近江の狛犬を楽しむ 淡海文庫67

近江の狛犬を楽しむ 淡海文庫67
著者:小寺慶昭
発行所:サンライズ出版
発行日:2020年12月15日
ページ数:200ページ
定価:1,500円+税
狛犬調査を長年続けてきた著者の京都、大坂に続く三冊目。県内フィールドワークで恣皆調査した上での一覧・分類なので、その労力にはただただ脱帽である。


[目次]
第一章 大宝神社の日本一の木造狛犬
第二章 近江の神社の狛犬設置率
第三章 近江で最古の参道狛犬
第四章 近江の古い狛犬ベスト11
第五章 近江の幕末の狛犬たち
第六章 名工・丹波佐吉の狛犬
第七章 信楽焼と備前焼の狛犬
第八章 出雲から来た狛犬たち
第九章 近江も制覇した岡崎狛犬
第十章 近江の狛犬いろいろ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です