が並ぶ。

鵜森神社

拝殿に参る。

鵜森神社

拝殿の木鼻には狛犬がしがみついている。

鵜森神社

本殿左の石祠には千手観音や恵比須、布袋、毘沙門天などが祀られ、周辺にあったお堂が集められたもののようだ。

鵜森神社
福井県坂井郡三国町川崎13-11-1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です