近江浅井 矢合神社

矢合神社

西浅井町に鎮座する矢合神社。御祭神は猿田彦神、應神天皇。
式内社浅井郡の矢合神社の論社。本社の御祭神は猿田彦神のみで、明治43年に内前沢の八幡神社を合祀し、應神天皇が併祀されることになった。

矢合神社

境内は南向き。琵琶湖の北を南北に縦断する国道が通っているため、社前の道路は交通量が多い。
社殿の後ろに均整のとれた山が見える。もとは山腹に鎮座していたようだ。

矢合神社

社号標に「式内 矢合神社」と刻まれ、境内は非常に整理されている。

矢合神社

鳥居をくぐると左手に手水舎、右手に蔵と、山手に社務所が建っている。

矢合神社

拝殿はシートに覆われている。拝殿前には神馬像が奉納されている。

矢合神社

拝殿の後ろに本殿が建つ。
本殿に参る。

矢合神社

覆いの中に檜皮葺きの比較的大きい本殿が納められている。

矢合神社

本殿の右に境内社が1社建つが、詳細は不明。

矢合神社
滋賀県長浜市西浅井町岩熊733

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です